セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート

進化するコンビニWi-Fi「セブン」「ローソン」「ファミマ」を徹底比較

外出先でスマホやノートパソコンをネットにつなげたいときに頼りになるのが、コンビニエンスストアが提供している無料Wi-Fiサービスです。

現在、無料Wi-Fiサービスを展開しているコンビニは、「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」の3社ですが、通信速度やサービス内容にそれぞれ違いがあるようです。

最も使い勝手がよいのはどのコンビニWi-Fiか、徹底比較しました。

コンビニ大手3社の無料Wi-Fiサービス

「セブン-イレブン」 セブンスポット

「セブンスポット」は、セブン&アイグループの無料Wi-Fiサービスです。セブン-イレブンだけでなく、「イトーヨーカドー」「デニーズ」「そごう」「西武」「LoFt」「アカチャンホンポ」など、全国のセブン&アイグループ15,000以上の店舗でセブンスポットのWi-Fiサービスが受けられます。

セブンスポットは、NTTBPとの提携によりフレッツ光回線を利用しています。

セブンスポット

このマークのある店舗で、「セブンスポット」が利用できます。

「ローソン」 LAWSON Free Wi-Fi

「LAWSON Free Wi-Fi」は、全国12,000店舗以上あるLAWSON(ローソン)の店舗で使える無料Wi-Fiスポットです。KDDIとの提携で2014年3月からサービスが開始しました。

LAWSON Free Wi-Fi

このマークのある店舗で、「LAWSON Free Wi-Fi」が利用できます。

「ファミリーマート」 Famima Wi-Fi

「Famima Wi-Fi」は、全国10,000店舗以上あるファミリーマートで利用できる無料Wi-Fiスポットです。NTTデータとの提携で、2013年5月から高速インターネット接続ができるサービスをスタートしました。

Famima Wi-Fi

このマークのある店舗で、「Famima Wi-Fi」が利用できます。

コンビニWi-Fiサービス共通のメリット

利用者側のメリット

  • 無料で高速インターネット通信ができる
    スマホで大容量のデータ通信を行うときや、パケット代を節約したい人に便利です。
  • 探せばすぐに見つかる店舗数の多さ
    セブン、ローソン、ファミマの店舗数を合わせると、4万以上の店舗が存在します。
  • オリジナルコンテンツやお得なクーポンがもらえる
    Wi-Fiに接続できるだけでなく、利用登録することで様々なサービスや特典が受けられます。
  • 災害時や通信障害時に使える

コンビニ側のメリット

無料でWi-Fiサービスを提供しているのは、コンビニ側にもメリットがあるからです。
もちろん、サービス向上や社会インフラの役割もありますが、割引クーポンやキャンペーン情報を利用者に届けて来店してもらう、集客力UPを狙った作戦であることを忘れてはいけません。また、利用者の閲覧履歴などのデータを取得して、消費者行動をマーケティングやサービスの改善に活用しています。

コンビニWi-Fi比較

ユーザー登録のしやすさを比較

コンビニで無料Wi-Fiサービスを利用するには、ユーザー登録が必要です。
次の手順で登録が完了すれば、すぐに無料Wi-Fiサービスが受けられます。

①Wi-Fiサービスのあるお店に行く(Wi-Fiスポットが設置されていない店舗もあります)
②ネットワーク一覧からWi-Fiのアクセスポイントにつなぐ
③インターネットの登録画面でユーザー登録を行う

■ セブンスポット

メールアドレス・性別・誕生年の入力と、パスワード設定、情報配信設定が必要。
仮登録後、届いたメールに記載されたURLから本登録を行う。

■ LAWSON Free Wi-Fi

入力はメールアドレスのみ。
仮登録なしでユーザー登録が完了する。

■ Famima Wi-Fi

メールアドレス・性別の入力とパスワード設定が必要。
仮登録後、届いたメールに記載されたURLから本登録を行う。

LAWSON Free Wi-Fiは、以前はPonta会員限定のサービスで、Wi-Fiに接続するためのアプリをインストールしなければ利用できなかったのですが、今はその必要がなくなりました。
メールアドレスを入れてユーザー登録するだけで、誰でも簡単にWi-Fiが利用できます。

ネット上には古い情報が多く残っていて、LAWSON Free Wi-Fiは使いにくいといった印象がありますが、実際に使ってみると入力が必要なのはメールアドレスだけで、登録画面も簡潔で迷うことなくWi-Fiに接続でき、コンビニ3社の中で最も設定がラクでした。

コンビニWi-Fiのそれぞれの登録・接続方法は別ページで詳しく紹介しています。
»セブン-イレブンの「セブンスポット」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した
»ローソンの「LAWSON Free Wi-Fi」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した【最新版】
»ファミリーマートの「Famima Wi-Fi」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した

Wi-Fi接続制限を比較

1日に接続できる回数や時間の制限は、コンビニ各社で異なります。その違いを調べました。

コンビニ 1日に利用できる回数
セブンスポット 3回まで(1回につき60分まで)
LAWSON Free Wi-Fi 5回まで(1回につき60分まで)
Famima Wi-Fi 3回まで(1回につき20分まで)

接続制限以外に、各社の定期メンテナンスに注意してください。

LAWSON Free Wi-Fiは毎週水曜日午前1時~午前5時、Famima Wi-Fiは毎週月曜日午前1時~午前5時はメンテナンスのため接続不可となります。

セブンスポットは定期メンテナンスに関してとくに告知はしていません。

Wi-Fi接続制限で比較すると、1日5回まで使えるLAWSON Free Wi-Fiがおすすめです。

Famima Wi-Fiは1日60分(20分×3回)までしか利用することはできませんが、ファミマはカフェスペースを併設した店舗が多いので、イスに座って落ち着いてネット検索やメールをしたい人にはおすすめです。

通信可能な端末を比較

コンビニ 通信端末
セブンスポット スマホ(iPhone,Android)、PC・タブレット、3DS等のゲーム機の利用が可能
LAWSON Free Wi-Fi スマホ(iPhone,Android)、PC、タブレット
Famima Wi-Fi スマホ(iPhone,Android)、PC・タブレット

通信できる端末を比較した場合、どのコンビニWi-Fiも大きな違いはありませんが、あえて順位をつけるなら、子どもに人気の3DSが使えるセブンスポットといったところでしょうか。

スマホやパソコンの機種、OSのバージョンによっては、コンビニWi-Fiが正常に使えないこともあるので注意してください。

別ページでは、実際にコンビニWi-Fiで通信速度を調べた結果をまとめています。
速度が気になる人は参考にしてください。
»セブン-イレブンの「セブンスポット」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した
»ローソンの「LAWSON Free Wi-Fi」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した【最新版】
»ファミリーマートの「Famima Wi-Fi」は使えるか?接続方法と通信速度を調査した

限定コンテンツ比較

コンビニWi-Fiのメリットは、インターネット接続だけではありません。お店で使える割引クーポンや限定コンテンツがもらえる嬉しいサービスがあります。

■ セブンスポット

「とびだせ どうぶつの森」「ドラゴンクエスト」など、ニンテンドーとコラボしたオリジナルアイテムが人気です。ミニゲーム、壁紙、動画などのコンテンツや、イトーヨーカドー全店で使えるお得なクーポン券が配信されます。

■ LAWSON Free Wi-Fi

映像・音楽・電子書籍のコンテンツが充実しており、アニメ、ドラマ、アーティストの動画・音楽が体験できます。さらにアプリをインストールすると、アプリ限定のおトクなクーポンやキャンペーン情報が配信されます。

■ Famima Wi-Fi

人気ゲームの限定アイテムや限定待受がもらえたり、アーティストのスペシャル独占映像を公開するなどエンターテイメントコンテンツが人気です。Tポイントのお得な情報を配信しています。

使えるWi-Fiスポットの種類

コンビニ各社とも独自の無料Wi-Fiサービスのほかに、次のようなWi-Fiスポットを提供しています。

「docomo Wi-Fi」「au Wi-Fi SPOT」「ソフトバンクWi-Fiスポット」の中から、自分が使っているスマホのキャリアのWi-Fiスポットを無料で利用できます。「Wi2 300」は月額362円(税抜)の有料サービスとなります。

コンビニ docomo Wi-Fi au Wi-Fi SPOT ソフトバンク
Wi-Fiスポット
Wi2 300
セブン-イレブン
ローソン
ファミリーマート

ほかのコンビニでもWi-Fiスポットが使える

コンビニ Wi-Fiスポット
サークルKサンクス au Wi-Fi SPOT、Wi2 300
ミニストップ ソフトバンクWi-Fiスポット
ポプラ docomo Wi-Fi、ソフトバンクWi-Fiスポット

最後に

今やコンビニに行けばWi-Fiがつながるのは当たり前の時代となりました。

外出先でノートパソコンをネットにつなげたいときや、スマホのパケット代を節約したい人にとって無料で使えるコンビニWi-Fiは有難い存在です。

しかし、無料Wi-Fiスポットは通信の暗号化がされていないことが多く、セキュリティ面で万全とはいえません。IDやパスワードを入力するようなデータのやり取りは控えるなど、個人情報の扱いには十分注意したうえでコンビニWi-Fiを上手に活用してください。

無料Wi-Fiスポットの安全な利用について、別ページで詳しく説明しています。
»無料Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)の注意点・危険性

コンビニWi-Fiを活用してパケット代を節約する方法は、こちらのページで紹介しています。
»パケット通信料金が高い!?新料金でスマホ代を安くする方法

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP