デザリング

スマホのテザリングVSモバイルWi-Fi ルーター、こうやって使えばお得!

Wi-Fi環境がない場所でインターネットつなぐには、モバイルWi-Fiルーターが便利ですが、スマホや携帯のテザリング機能を利用するという方法もあります。スマホ1台あれば、外出先でもパソコンのネット接続ができて便利なようにも思いますが、使う人の利用状況によってはテザリングがおすすめできないことがあります。

テザリングとモバイルWi-Fi ルーター、どちらが便利でお得なのでしょうか?

テザリングとは

テザリングは英語で「tetherテザー(つなぐ)」を意味する動詞の現在進行形で、スマホや携帯をアクセスポイントとして、パソコンやタブレットをインターネットに接続する機能をさします。

インターネットに接続する際は、スマホと同じパケット通信を利用するため、4G、LTE、3Gエリア圏内なら、時間と場所を選ばずネットにつなげることができます。テザリング対応の機種であればテザリング機能を使うことができますが、予めテザリングオプションの申し込みが必要です。

テザリング利用料金

大手携帯キャリア3社とも、テザリングオプション代は無料です。
データ通信費はスマホで契約しているパケット定額プランに含まれるので、新たに別料金がかかることはありません。

3種類のテザリング

テザリングには3種類あり、自分にあった接続方法で利用します。

■ Wi-Fiテザリング

Wi-Fiを使った無線通信によるテザリングです。
メリットは複数のデバイスを同時接続できることですが、デメリットとしてスマホのバッテリー消耗が早いこと、他人に中継点を悪用されるかもしれないといったセキュリティ面での問題があります。一般的に「テザリング」と呼ばれる場合は、このWi-Fiテザリングをさします。

■ USBテザリング

スマホとデバイスをUSBケーブルで接続して行う、有線によるテザリングです。
Wi-Fiテザリング、Bluetoothテザリングに比べて通信速度は速いですが、複数の端末を同時接続することはできません。

■ Bluetoothテザリング

Bluetooth(ブルートゥース)とは、ケーブルを使わずにワイヤレスで音楽やデータの通信ができる、短距離無線通信技術の1つです。Wi-Fiテザリングと同じく無線通信を行いますが、セキュリティ面ではBluetoothの方が安全です。
通信速度は遅めですが、バッテリー消費が少ないのが特徴です。

テザリングとモバイルWi-Fiルーターの大きな違い

モバイルWi-Fiルーターは、バッテリーを内蔵した小型の無線LANルーターです。利用するにはスマホとは別に、ルーター端末を購入してモバイルWi-Fiの契約が必要です。

モバイル通信回線を使ってパソコンやタブレットなどのデバイスをインターネットに接続できるという点では、テザリングもモバイルWi-Fiルーターも同じですが、両者には大きな違いがあります。

モバイルWi-Fi ルーターは、デバイスをネットに接続することを専門に作られたルーター端末であるのに対し、テザリングはスマホのメイン機能ではなく、機能の1つに過ぎないということです。

スマホをルーター代わりに使うテザリングだと、モバイルWi-Fi ルーターに劣ってしまう点がいくつかあります。

テザリングのデメリット

通信制限にかかる可能性が高い

テザリングを使うと、どうしても使用する通信データ量が大きくなります。
スマホの利用だけでもパケット通信量が上限を超えそうなのに、さらにテザリングで通信量が増えれば、スマホが通信制限にかかる可能性が高くなります。制限がかかってしまうと、解除されるまではテザリングができないどころか、通信速度が遅すぎてスマホ自体がほとんど使えなくなります。
テザリングを使う場合は、通信データ量の使い過ぎに注意が必要です。

バッテリー消耗が早い

テザリング機能を使うと、スマホの消費電力量が大きくなります。とくに複数の端末を同時接続すると、すぐにバッテリーがなくなります。
バッテリーを内蔵しているモバイルWi-Fiルーターなら10時間は継続して使えますが、テザリングだと3~4時間が限界です。肝心なときに電話が使えないことがないように、残電池量を常に意識しておかなければいけません。また、バッテリー自体の寿命が短くなることにも注意してください。

通信速度が不安定

USBテザリングであればある程度は速い速度が出ますが、Wi-Fiテザリングだと十分な通信速度が出ないことが多いです。とくに駅や空港などの大勢の人がネットワークにアクセスする場所では、電波が干渉してつながりにくくなります。

音声発着信が優先される

通話中はテザリングによるデータ通信が中断されます。通話が終了するとデータ通信が再開されますが、ダウンロード中、データ読み込み中だった場合に、タイムアウトになってしまい最初からやり直しになることもあります。
スマホで電話しながら、パソコンで調べものをするといったこともできません。

まとめ

追加料金がかからず、スマホ1台あればデータ通信ができるテザリングが便利ですが、テザリングはあくまでスマホの一機能に過ぎないということを忘れてはいけません。外出先でメールの送受信やWEBページで調べものをするために、どうしてもパソコンをネットにつなぎたいときだけ使うのであれば有効ですが、日常的に大容量のデータ通信を行う人が、テザリングだけで乗り切るのは厳しいと思います。

  • パソコンでたくさんデータ通信を行う人
  • パケット定額プランの上限ギリギリまで、スマホで通信する人
  • スマホのバッテリーやデータ通信量の管理がストレスに感じる人

このような人は、テザリングよりもモバイルWi-Fi ルーターを持つほうがコストがかかりません。
とくに新料金プランで月々のスマホ代を節約したいと考えている人は、テザリングよりもモバイルWi-Fiルーターを併用して、スマホのデータ通信量をできるだけ抑えた使い方をおすすめします。

モバイルWi-Fi ルーターでスマホのパケット通信量を節約する方法については、こちらのページを参考にしてください。
»パケット通信料金が高い!?新料金でスマホ代を安くする方法

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2,480円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP