ノートパソコン

ノートパソコンの平均寿命は何年?5年以上に寿命を延ばすための方法

ノートパソコンは何年ぐらい使えるものなのか、考えたことはありませんか?

買えば何万円もするものなのでできれば長く使いたいですが、ノートパソコンは電化製品の中でも平均寿命が短い部類に入ります。使用年数を考えずに使っていると、昨日まで正常に動いていたのに突然動かなくなった、なんてことがあるかもしれません。ですが、使い方や利用環境によって寿命を伸ばすことができます。

ノートパソコンを長持ちさせるには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

ノートパソコンの寿命は平均「5年」

ノートパソコンは長く使っていると、どうしても様々なパーツに経年劣化が起きてきます。

使用年数に比例して故障する確率が上がるのは、次のようなパーツです。

  • ハードディスク
  • バッテリー
  • ファン
  • メモリ
  • モニター

中でも比較的寿命が早いのが、ハードディスクドライブ(HDD)です。一般的にハードディスクの寿命は4~5年前後と言われています。

ハードディスクとは、ほとんどのパソコンに搭載されている大容量の記憶装置です。「パソコンの脳」と言われるほど重要なパーツです。また、最も酷使される部分であることから故障が起こりやすく、1度壊れると修理が難しいパーツでもあります。ハードディスクが故障してパソコンの寿命を迎えることが多く、「パソコンの寿命=ハードディスクの寿命」といっても過言ではありません。

ハードディスクが壊れるとどうなるか?

ハードディスクは金属の円盤を高速回転させて、データを読み書きします。情報が書き換えられる度にハードディスクはすり減っていき、いずれ寿命を迎えます。

ハードディスクに不具合が生じると、正常に起動できなくなったり、頻繁にエラーが起こってまともな作業ができなくなります。最悪の場合、保存したデータがすべて消えてしまうことも考えられます。劣化や故障の度合いによっては、修理専門業者でもデータ復元が困難な場合があります。

大切なデータはバックアップを取っておくことが大切
ハードディスクが消耗品であることを意識して、普段からデータのバックアップを取っておくことが重要です。
カタカタと異音がしたり、起動やアプリケーションのインストール動作が遅くなったと感じたら、ハードディスクの寿命が迫っていることも考えられるので、なるべく早めにバックアップを取ることをおすすめします。

バックアップの保存先は、外付けハードディスク、DVD、ネットワーク上の共有フォルダー、USBメモリなど様々です。情報の内容に適した場所を選んでください。

USBメモリやSDカードなど、「フラッシュメモリ」の正しい使い方については、別ページでも紹介しています。
»USBメモリの寿命と正しい使い方、フラッシュメモリとは?

ノートパソコンを長持ちさせる対策法

経年劣化による故障は避けては通れない宿命ですが、10年以上使い続けている人もいれば、2~3年で壊れてしまう人もいます。パソコンを使う頻度や、購入した機種の当たりはずれもあるかとは思いますが、パソコンの寿命は使い方や利用環境で大きく左右されます。

ノートパソコンをより長持ちさせるには、どのようなことに気を付ければいいのでしょうか?

衝撃を与えない

ハードディスクは情報を記録する際、磁気ヘッドという極細の針で高速回転するディスクに情報を刻んでいきます。磁気ヘッドとディスクの隙間は「100万分の1ミリメートル」という、まさにミクロの世界です。

ハードディスクのような精密機械にとって、衝撃や振動は大敵です。
とくにデータを読み書き中に衝撃が加わるような行為は、絶対にしてはいけません。

熱をためない

パソコンには熱に弱い部品がたくさん使われていて、熱を多く加えると確実に寿命が短くなります。
内部にこもった熱を放出するためのファンがついていますが、パソコンに負荷のかかる作業を長時間行ったり、ファンにホコリがたまっていて十分機能していないと、温度調整が追い付かずトラブルが発生する可能性が高くなります。また、熱を逃がす通気口はノートパソコンの裏面か側面にあるため、布団の上などやわらかい物の上で使うと通気口を塞いでしまい、熱が放出されません。

とくに夏場の暑い時期は、パソコン内部に熱がこもりやすくなるため、熱対策を心がけてください。

熱対策については、ほかのページで詳しく説明しています。
»ノートパソコン冷却パッドは効果あるのか?その必要性と自作の方法

結露に注意する

冬場にも注意してほしいことがあります。結露です。
寒い外から暖かい部屋に入ったら、メガネがくもることがありますが、それと同じように冷えきったノートパソコンを暖房の効いた暖かい室内に持ち込むと、急激な温度変化によって結露が発生しやすくなります。

精密機械にとって、水分が大敵であることは言うまでもありません。

寒いところからノートパソコンを持ち込んだ際は、部屋の温度になじむまでしばらく時間をおいてから電源を入れるようにしてください。また、冬場は静電気にも注意が必要です。静電気は電気回路ショートの原因にもなります。

ホコリをためない

ファンや通気口にホコリが溜まると、パソコンの温度調整が上手くできず、パソコン内部に熱がこもってしまいます。また、静電気が発生しやすくなり、ショートや破損につながる恐れがあります。

ノートパソコンを長持ちさせるには、こまめな掃除が必須です。

ノートパソコンの掃除については、ほかのページで詳しく説明しています。
»ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ

まとめ

ノートパソコンの平均寿命は5年であることを意識して、こまめにデータのバックアップを取っておくこと、そして、長持ちさせるためにはパソコンが嫌う「衝撃」「熱」「結露」「ホコリ」を遠ざける使い方が大切です。

さらに付け足すとしたら、ウイルス感染にも注意が必要です。

怪しいソフトウェアをダウンロードしたり、見覚えのないメールの添付ファイルを不用意に開いたり、セキュリティ対策が不十分なまま無料Wi-Fiスポットを利用すると、ウイルス感染の確率が高くなるので気を付けてください。

無料Wi-Fiスポットを利用するうえでの注意点について、別ページで詳しく紹介しています。
»無料Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)の注意点・危険性

今回は、「パソコンの脳」とも言われる、最も重要なパーツであるハードディスクを中心に説明しました。
ですが、デスクトップ型と違い持ち運びができるノートパソコンにとって、バッテリーの持ちも寿命を左右する大切なパーツです。

バッテリーを長持ちさせる方法については、別ページで詳しく紹介しています。
»ノートパソコンのバッテリー寿命を長持ちさせる!初心者もすぐできること6選

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP