建物内

建物内でもつながるモバイルWi-Fiルーターはどれ?

モバイルWi-Fiは、建物内ではつながらないという話は、本当でしょうか?

青空の下でもネットがつながるのは、モバイルWi-Fiの最大の魅力ですが、ネットを見るのは自宅やカフェなど建物内がほとんどです。屋内で使えないのでは、モバイルWi-Fiルーターを持つメリットは半減します。

そこで、建物内でつながりにくいと言われる理由や、建物の中でもちゃんと通信できるモバイルWi-Fiはどれか、調べてみました。

WiMAXが建物内でつながらないのは本当?

WiMAX 2+は確かに高速だけど、建物内、地下、高いビルの近くでは、つながりにくいという口コミがネット上に多くあります。実際にWiMAXのルーターを使うと、建物や地下に入った途端、アンテナの数がみるみるうちに減っていくことがあります。

どうして、このようなことが起こるのでしょうか?

これは、WiMAX 2+が利用している回線の周波数帯が関係しています。

周波数帯とは?

LTEや3G回線は、周波数を使った通信を行っています。

周波数というのは、1秒間に繰り返される電波の数のことで、Hz(ヘルツ)、MHz(メガヘルツ)、GHz(ギガヘルツ)という単位で表します。

60Hzとは、1秒間に60回(山と波セットで)、電波が方向転換を繰り返すことです。
1MHzだと1秒間に100万回、1GHzだと実に10億回、電波が振子運動を繰り返していることになります。

1周波数

モバイルWi-Fiやスマホは、700MHz~2.5GHzの周波数帯を使っています。各キャリアが持っている周波数帯は、総務省によって割り当てられています。

現在、使われている周波数帯状況を整理しました。

周波数帯 700MHz 800MHz 900MHz 1.5GHz 1.7GHz 2.1GHz 2.5GHz
ドコモ
au
UQ WiMAX WiMAX
WiMAX 2+
ソフトバンク
Yahoo!Wi-Fi
Y!mobile
AXGP

●:3G ○:LTE

WiMAX、WiMAX 2+の周波数帯に注目すると、最も高い「2.5GHz」であることが分かります。
この高い周波数帯が、屋内でつながりにくいことと大きく関係しています。

高周波数が建物内でつながりにくい理由

データ通信では、電波の周波数が高ければ高いほど直進性が強くなり、通信速度が速くなります。また、1秒間に送られるデータ量も多くなります。高速で大容量のデータを送信できるのはメリットですが、問題は、直進性が高いことです。

直進性が高いというのは、電波が屈折することなく、真っ直ぐに届くということです。衛星への通信では、大気圏を突き抜けることができる、直進性の強い電波が使われます。

しかし、「真っ直ぐに進むのが得意」というのは、言い換えると、「障害物を避けながら電波を送るのが苦手」ということです。そのような性質から、高周波数帯の電波は建物内や大きなビルの近くといった場所では、電波が障害物に反射してしまい届きにくくなります。また、雨や雪にも電波が反射して、弱くなる傾向があります。

その点、低周波数は直進性が弱く、障害物があるときに、回り込んで電波が届く性質があるので、建物内でも比較的つながりやすいのです。
2周波数

さらに、低周波数は電波が遠くまで届きやすいといった特性もあります。つまり、少ない基地局で広範囲に電波を送ることができます。つながりやすいうえ、設備投資が削減できることは、通信キャリアにとってはこの上ない利点です。

700MHz~900MHzの低周波数帯域が、“価値の高い帯域”という意味で、「プラチナバンド」と呼ばれる理由です。ちなみに、プラチナバンドという言葉が定着する前は、「黄金周波数帯」と呼ばれていました。

iPhoneを使って、周波数を確認することができます。

iPhoneの電話アプリ画面に、直接「*3001#12345#*」と入力し、通話ボタンをタップすると、自分が使っている周波数帯が確認できます。興味のある人はやってみてください。

アイフォン図1

私のiPhoneはバンド番号が「1」だったので、2.1GHzの周波数帯を使用していることになります。

バンド番号 周波数
1 2.1GHz
3 1.7GHz
8 900MHz
18 800MHz
21 1.5GHz
28 700MHz
41 2.5GHz

屋内でもつながるモバイルWi-Fiはどれか?

周波数帯によって、通信状況に違いが出ることが分かったところで、ドコモ、Yahoo!Wi-Fi、Y!mobile、UQ WiMAX(au)の中で、屋内でも強いモバイルWi-Fiはどれか、検証したいと思います。

ドコモ:月額費用は高いが、建物内でも安心して接続できる

ドコモは、2012年にmovaが終了して、空きが出た800MHz帯(プラチナバンド)で、Xi(下り最大50MbpsのLTE)を提供しています。他キャリアと比較すると、月額料金は高めですが、周波数帯域がバランス良く、充実しているのはドコモです。

Yahoo!Wi-Fi、Y!mobile:「プラチナLTE」が使える

旧イー・アクセス(現在はソフトバンクの傘下)の1.7GHz帯も利用できるようになり、LTEで使う周波数帯の数が増えました。プラチナバンドの900MHz帯でも、LTE(下り最大75Mbps)を展開しています。

ソフトバンクでは、「プラチナLTE」と呼んでいます。
「ドコモは、月額料金が高いからちょっと…」と言う人には、Yahoo!Wi-FiかY!mobileがおすすめです。

UQ WiMAX:au回線を併用できるなら

WiMAX、WiMAX 2+は、2.5GHzという高周波帯を利用するため、他キャリアに比べると、建物の中ではややつながりにくいと思われます。別料金になりますが、同じKDDIグループのau回線を併用することで、800MHz帯(プラチナバンド)のLTEが利用できます。屋内でネット利用することが多い人は、検討してみてください。

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2,480円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP