SIM

格安スマホとは何か?その意味と成り立ちをまとめました

通常スマホは、ドコモ、ソフトバンク、auのショップに行って購入しますが、最近はイオンなどの大手スーパーでもスマホを買うことができます。しかも、携帯キャリアの半額以下という月額料金の安さが注目を集めています。

近ごろ話題になっている「格安スマホ」と呼ばれるものですが、この格安スマホとは一体どういうものなのでしょうか? その意味と成り立ちをまとめました。

格安スマホとは何か?

ややこしい説明抜きで単刀直入にいうと、格安スマホとは格安SIMを使うスマホのことです。
格安SIMと格安SIM対応のスマホは、それぞれ別で購入することもできますが、セット販売されたものを一般的に「格安スマホ」と呼びます。

「格安SIM? よく聞く言葉だけど、どういうもの?」という人も多いと思います。
そこで、格安スマホを理解するうえでポイントとなる「SIM」について、分かりやすく説明していきます。

SIMを理解する

SIMカードとは

SIMは、「Subscriber Identity Module」の略で、「契約者を識別する規格」という意味です。

SIMカードのなかには個人を識別するID情報が記録されており、スマホや携帯で音声通話やデータ通信を行うにはこのSIMカードが必要です。

SIMカードの入っていない端末だと電話をかけたり、パケット通信をすることはできません。

「SIMカード? 見たことないけど自分のスマホにも入っているの?」そんな人もいると思いますが、スマホがちゃんと使えているということは、SIMカードが挿入されている証拠です。

SIMロックとは

「SIMカードなんて見たことない」というのももっともな話で、ドコモ、ソフトバンク、auで購入したスマホには、すでにSIMカードが挿入済みです。しかも、ロックされた状態で手渡されます。

「ロック? 利用者がSIMカードを取り出せないということ?」と言うと、そうではありません。
スマホからSIMカードを取り出すことはできます。

ロックされているというのは、スマホからSIMカードを抜いて、代わりに他キャリアのSIMカードを差し込んだ場合、通話やデータ通信ができないように制御されているということです。

つまり、ドコモで契約したスマホに、ソフトバンクやauのSIMカードを入れても使えないようにしているのです。この制御は利用者が自分で解除することはできません。

ドコモで買ったスマホはドコモのSIMカードしか対応しない、これがSIMロックというものです。

キャリアがなぜ、販売したスマホや携帯にこのようなSIMロックをするのでしょうか?
それは、利用者が他キャリアへ流出するのを防ぐため、つまり顧客を囲い込むためです。

SIMロック解除(SIMロックフリー)とは

これまで日本ではこのSIMロックが一般的でしたが、総務省は携帯キャリアに対し、2015年5月以降に発売されるスマホにSIMロック解除を義務付けました。つまり、ドコモ、ソフトバンク、au は、利用者からの要求があればSIMロックの解除に応じなければならなくなったのです。

スマホにSIMロックをかけ、2年の契約の縛りを設ける携帯キャリアの現状スタイルだと、利用者は契約したキャリアに縛られ自由な選択ができません。それが原因で、契約上のトラブルも多発しています。

総務省はその改善策として、SIMロック解除の義務付けを打ち出したのです。

自分のスマホをSIMロック解除してもらえば、購入したキャリアのSIMカードだけでなく、どのキャリアのSIMカードでも使えるようになります。高いお金を出して買ったスマホ端末が、キャリアに縛られることなく有効利用できるようになりました。

SIMカードについて01

SIMロックがかかっていない、どのSIMカードでも利用できるスマホを、SIMフリースマホといいます。SIMフリースマホは他キャリアのSIMカードが使えるだけではなく、これから説明する「格安SIM」にも対応しています。

SIMカードについて02

SIMフリースマホについては、別ページで詳しく説明しています。
»格安スマホ端末を購入する3つの方法、ドコモの中古スマホが活用できるのは本当か?

格安SIMを理解する

次に、格安スマホで使う格安SIMについて説明します。
ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯キャリアは、自社が所有する通信回線を使ってデータ通信サービスを行いますが、自社では通信回線を持たずに携帯キャリアから通信回線を借りて、データ通信サービスを提供している事業者があります。MVNO(Mobile Virtual Network Operator「仮想移動体通信事業者」)と呼ばれるものです。

MVNOは自社で通信回線を持たず、携帯キャリアから通信回線を間借りして、データ通信サービスに付加価値を付けたり、柔軟な料金プランを設定してサービスを提供しています。

プロバイダなどの通信事業者だけでなく、ビッグカメラやヤマダ電機といった家電量販店、最近ではイオンのような大手スーパーもMVNOに参入してきました。

このMVNOが取り扱うSIMカードのことを「格安SIM」といいます。

格安SIMを利用するということは、MVNOが携帯キャリアから借りている通信回線を利用することを意味します。
ドコモでスマホを購入したAさんと、ドコモで通信回線を借りているMVNOの格安SIMを使うBさんは、同じドコモ回線を利用してデータ通信を行うことになります。

MVNOのSIMは携帯キャリアよりも低価格であることから、格安SIMと呼ばれるようになりました。

SIMカードについて03

つまり、格安スマホとは

格安SIMとSIMフリースマホが理解できたところで、いよいよ本題の「格安スマホ」について説明します。
MVNOはこの格安SIMカードに、携帯キャリアよりも割安なSIMフリースマホをセットにして販売しています。

これが格安スマホです。
つまり、「格安SIM」+「SIMフリースマホ」=「格安スマホ」ということです。

SIMカードについて04

本来、格安SIMとSIMフリースマホは別で用意するものでしたが、携帯キャリアのスマホしか使ったことがない利用者にとって、SIMカードとスマホを別々で購入することはあまり馴染みのある行為ではありません。

そこで、利用者が安心して格安SIMが購入できるように、携帯キャリアと同じようにセットで販売するようにしたのです。また、ネット販売だけでなく、イオンなどのスーパーでも売り出されるようになり、格安スマホはより身近なものとなりました。

まとめ

格安スマホとは、携帯キャリアから通信回線を借りてサービスを行うMVNOが、格安SIMとSIMフリースマホをセットで販売しているスマホのことです。携帯キャリアにはない格安プランでスマホが利用できるのが1番の魅力ですが、格安スマホには制限や設定など注意したい点がいくつかあります。

今回は格安スマホの基礎的な内容を説明しましたが、格安スマホの購入を考えている人はもう少し踏み込んで、格安スマホのメリットとデメリットについても確認してください。
»格安スマホのメリット・デメリットを検証!本当に大手から乗り換えても大丈夫なのか?

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP