次世代

「3G」「LTE」「4G」、次世代「5G」への歴史を見れば違いがわかる

モバイルWi-Fiの回線のことを調べていると、「3G」「LTE」「4G」といった言葉が、頻繁に出てきます。

これらはモバイル通信方式の世代を表す規格です。「G」というのは、「Generation(世代)」のことで、数字が大きいほど世代が進み、速度と安定性に優れた回線ということになります。

“次世代高速通信”という言葉をよく耳にしますが、世代によって通信回線はどのように違うのか、そこから見ていきたいと思います。

■ モバイル通信方式の規格

1G 第1世代移動通信規格 アナログ方式
2G 第2世代移動通信規格 デジタル方式
3G 第3世代移動通信規格 約14Mbpsの通信速度
3.9G 第3.9世代移動通信規格 ~100Mbpsの高速通信
4G 第4世代移動通信規格 100Mbps以上の超高速通信

2Gから3Gの時代へ

携帯電話が急速に普及した90年代は、2Gが主流でした。NTTドコモのmova(ムーバ)が代表的です。

2000年代に入ると、より高速化した3Gが登場しました。3Gは、いわゆる携帯の電話回線です。通話以外にも、メールやインターネット利用に対応でき、現在も広く使われる最も馴染み深い回線です。

モバイルWi-Fiやスマホは、LTEや4Gが優先して接続されますが、LTEや4Gの電波が届かない場所では、自動で3Gに接続されます。速度は落ちますが、人口カバー率ほぼ100%のエリアを持つ3Gのおかげで、LTEや4Gの圏外でもネットを利用することができます。

3Gから3.9G「LTE」へと高速化

3Gをさらに高速化したのが、3.9GにあたるLTEです。現在、モバイルWi-Fiでは、このLTEが主流です。

LTEは、 “Long”長い、“Term”期間、“Evolution”発展、の略で、「長期間の発展を目指す技術」という意味です。

LTEは厳密に言うと4Gではありません。3Gから4Gへと引き継ぐための中間技術として、3.9Gと位置づけされていますが、4Gに限りなく近い技術をもつことから、4Gと呼んでもいいことが公式的に認められています。

3G、3.9G回線を、キャリア別にまとめました。

■ キャリア別 3G、3.9G回線
キャリア 3G 3.9G(LTE)
ドコモ FOMA Xi
ソフトバンク系列 Yahoo!Wi-Fi SoftBank 3G、
ULTRA SPEED
SoftBank 4G LTE、
SoftBank 4G(AXGP)
Y!mobile
ソフトバンク
KDDI系列 UQ WiMAX WiMAX
au au 3G au 4G LTE

キャリアが使用する回線には、ドコモの「Xi」やソフトバンクの「ULTRA SPEED」など、サービス名がつけられているため、3Gなのか、LTEなのか分かりづらいことがありますので、その場合は上記の表を確認してください。

3.9G「LTE」から、次世代通信規格4Gへ

時代は3.9Gに位置づけされるLTEから、4G回線へ変わりつつあります。
現在、すでに「4G」として正式に認められているものが次の2つです。

  • ドコモの「LTE-Advanced」
  • UQ WiMAXの「WiMAX 2+」

これらの回線が、どれほど高速化したのか見ていきます。

LTE-Advanced

“advance”は、「進歩」という意味です。LTE-Advanced とは、LTEをさらに高速化・大容量化した次世代通信規格です。

ドコモでは、LTE-Advancedにキャリアアグリゲーションの技術を使って、国内最速となる受信時最大262.5Mbpsを実現しています。この超高速通信サービスを、ドコモでは「PREMIUM 4G」と名付けています。

「キャリアアグリゲーション」について、コチラで詳しく説明しています。
»キャリアアグリゲーションとは?超高速通信サービスのまとめ

WiMAX 2+

従来のWiMAX(下り最大40Mbps)を、下り最大110Mbps の速さまで進化させたのが、WiMAX 2+です。
「キャリアアグリゲーション」「4×4MIMO」などの新しい技術を使って、下り最大220Mbpsの超高速通信が可能になりました。

2020年東京オリンピックに向けた「5G」への取組み

2020年の東京オリンピックをめどに、総務省では5Gの通信インフラ整備を進めています。

NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI、UQコミュニケーションズなどの通信事業者をはじめ、京セラやシャープなどの端末メーカーなど42社・団体が集まり、フォーラムが開催されるなど、5Gに向けたプロジェクトが着々と行われています。

5Gの通信速度は、現在のLTEの約10倍になることが見込まれています。
また速さだけではなく、大容量化、低コスト、低消費電力、多数の端末接続対応など幅広い性能をもつ、ネットワークシステムを目指しています。

2020年代、通信量は現在の1000倍以上に増大することが予測されており、高度情報社会に対応できるよう、国を挙げて5Gの実現に取り組んでいます。

モバイルWi-Fi選びでは、各キャリアの比較ばかりしてしまう私ですが、日本の通信技術が結集した「オールジャパン“5G”」の実現する日が、本当に楽しみです。

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP