QTモバイルの格安スマホの料金・速度・評判まとめ

QTモバイルは、九州電力グループのQTnetがサービスを提供する格安スマホです。全国的な知名度はまだ低いですが、運営が安定した基盤を持つ九州電力グループであることから、九州を中心にユーザーの厚い信頼を得ています。

ドコモ・au・ソフトバンクと、日本初の三大キャリアすべての回線を取り扱う格安スマホであり、どんな人でも乗り換えやすいのも大きな魅力です。QTモバイルの口コミや評判、料金プランや時間別の通信速度など、わかりやすくまとめました。

細かいことはいいから「自分に向いているのかをすぐに知りたい!」という人はメリット・デメリットからみるQTモバイルが向いている人から読んでください。

※掲載価格は全て税抜です。
※画像はすべて公式サイトから引用

QTモバイルの料金プラン

QTモバイルには、ドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線それぞれに、データのみと音声通話つきのプランがあります。回線ごとに料金がやや異なるので、それぞれに表にまとめました。

ドコモ回線(Dタイプ)

月間データ容量
1GB
3GB
6GB
10GB
20GB
30GB
データのみ データ+SMS データ+音声通話
800円 940円 1,450円
900円 1,040円 1,550円
1,550円 1,690円 2,250円
2,550円 2,690円 3,250円
4,200円 4,340円 4,900円
6,200円 6,340円 6,900円
  • データ通信専用SIM…データ通信だけのSIMで、音声通話ができません。
  • SMS対応SIM…データ通信と、電話番号を使った短いテキストメッセージの送受信ができるSIMです。SMSはLINEやFacebookなどの本人認証にも使われる機能です。
  • 音声通話機能付きSIM…データ通信に加え、音声通話もできるSIMです。「ネットも通話も」という、今までのキャリアスマホと同じ使い方がしたいならこちらを選んでください。
  • 既定の容量を超えて使用した場合、200kbpsまで速度制限がかかります。
  • 使いきれなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越せます。

au回線(aタイプ)

月間データ容量
1GB
3GB
6GB
10GB
20GB
30GB
データ+SMS データ+音声通話
800円 1,450円
900円 1,550円
1,550円 2,250円
2,550円 3,250円
4,200円 4,900円
6,200円 6,900円
  • ドコモ回線と料金は同じです。データ通信専用のSIMはなく、SMS機能が必ず付いています。
  • 既定の容量を超えて使用した場合、200kbpsまで速度制限がかかります。
  • 使いきれなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越せます。

ソフトバンク回線(Sタイプ)

月間データ容量
1GB
3GB
6GB
10GB
20GB
30GB
データのみ データ+音声通話
800円 1,700円
900円 1,800円
1,550円 2,500円
2,550円 3,500円
4,200円 5,100円
6,200円 7,100円
  • ドコモ・au回線と比べ、音声通話付きSIMの月額基本料金が200円ほど高めです。
  • SMS機能付きのデータ通信専用SIMがないため、SMS機能を使いたい場合は、音声通話付きSIMを選ぶか、他の回線を選択してください。
  • iPhone、iPad専用のプランです。ソフトバンクで購入したAndroid端末を使いたい場合は、SIMロック解除をして、ドコモかau回線のSIMを挿して使ってください。
  • 既定の容量を超えて使用した場合、200kbpsまで速度制限がかかります。
  • 使いきれなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越せます。

その他料金まとめ

  • 契約事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料: 390円
  • 追加SIMカード事務手数料:3,000円
  • ユニバーサルサービス料金:2円/月
  • 端末代:選んだ端末によって異なる
  • MNP転出手数料:3,000円(ドコモ回線)、2,000円(au回線・ソフトバンク回線)
    au回線・ソフトバンク回線は、転出の時期によっては手数料が11,500円になることがあります。詳しくはau回線・ソフトバンク回線の契約解除料を見てください。
  • 通話料金:20円/30秒

便利なオプション

  • 迷惑電話拒否サービス:無料(ドコモ回線)・100円/月(au回線・ソフトバンク回線)
  • 留守番電話:300円/月(ドコモ回線・au回線)・無料(ソフトバンク回線)
  • 留守番電話プラス:300円/月
    ソフトバンク回線のみ。保存件数と保存期間が無料よりグレードアップ
  • 割り込み電話着信:無料(au回線)・200円/月(ドコモ回線・ソフトバンク回線)
    通話中にかかってきた電話にも出られます。
  • 三者通話:200円/月
    au回線のみ。3人同時に会話ができるサービス
  • スマホ安心サポート:300円/月
    ドコモ回線・au回線で利用可能。紛失時のデータ保護や、遠隔操作でのサポートが受けられます。
  • スマホファミリーサポート:300円/月
    ドコモ回線・au回線で利用可能。子どものスマホ利用時に役立つ、位置情報の取得機能や閲覧制限などが利用できます。
  • 端末補償サービス(ワイド):500円/月
    1契約につき最大5台まで、修理・交換の保証サービスが受けられます。
  • データ容量追加:回線により値段が異なります
    ・ドコモ回線:200円/100MB
    ・au回線:150円/100MB
    ・ソフトバンク回線:200円/100MB、900円/500MB、1,600円/1GB
通話はQTモバイル電話がおすすめ

QTモバイルの通話アプリ「QTモバイル電話」を使って電話をかけるだけで、通話料金が15円/30秒と、通常料金(20円/30秒)と比べてお得になります。また、このアプリを使った、かけ放題オプションも用意されています。

  • 「10分かけ放題」オプション:850円/月
    QTモバイル電話アプリから発信すると、10分の電話がかけ放題になります。

プランの途中変更

契約の途中でプラン変更ができるのか、またその方法についてまとめました。

データ容量の変更

「3GBから6GBへ」など、データ容量を変えたい場合は、1ヶ月に1回、手数料無料で変更ができます。電話窓口から申し込み、25日までの受付で翌月から新しいデータ容量が適用されます。

回線の変更

「ドコモ回線からau回線へ」など、回線を変更したい場合は、一度解約して再度契約をすることになります。新規申し込み時の手数料などがかかりますので注意してください。

SIMタイプの変更

「音声通話機能付きSIMからデータ通信専用SIMへ」 など、SIMのタイプを変更したい場合は、電話窓口でSIMタイプの変更を申し出ます。SIMカード変更手数料として2,000円が必要です。

三大キャリアとの料金比較・シミュレーション

実際に三大キャリアからQTモバイルに乗り換えた場合、どのくらいお得になるかを調べてみました。

三社とも乗り換え条件は、以下の通りとなります。

  • 単独使用
  • 5GBプラン
  • 端末代を払い終わったタイミングで乗り換え

ドコモから乗り換えの場合

乗り換え前

ドコモの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用
毎月の支払い額:7,400円
(内訳)

  • 5GBのデータMパック5,000円
  • カケホーダイライト2年契約1,700円
  • spモード300円
  • 端末代金400円
乗り換え後

QTモバイルのドコモ回線・6GB音声通話付きのプラン、iPhone 7使用(そのまま使用)
毎月の支払い額:2,250円~
(内訳)

  • 基本料金2,250円
  • 端末代金なし
  • プラス通話料を使った分だけ!

auから乗り換えの場合

乗り換え前

auの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用
毎月の支払い額:7,980円
(内訳)

  • auピタットプランスーパーカケホで5GBまで利用2年契約6,480円
  • 端末代金2,500円
  • ビッグニュースキャンペーン1年間1,000円引き
乗り換え後

QTモバイルのドコモ回線・6GB音声通話付きのプラン、iPhone 7使用(そのまま使用)
毎月の支払い額:2,250円~
(内訳)

  • 基本料金2,250円
  • 端末代金なし
  • プラス通話料を使った分だけ!

ソフトバンクから乗り換えの場合

乗り換え前

ソフトバンクの5GBプラン、iPhone 7(32GB)使用
毎月の支払い額:7,417円
(内訳)

  • データ定額5GB5,000円
  • スマ放題ライト2年契約1,700円
  • ウェブ使用料300円
  • 端末代金417円
乗り換え後

QTモバイルのドコモ回線・6GB音声通話付きのプラン、iPhone 7使用(そのまま使用)
毎月の支払い額:2,250円~
(内訳)

  • 基本料金2,250円
  • 端末代金なし
  • プラス通話料を使った分だけ!

QTモバイルの最低利用期間

格安スマホ各社は「最低これだけの期間は利用してください」という最低利用期間を設けています。こちらも利用する回線によって期間が異なるため、それぞれにまとめました。

ドコモ回線の場合
  • データ通信専用SIM:なし
  • 音声通話機能付きSIM:最低利用期間は利用開始月を含む12ヶ月です。
au回線・ソフトバンク回線の場合

最低利用期間はありませんが、MNP転出をした場合、その手数料が高くなる期間があります。詳しい金額などはau回線・ソフトバンク回線の契約解除料を見てください。

※MNP(番号ポータビリティ)とは…携帯会社を乗り換えたときに、新しい会社でも、同じ電話番号を引き続き使える制度です。

QTモバイルの契約解除料

QTモバイルの契約解除料は回線によって異なります。それぞれをまとめました。

ドコモ回線の契約解除料

ドコモ回線の音声通話機能付きSIMを解約した場合、そのタイミングによって、契約解除料が変わります。すぐ分かるように表にまとめました。

解約した月
契約月に解約
1ヶ月後に解約
2ヶ月後に解約
3ヶ月後に解約
4ヶ月後に解約
5ヶ月後に解約
6ヶ月後に解約
7ヶ月後に解約
8ヶ月後に解約
9ヶ月後に解約
10ヶ月後に解約
11ヶ月後に解約
12ヶ月後に解約
契約解除料
12,000円
11,000円
10,000円
9,000円
8,000円
7,000円
6,000円
5,000円
4,000円
3,000円
2,000円
1,000円
0円

※この期間内にMNP転出をする場合、契約解除料に加え、MNP転出手数料3,000円がかかります。

この最低利用期間を超えたあとは、いつ解約しても契約解除料はかかりません。

au回線・ソフトバンク回線の契約解除料
  • 契約解除料:なし

ただし、MNP転出手数料に注意!

au回線・ソフトバンク回線は最低利用期間を設けておらず、契約解除料もかかりません。その代わりMNPで転出する際の転出手数料が高くなる期間があります。

  • 利用開始月を含む13ヵ月目以内の転出:11,500円
  • 利用開始月を含む14ヵ月目以降の転出: 2,000円

13ヶ月目以内では、それ以降のMNP転出に比べて手数料が5倍以上になってしまうため、転出のタイミングには注意しましょう。
ドコモ回線と同様に、約1年の最低利用期間があると考えておくのが正解です。

QTモバイルの通信速度

QTモバイルの通信速度は、回線によって異なります。
それぞれ下り最大速度が、ドコモ回線で375Mbps、au回線で225Mbps、ソフトバンク回線で612Mbpsとなっています。ただし、使用環境によって最大速度は変わるため、この速度は参考程度に留めておきましょう。

通信速度に関する便利な機能

QTモバイルでは、簡単に高速/低速データ通信の切り替えができます。
「QTモバイルアプリ」を無料ダウンロードすれば、簡単に高速通信と低速通信を切り替えて使うことができます。LINEやTwitterといった文字中心のアプリでは低速通信、動画サイトでは高速通信といった使い分けをすることで、データ量の節約ができます。
※高速/低速データ通信の切り替えは、現在ドコモ回線のみ対応です。

3日間制限について

格安スマホには「3日間で○GB使うと速度制限がかかる」という、いわゆる3日間制限があることが多いですが、QTモバイルの場合はどうなのかまとめました。回線によって条件が異なるため、回線ごとに記載しています。

ドコモ回線の場合

低速通信(データ容量上限を超えている、または高速通信をOFFにしている場合)で、直近3日あたり366MBを超える通信を行うと、さらに低速になることがあります。高速通信では3日間制限はありません。

au回線の場合

高速通信で、直近3日あたり6GBを超える通信を行うと、低速になることがあります。

ソフトバンク回線の場合

高速通信で、連続する3日間に、規定された通信量(契約しているプラン1ヶ月分のデータ容量)を超える通信を行うと、低速になることがあります。

速度に関する口コミ評判

QTモバイルを実際に利用している人からは、以下のような声がありました。

  • 大手キャリアから乗り換えた後も、大きな変化なく使えている
  • ネットサーフィンくらいなら問題なく使えている
  • 時間帯によっては読み込みが遅いことがある

ランチタイムや夕方など、通信が混みあう時間には遅さを感じるという口コミもありますが、「大手キャリアから乗り換え後も不満は少ないし、圧倒的に安くなったので満足!」という意見が多く見られました。

QTモバイルのSIMが使えるスマホ

今のスマホはそのまま使える?

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホをそのまま使うことができます。一部端末では、SIMロックの解除が必要です。申し込み前に公式サイトの「動作確認済の端末一覧」ページで、自分の端末が使えるかチェックしてみましょう。

QTモバイルのSIMサイズ

SIMには標準SIM ・micro SIM・nano SIM の3種類のサイズがあります。端末によってSIMのサイズが異なるため、自分の端末に適したサイズを選択する必要があります。

標準SIM micro SIM nano SIM
sim15 sim12 sim8-8
iPhone 3G / 3GS、初期の3G対応スマホなど iPhone 4 / 4S、現在も多くのAndroidスマホで採用 iPhone 5以降、ハイエンドモデルのAndroidスマホなど

QTモバイルではすべてのサイズのSIMを取り扱っているため、この点の心配はありません。

QTモバイルで人気のスマホ

現在QTモバイルでは5種類以上の端末を取り扱っていますが、その中でも特に人気の機種と、最安価格で買える機種について表にまとめました。

機種名
(画像)
メーカー
特長
端末料金
(分割払い)
バッテリー
容量
カメラ画素数
ディスプレイ
CPU
人気 人気 最安
AQUOS sense lite SH-M05 HUAWEI nova lite 2 tommy Wiko
SHARP HUAWEI Wiko
AQUOSならではの
美しいディスプレイ
軽量ボディと
ダブルレンズカメラ
高いデザイン性と
コストパフォーマンス
33,000円
(1,375円/24ヶ月)
23,760円
(990円/24ヶ月)
12,000円
(500円/24ヶ月)
2,700mAh 3,000mAh 2,500mAh
1,310万画素 アウトカメラ約1,300万画素
+約200万画素
800万画素
5.0インチ 5.65インチ 5.0インチ
Snapdragon 430 クアッドコア Kirin 659 オクタコア AdrenoTM 304、456MHz

※より詳しい端末情報を知りたい人は、公式サイトの「販売中の端末」ページを見てください。

QTモバイルの申し込み方法

実際にQTモバイルに申し込むときの手順などをまとめました。

申し込みは店舗・ネットから

QTモバイルの申し込みは、店舗・ネットから可能です。ネットの場合は、24時間いつでも、待ち時間なしで申し込みできます。ネットでの申し込みは、指示に従いプランなどを入力していくだけなので、20分もあれば完了します。

また、QTモバイルは九州(福岡、熊本、鹿児島など)に直営店を構えています。実際にスマホを触って試したり、相談したりできるのが店舗のメリットですが、混み合うこともあるため、WEBで来店予約をしてから訪れるのがおすすめです。

申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類(免許証など)※音声通話付きSIMを申し込む場合のみ
  • MNP番号(他社からMNPで転入する場合のみ)
  • 本人名義のクレジットカード
  • メールアドレス

申し込み完了から7~10日でSIMが到着します。QTモバイルのショップにて申し込みの場合、店頭で受け取りができます。SIMの受け取り後、初期設定を終えるとその日から利用することができます。ちなみに、格安スマホの初期設定は、デジタルが苦手な私でも5分ほどでできる簡単なものです。

支払方法

支払いは原則本人名義のクレジットカードのみですが、運営元であるQTnetの光インターネットサービス「BBIQ」を利用中の場合、銀行・ゆうちょ口座引き落としも利用できます。

QTモバイルのサポート体制

ここまで読んでみて「QTモバイルに乗り換えたい!けど、初期設定やスマホ故障時のことが心配…」と思っている人のため、サポート体制について、まとめました。

店頭での相談

  • あり

九州にあるQTモバイル直営店では、プランの相談や実際に端末を触って試すことができます。また、その他にもQTモバイルサポート店では、有料(1,000円)ではありますが、設定サポートを受けることができます。

電話相談

  • あり

9時~21時(年中無休)で電話相談を受け付けています。年中無休なので、万が一の時でも安心です。

チャット相談

  • あり

9時~21時(年中無休)の間はチャット相談が利用できます。オペレーターがすぐに質問に答えてくれるため、ほとんど待ち時間なく疑問が解消できます。

メリット・デメリットからみるQTモバイルが向いている人

メリット・デメリットを整理し、QTモバイルはどんな人に向いているかをまとめました。

QTモバイルのメリット

  • 3回線から選ぶことができる
  • 大手電力会社グループが運営しているので安心感がある

QTモバイルのデメリット

  • 回線ごとに料金プランなどが異なるため、確認が必要
    ただし、店舗やチャットなど、相談窓口でしっかり確認ができるので安心です。
  • QTモバイルのショップが九州にしかない
    ただし、店舗自体がない格安スマホが多いなか、少数でも店舗があるのは心強いです。また、どんどん店舗を拡大しているので、今後九州を中心に広っていくことが予想されます。

まとめ QTモバイルはこんな人におすすめ!

今のスマホをそのまま使いたい人

自分のスマホをそのまま使って格安スマホに乗り換えたい場合、基本的には元のキャリアと回線をそろえる必要があります。QTモバイルなら、三大キャリアすべての回線が揃っているため、取り扱い回線で悩む必要はありません。

現在、九州電力の光回線を利用している人

九州に住んでいて、すでに九州電力グループの光インターネットを利用している人は、QTモバイルの料金支払いも一本化できるメリットがあります。また光インターネットの長期利用者は、QTモバイルの初期費用が割引になることもあるのでお得です。

まとめ

QTモバイルは、九州を拠点に展開していることから、全国的な知名度は高くはありません。しかし、日本初の三大キャリアすべての回線に対応している格安スマホであること、また、九州電力グループが運営しているという安心感から、じわじわと人気を集めています。

また、月額基本料金の割引キャンペーンが多いのも特長です。うまく時期を見計らえば、三大キャリアと比べて驚くほど安い料金でスマホが使えます。

キャンペーンは随時更新されていますので、気になった人はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    Y!mobileは、2014年夏「イーモバイル」と「ウィルコム」が統合して誕生しました。その後、ソフ…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP