MNOとMVNO

【WiMAX】MNOとMVNOの違い、メリット・デメリットについて

WiMAXと聞いて思い浮かぶのは、超高速通信、速度無制限ともう1つ、プロバイダの値引き合戦です。
他社との差別化を図るために、様々なプロバイダが豪華な特典やキャッシュバックを展開していますが、このWiMAXキャンペーンは素直にメリットとして考えてもいいのでしょうか?
たとえば、プロバイダ契約だと本家のUQ WiMAXとは違い、通信速度が遅い、つながりにくいというような不利なことはないのでしょうか?

そこで、MNO(UQ WiMAX)とMVNO(プロバイダ)の違いについて説明します。

MVNOとは

MVNOとMNO の違い

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、「仮想移動体通信事業者」と訳します。仮想? 移動体?? 何だか難しそうな言葉ですが、MVNOというのは、自社で通信回線を持たず他社から通信回線を借りて、データ通信サービスを行う事業者をさします。

これに対してMNOは、国から電波の割り当てを受けて、自社で通信回線を所有する事業者です。自社の通信回線を使ってサービスを提供していることから、バーチャル(仮装)を表す「V」の文字がありません。
ドコモ、ソフトバンク、auなどの携帯キャリアや、WiMAX回線を所有するUQ WiMAX(UQコミュニケーションズ)がMNOに当たります。
UQ WiMAXの場合、回線を管理しているのはUQコミュニケーションズですが、サービスを提供しているのはUQ WiMAXです。以降、UQ WiMAXで説明していきます。

MVNO 通信回線を持たず他社から借りてサービスを提供する
MNO 自社の通信回線を使ってサービスを提供する

MVNOとMNOについて

MVNOとMNO、両者の関係

通信回線を持たないMVNOは、MNOから通信回線を借りて、それを自社のデータ通信サービスとして展開しています。
WiMAXの場合、「BIGLOBE」「@nifty」「So-net」などのMVNOは、UQ WiMAXからWiMAX回線、WiMAX 2+回線を借りて、「BIGLOBE WiMAX 」「@nifty WiMAX」「So-net モバイル WiMAX 2+」というサービス名で、ユーザーにデータ通信サービスを提供しています。

MVNOとプロバイダは別物?

プロバイダとは固定回線をインターネットに接続するための業者です。もともと国営会社であったNTTは、子会社、グループ会社を除いて法律でインターネット接続業務ができないため、図のようにプロバイダ経由で利用者にネットサービスを行っています。

プロバイダ経由

インターネット接続業務を行うプロバイダと、通信回線を借りてデータ通信サービスを提供するMVNOとは本来は異なるものですが、既存のプロバイダの多くがMVNOに参入していることから、「MVNO=プロバイダ」と説明されることが多いのです。

ただ、MVNO業者はプロバイダに限らず、ヤマダ電機やエディオンといった家電量販店も多く参入しています。

MVNOの成り立ち

MVNOは総務省が2000年から取り組んできた政策課題の1つです。スマホの普及に伴い、スマホを売れば売るほど儲かるといわれている携帯電話市場は、現在は大手携帯キャリア3社が独占しているといってもおかしくない状態です。
その現状を快く思っていない総務省は、モバイル市場における新規参入を促すために、MVNOやSIMロック解除義務を推し進めています。多くの企業がモバイル市場に入り込むことで、サービスの多様化や料金の低廉化が期待できます。プロバイダが繰り広げるWiMAXキャンペーン合戦は、まさに総務省の意図するところといえます。
ただ、MVNOの契約数の占める割合は、2013年度は全体の9%弱にとどまります。MVNOの認知度はまだ低く、成果が表れるのはこれからだと思われます。

UQ WiMAXとMVNOを比較

自社の回線を使ってサービスを提供するUQ WiMAX(MNO)と、通信回線を借りてサービスを行うMVNOとでは、何か異なる点があるのでしょうか? MVNOで契約すると豪華なキャンペーンが受けられる代わりに、通信品質が悪い、サポートしてもらえないでは考えものです。そこで、通信サービス、月額料金、端末代金、キャンペーンの違いを見ていきたいと思います。

通信サービス

まず、利用者がもっとも気になる通信品質ですが、UQ WiMAXでも、どこのMVNOでも、同じWiMAX、WiMAX 2+回線を利用するので、エリアの広さ、通信速度、通信制限はどこで契約しても同じです。「A社のWiMAXは速度が速いけど、B社のWiMAXは遅い」というようなことはありません。あくまでも販売している会社が違うだけで、ネットワーク回線に関わる条件は同じです。

月額料金

UQ WiMAXの月額料金は3,880円(UQ Flat 年間パスポート)ですが、月額料金はMVNO各社で異なります。ただ、調べてみたところ金額の開きは100円前後と極端な差はありません。家電量販店系のMVNOはUQ WiMAXの金額と横並び、プロバイダ系のMVNOはUQ WiMAXの金額より少し安くしているところが多いです。

端末代金

端末代金に関しては、無料~数万円のところがあり、MVNO各社で大きな開きがあります。MVNO数社のオフィシャルサイトを調べたところ、端末代金についての記載がないものも中にはあったので、申込手数料なども合わせて必ず初期費用を確認してから申し込むようにしてください。

キャンペーン

キャンペーンに関してはUQ WiMAXよりも、MVNOで申し込むほうが間違いなくお得です。また、キャンペーン内容はMVNOによってかなり大きく変わります。キャッシュバックや料金割引だけでなく、ポイントをつけてもらえたり、タブレットやゲーム機等のプレゼントなど、MVNO各社が独自のサービスを展開しています。MVNOでの契約考えている人はキャンペーン特典をしっかり比較して、自分に合うお得なキャンペーンを見付けてください。

ちなみに、MVNOがなぜこのような豪華なキャンペーンが打ち出せるのか、不思議に思う人もいるのではないでしょうか?

その理由について触れているのは、こちらのページです。
»格安スマホのメリット・デメリットを検証!本当に大手から乗り換えても大丈夫なのか?

UQ WiMAXならではのメリットも

UQ WiMAXはMNOならではの安心感があるほかに、次のようなメリットがあります。こちらも参考にしてください。

  • 全国の無線LANスポットにアクセスできる「UQ WiFi」というサービスが利用できる。
  • 1年契約や、1日契約などさまざまなプランが選べる。
  • auと連携したお得なプランがある。

NVNOで申し込む際の注意点

NVNOで契約する場合、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

UQ WiMAXはノータッチ

MVNOで契約した場合、利用する通信回線はUQ WiMAXの回線であっても、UQ WiMAXと契約したのではありません。窓口はすべて契約したMVNOとなり、UQ WiMAXは一切無関係です。
ですから、ルーターが故障したり何かトラブルが起きたときは、契約しているMVNOに連絡を入れます。UQ WiMAXのサポートセンターに電話をしても、「ご契約されたWiMAX提供会社へ連絡してください」と案内されるだけです。

解約方法も要チェック

月額料金やキャンペーン内容が異なるだけでなく、解約方法や違約金もMVNO各社で異なります。キャンペーン内容が豪華なほど違約金が高くなる傾向があるので、必ず契約前に確認してください。

キャッシュバックは100%もらえるとは限らない

MVNOの魅力は何といっても、豪華なキャンペーンが受けられることですが、とくにキャッシュバックキャンペーンでは、キャッシュバックの受取りに関するトラブルが実際に多く発生しています。

WiMAXキャンペーンで気をつけたいことを、こちらのページで説明しています。ぜひ参考にしてください。
»WiMAXの高額キャッシュバックキャンペーンには要注意!
»ノートパソコンのWiMAXセットはここに注意

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    2014年夏に、「イー・モバイル」と「ウィルコム」が統合されて、Y!mobile(ワイモバイル)が誕…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP