Y!mobileの評判・料金・エリア・制限

Y!mobile(モバイルWi-Fi)の口コミ評判・料金・エリア・制限

Y!mobileは、2014年夏「イーモバイル」と「ウィルコム」が統合して誕生しました。その後、ソフトバンクモバイルに吸収合併され、現在は同社の携帯電話サービス「SoftBank」のサブブランドという位置づけです。

スマホでは、通信速度が安定している上、実店舗が全国に約4,000店以上あるにも関わらず、格安スマホ並の価格で利用できると好評のY!mobileですが、モバイルWi-Fiではどうなのでしょうか? 

Y!mobileの「Pocket WiFi」は、実際のところおすすめなのか、評判・料金・エリア・制限などの情報を調べてみました。 

Y!mobileの評判を集めました

良い口コミ

■通信エリアが広く、パケ詰まりが少ない

ソフトバンクのネットワーク回線に対応しているため、使えるエリアが広いのが特徴です。キャリアアグリゲーションという技術を使って、下り最大612Mbpsの高速通信も可能になりました。

■屋内でも比較的つながりやすい

プラチナバンドといわれる900MHz帯のLTE回線、1.7GHz帯、2.5GHzのAXGP回線など、幅広い周波数帯を利用できることで、安定したネット通信が可能です。

建物内や地下でもつながりやすく、利便性について何かとWiMAXと比較されますが、屋内通信はY!mobileが優位です。

■パソコンやタブレットが同時購入できるお得なプランがある

モバイルWi-Fiルーターと一緒にタブレットやパソコンを購入したいと考えるなら、「バリューセット」がおすすめです。

通常プランよりも月額料金は割高になりますが(パソコンは1064円増し、タブレットは714円増し)、トータルで見るとかなりお得です。ただし、3年契約のみで途中解約すると期間によって38,300円~9,950円という高額な契約解除料が発生するので注意してください。

残念な口コミ

■通信速度制限がある

「1ヶ月で5GB(プランによっては7GB)以上の通信をした場合」と「3日間で10GB以上の通信をした場合」、128kbpsに通信速度が制限されます。

「Pocket WiFiプラン2」にアドバンスオプション(月額684円)をつければ、月間7GBを超えても高速通信が可能です。ただし、こちらも3日間で10GBを超えると速度制限がかかるので注意してください。

■契約の縛りが3年

Y!mobileの契約期間は3年が基本です。途中解約すると契約解除料9,500円を請求され、安いと思って契約したつもりが損をする羽目になります。「3年縛り」を念頭に置いて購入することをおすすめします。

「3年間も契約したくない!」という人は、契約の縛りがないプランも選べます。ただし、3年契約のプランと比べ、月々の基本使用料が2,000円も高くなってしまうので注意してください。

■キャンペーン内容が変更されたことがあった

Y!mobileでは2014年11月に、500円/500MBの通信容量追加が何度でも無料で行える、実質、速度無制限のキャンペーンを開始しました。

しかし約半年後の2015年4月に「3日間1GB」の厳しい制限が追加され、「無制限で使える」と思って契約した利用者から批判が相次ぎました。

該当機種であるPocket WiFi 305ZTの口コミの中で、評価の低いものを見ると、使い勝手の良し悪しよりも、キャンペーン内容に関するものがほとんどです。

Y!mobileの料金・エリア・制限をまとめました

Y!mobileには、高速データ通信容量月々5GBまで月額2,480円の「Pocket WiFiプラン2 ライト」、月々7GBまで月額3,696円の「Pocket WiFiプラン2」と2種の料金プランがあります。

また、「Pocket WiFiプラン2」に、月額684円のアドバンスオプションをつければ、月間データ容量無制限で使用することができます。

公式サイトには、「Pocket WiFiプランSS」、「Pocket WiFiプランL」というプランも掲載されていますが、現在では、このプランに対応するルーターの在庫が非常に少なく、オンラインストアからは申し込みできません。実質、先の2つのプランから選ぶことになります。一目でわかるように、表にまとめました。

※スマホの人は横にスクロールしてください
※スマホで見やすい表はこちら

プラン名
料金
契約事務
手数料
契約の縛り
機種
エリア
ネットワーク
速度
月間データ
容量制限
3日間データ
容量制限
Pocket WiFiプラン2 ライト Pocket WiFiプラン2
月額 2,480円(税抜) 月額 3,696円(税抜)
※アドバンスモード利用は追加料金
月額684円が必要
3,000円(初回のみ)
3年間
601ZT、506HW 603HW、502HW
601ZT 公式サイトのエリアマップ
506HW 公式サイトのエリアマップ
603HW 公式サイトのエリアマップ
502HW 公式サイトのエリアマップ
4G/AXGP/LTE 4G/AXGP/LTE
601ZT、506HWどちらも
下り最大112.5Mbps
603HW 下り最大612Mbps
502HW 下り最大187.5Mbps
1ヶ月で5GB以上の通信をすると
通信速度が128kbpsまで制限される。
制限を解除する場合、
500MBごとに500円の追加料金が必要。
1ヶ月で7GB以上の通信をすると
通信速度が128kbpsまで制限される。
AXGPエリア内で、有料オプションの
アドバンスモード利用(※1)の場合、
月間データ容量の制限なし。
3日間で10GB以上の通信をすると通信速度が制限されます。
制限時間は、当日18時から翌日1時までです。

※1:アドバンスモードに関係するページはこちらです。
»キャリアアグリゲーションとは?超高速通信サービスのまとめ

Y!mobileで取り扱っているルーター

Y!mobileでは、料金プランによって選べるルーターが異なります。両プランとも2種類の中から選ぶことができ、どちらを選んでも月額料金は変わらないので、性能に注目して選びましょう。比較しやすいように、それぞれの特徴をまとめました。

Pocket WiFiプラン2 ライト 対応ルーター
■バッテリーの持ちがいい 601ZT

  • 連続通信時間:約10時間
  • 通信速度:下り最大112.5Mbps

カラーディスプレイ付きで「電池残量」、「データ通信量」、「接続機器数」などが一目で分かります。506HWよりも新しい機種で、連続通信時間が約4時間も長いため、基本的にはこちらがおすすめです。本体はピンク、ホワイト、ブルーの3色から選べます。

■名刺サイズで軽量 506HW

  • 連続通信時間:約6時間
  • 通信速度:下り最大112.5Mbps

薄くて手軽に持ち運べる名刺サイズのルーターです。より軽量でコンパクトな方がいい!という人には、こちらをおすすめします。色はブラックのみです。

Pocket WiFiプラン2 対応ルーター

公式サイトには、「603HW」、「504HW」、「502HW」の3機種が掲載されていますが、「504HW」はすでに在庫がなく、「603HW」、「502HW」の2機種から選ぶことになります。

■超高速通信が可能 603HW

  • 連続通信時間:約8.5時間
  • 通信速度:下り最大612Mbps

全機種の中で最速の最大通信速度612Mbpsが出せるルーターです。高画質動画などの大容量コンテンツも快適に楽しめます。ただ、502HWに比べると、連続通信時間は約1.5時間短いです。色はブラックとホワイトの2色から選べます。

■テレビ機能のないスマホ・タブレットでもテレビ視聴が可能に 502HW

  • 連続通信時間:約10時間
  • 通信速度:下り最大187.5Mbps

テレビチューナを搭載しているので、テレビ機能のないスマホやタブレットでもテレビ視聴が可能になります。また、3,000mAhの大容量バッテリー搭載で、安心して長時間利用することができます。色はネイビーブルーの1色です。

※画像はすべて公式ページより引用

申し込みは公式サイトの右側「今すぐ申し込む」→オンラインストアから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    Y!mobileは、2014年夏「イーモバイル」と「ウィルコム」が統合して誕生しました。その後、ソフ…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    1,980円(税抜)という月額料金の安さから、Yahoo!Wi-Fiの購入を考えている人も多いのでは…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP