WiMAX

私がWiMAXを解約する5つの不満。「通信状況」「ネット回線」「高速通信」「端末」「料金」のダメだったところ

当ページでは、かつて私がWiMAXの解約を決意した理由についてご紹介しています。

現在でこそ、WiMAXは無制限プランもあり、おすすめのモバイルWi-Fiの1つです。しかし、当時データ容量をあまり使わなかった私にとっては、最適なモバイルWi-Fiではありませんでした。

私自身、勢いでWiMAXを契約したものの、実際に使ってみたら「あれ?」と思うことがいろいろ出てきたからです。そこで、今回は私がかつてWiMAXの解約を決めた、5つの理由とは何か説明します。

当時、私がモバイルWi-Fiを解約した理由を知って頂くことで、皆さんも失敗しない契約ができるはずです。それでは、早速見ていきましょう。

通信状況が不安定

自宅はWiMAX 2+エリア圏内のはずが、通信状態が安定しないことが多くありました。周囲に建物が多いということや、JR沿線ということも関係あるのかもしれませんが、とくに窓に面していない部屋だとアンテナがまったく立たないこともありました。

現在でこそ、最新端末のW06ではハイモードアンテナなど受信感度は向上していますが、当時は建物内では非常に電波が弱いという印象でした。

とはいえ、窓のある部屋なら通信状態が良くなるので、いつもルーターを窓際に置いてパソコン作業をしていました。それでも、WEBページを開くのが遅くてイライラしていたというのが本音です。

そのため、モバイルWi-Fiを契約する際は、通信エリアや電波状況を入念に確認することが重要です。

ここがかつての指定席

窓際に置いたルーター

WiMAXが建物内でつながりにくい理由について、別ページで詳しく説明しています。
»建物内でもつながるモバイルWi-Fiルーターはどれ?

au 4G LTEが使えない

au 4G LTEにひかれて契約したが…

私がWiMAXを契約した理由、それはau 4G LTE回線が使えるからです。
本当はスマホを買うためにauに行ったのですが、そこで販売スタッフさんにWiMAXをすすめられて、衝動買いに近いノリでスマホと抱き合わせでWiMAXを契約しました。

そのとき説明されたのが、WiMAX 2+、WiMAXのほかに、エリアの広いau 4G LTEが利用できるので、つながらない心配がほとんどないということです。しかも、WiMAX 端末にau 4G LTE回線をつけるには、本来ならオプション料金1,005円/月がかかるところを無料にしてくれるというのです。

3年契約が当たり前となった今でこそ、無料が当たり前というイメージが強いかもしれませんが、当時は「無料」のサービスならラッキーだと思って、即契約しました。

優先接続するのは決まってWiMAX 2+

私が当時使っていたHWD14ルーターは3つのネットワーク回線に対応しています。通信する際は、3回線の中で最も安定した電波が自動的に選択されることになっています。

  • ハイスピードモード(WiMAX 2+優先)
  • ノーリミットモード(WiMAXのみの通信)
  • ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTE)

しかし、私のルーターがau 4G LTEにつながることはほとんどありませんでした。WiMAX 2+回線の通信状況が悪くても、ギリギリWiMAX 2+の電波を拾える場所だと、au 4G LTEよりもWiMAX 2+回線が優先接続されていたのです。

アンテナが立たないような場所でもWiMAX 2+が最優先

WiMAX 2+が最優先

1,005円/月のオプション料金を無料にしてもらっている私がエラそうなことは言えませんが、このオプションは本当に意味があるのかと疑問を持っていたことを覚えています。

ハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX 2+が繋がらないときの保険として、オプションでau回線をつけるということですが、電波状態が悪くてもWiMAX 2+が優先されてauの電波を拾うことはほとんどありませんでした。

手動で通信モードを切り替えれば良いのでは?という声もありそうですが、「自動」の部分にもひかれていたため手動でモード切替はしてたまるかと、意地を張って利用していました。

au 4G LTEが無料でつくという特典に乗せられて契約したことを思い出すと、「ほかで契約していたらもっとお得なサービスがあったのかも?」と、ちょっと損した気分です。

超高速通信は本当?

WiMAX 2+の魅力は何と言っても、超高速通信ですが、当時私は1度もその通信スピードを体感できなかったというのも、解約した理由の1つです。

キャリアが提示している数字が理論値であることはもちろん承知でしたが、普段は実測値しか見る事がないため、本当に出るの?と疑問になっていました。

とはいえ、どのキャリアもやはり理論値ほどの速度を実際に出すのは、今でも非常に難しいというのが現実。その点、当時の私はモバイルWi-Fiに少し期待し過ぎてたという反省もあります。

HWD14のデザインが残念

まだガラケーが主流だった時代に、携帯電話を入れたつもりがテレビのリモコンだった、という笑い話を聞いたことがありますが、私はiPhoneを手に取ったつもりがモバイルWi-Fiルーターだった、ということがありました。

私が使っているHWD14は、ブラック×シルバーの色づかいで、外見がどことなくiPhoneと似ていたのです。私のほかにも、iPhoneと間違えそうになったHWD14ユーザーはいるはずだとにらんでいるのですが・・・、いませんか?

次に選ぶなら、カラフルなデザインのモバイルWi-Fiルーターにしようと、間違えたその日に決意しました。

大きさも似ています!

iPhoneとモバイルWi-Fiルーター

私の使っているマウスと色が似ているため、間違えて机の上をコロコロさせてしまうなんてことも。

モバイルWi-Fiルーターとマウス

月額料金が高い

「超高速通信」と並んで、WiMAXの目玉は「データ容量が無制限」ということです。

ただ私の場合、WEBページの閲覧がほとんどで、動画視聴やゲームの通信プレーはあまりしないので、7GB制限ありの3,696円/月のプランで契約していました。

勉強不足だった契約当初は、金額的に「こんなもんか」といった感じでしたが、ほかのキャリアの7GB制限ありのプランを調べてみると、安いものがいくつかあることが判明しました。

たとえば、2019年1月に新規申し込みの受付を停止した「Yahoo!Wi-Fi」だと、私が毎月支払っていた月額料金よりも1,000円近く安い料金でした。2年契約で考えると24,000円もの差があります。

データ通信量の多いヘビーユーザーなら、データ容量無制限が売りのWiMAXで「ギガ放題」を契約するメリットはありますが、7GB制限ありのプランでWiMAXを契約していた私は、あまりお得とは言えない契約でした。

そこで他に自分にピッタリなモバイルWi-Fiがあるはずと解約したことを覚えています。

まとめ

以上が、当時私がWiMAXを解約した理由ですが、自分の解約理由を整理してみると、WiMAXに不向きな人が見えてきました。

① データ容量が無制限である必要がない人
② かつ月額料金を抑えたい人
③ 自宅(建物内)や地下鉄などでの通信利用が多い人

① データ容量が無制限である必要がない人

7GB制限ありの同条件のプランで各社比較したところ、契約縛り、通信品質、ルーター端末の条件では、必ずしもWiMAXがおすすめではない。

② かつ月額料金を抑えたい人

月額料金の安さで比較すると、無制限プランであればお得ですが、月間7GBの通常プランでは他にもお得なモバイルWi-Fiがあった。

③ 自宅(建物内)や地下鉄などでの通信利用が多い人

WiMAX回線は障害物に弱く、室内で電波が安定しづらい。

当時、モバイルWi-Fiの制限ありのプランを比較すると、明らかにWiMAXよりYahoo!Wi-Fiの方がお得だったんです。当時のYahoo!Wi-Fiは以下の通り。

  • 契約縛り・・・・・2年縛り (キャリアによっては同条件のプランで3年縛りもある)
  • 通信品質・・・・・ソフトバンクの回線を利用するため、広いエリアで通信できます
  • ルーター端末・・・テレビチューナーが内蔵されたルーターなので、iPhoneでテレビが見られるようになります

私はWiMAXを衝動買いに近いノリで契約してしまい、あとから残念に思うことがいろいろ出てきました。同じ失敗をしないためにも、今後WiMAXを契約しようとお考えの方は、自分の利用状況や条件に合うプランを見極めるようにしましょう。

もっと詳しくモバイルWi-Fiの詳細を知りたいという方は、こちらのページをチェックしてください。

モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    Y!mobileは、2014年夏「イーモバイル」と「ウィルコム」が統合して誕生しました。その後、ソフ…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP