GMOとくとくBBの口コミ評判・料金・エリア・制限

WiMAXプロバイダ
最高額キャッシュバック!
GMOとくとくBBについて徹底解説!


モバイルWi-Fi業界でも3,000万回線を突破し、人気が高まっているWiMAX(ワイマックス)。

そんなWiMAXの販売代理店であるプロバイダの中でも、3万円を超える高額キャッシュバックで高い人気を集めているのがGMOとくとくBBです。 GMOとくとくBBは、インターネットプロバイダ運営実績20年以上のGMOインターネット株式会社が運営しています。

2009年からGMOとくとくBBは、WiMAXのモバイルWi-Fiサービスを提供していますが、実際の契約者の口コミや評判はどうなのでしょうか。皆さんが気になるであろう高額キャッシュバックに関しても、月額料金と絡めてご紹介していきます。

WiMAXのモバイルWi-Fiを契約しているという方は必見です。それでは早速、GMOとくとくBBの口コミ、評判から見ていきましょう。

GMOとくとくBBの評判・口コミ

GMOとくとくBBの良い口コミ

■高額キャッシュバックがもらえる
何と言っても、GMOとくとくBBがおすすめの理由として挙げられるのが高額キャッシュバックです。

WiMAXのキャンペーンは、月額料金割引、キャッシュバック、タブレットのプレゼントなど様々。そんな中、GMOとくとくBBは、WiMAXプロバイダの中でも最高金額をキャッシュバックしているプロバイダです。 2019年 現在のキャッシュバック金額は、最新機種のW06で32,100円、旧端末のW05で35,000円となっています。

他のWiMAXプロバイダでも、キャッシュバックキャンペーンは行われていますが、GMOとくとくBBの金額を超えるプロバイダは、今のところ登場していません。

そのため、GMOとくとくBBは高額キャッシュバックで人気の高いプロバイダという認識で間違いありません。キャッシュバック目当てで「申し込むならGMOとくとくBB!」という口コミや評判も多く見られます。

ただし、キャッシュバックの受け取り忘れには注意してください。後ほど詳しくお伝えしますが、キャッシュバックを受け取るためには、契約から11ヶ月後に申請手続きが必要。キャッシュバックの申請を忘れてしまうと、受け取る予定だった金額分、そのまま損をしてしまいます。

うっかり忘れるといったことがないよう、スケジュール帳に記入するなどしておきましょう。

■WiMAX2+回線で高速通信を実現
高額キャッシュバックと聞くと、「繋がりにくいなど、何か裏があるんじゃないの?」と心配になる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そんな心配は一切不要です。GMOとくとくBBが使用するWiMAX2+回線は、UQコミュニケーションズが提供する回線。そして、このWiMAX2+回線は、GMOとくとくBBはもちろん、JPWiMAX、BroadWiMAX、So-netなど含め、全WiMAXプロバイダが使う回線です。

つまり、GMOとくとくBBが高額キャッシュバックでお得だからと言って、WiMAX2+回線の特徴である、下り最大1,237Mbps(au 4G LTE利用時)の高速通信や、月間データ容量無制限のギガ放題プランなど、サービス内容に違いはありません

そのため、高速通信可能なWiMAXのモバイルWi-Fiの中でも、高額キャッシュバックでお得に契約できるGMOとくとくBBは、人気の高いプロバイダとなっています。

■地下でもつながりやすい
これまでWiMAX2+回線は地下に弱いと言われてきました。しかし、2017年2月にWiMAX2+の受信エリアを全国化するなど、つながるエリアはどんどん拡大しています。また、東京では東京メトロ全駅、大阪では市営地下鉄全駅など主要地下鉄内で、WiMAX2+回線が使用できます。

「それでもつながるか不安」という人は、ハイスピードプラスエリアモードのオプション(1,005円/月)をつけることで、WiMAX2+回線に加えて、auのLTE回線も利用可能。LTE回線なら、地下でも、より繋がりやすくなります。

■GMOとくとくBBギガ放題プランが契約できる
GMOとくとくBBには、月間データ容量が7GBの「通常プラン」と、月間データ容量制限ナシで使える「GMOとくとくBBギガ放題プラン」の2つがあります。

口コミで特に好評なのは「GMOとくとくBBギガ放題プラン」です。通常プランに650円ほどプラスすれば、高速データ通信が使い放題になるため、通信量を多く使う人に選ばれています。

ただし、最高額キャッシュバックが売りのGMOとくとくBBも、最安値で契約できるのは通常プランのみギガ放題プランの場合は、最安値ではありません。

おすすめのモバイルWi-Fiの最安値をプランごとに比較した結果が気になるという方は、こちらをご覧下さい。

GMOとくとくBBの残念な口コミ

■キャッシュバックが受け取れない可能性がある
GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiを契約する方のほとんどが、高額キャッシュバックを楽しみに契約されているのではないでしょうか。

しかし、そんなGMOとくとくBBの高額キャッシュバックには注意点も。なんと、折角の高額キャッシュバックですが、受け取れなかったという口コミ・評判が非常に多いんです。

その理由について、GMOとくとくBBのキャッシュバック受け取り方法を見ていきましょう。
  • キャッシュバックの申請時期が11ヶ月後と遅い
  • 申し込み期間が1ヶ月と限られている
  • キャンペーン案内が普段使わないプロバイダメールに届く
上記の3つのポイントをクリアして初めて、高額キャッシュバックを受け取ることができます。

申請が約1年後となると、キャッシュバックであっても案外忘れてしまうもの。そのため、受け取れなかったという残念な口コミ・評判が目立っています。

とはいえ、キャンペーンの申請さえしっかり完了できれば、問題なくキャッシュバックを受け取ることができます。そのため、GMOとくとくBBを契約する際は、前もって予定表にいれておくなどして、絶対に忘れないよう工夫することが重要です。

■GMOとくとくBBギガ放題プランでも速度制限を受ける
GMOとくとくBBギガ放題プランは、月間データ容量は無制限ですが、3日間で10GBのデータ容量を使った場合にのみ通信制限がかかってしまいます。

3日間で10GB以上のデータ容量を使ってしまった場合には、翌日の18時から翌々日の2時までの約8時間1Mbpsという速度まで低速化します。この1Mbpsという速度は、Youtubeの通常画質動画の視聴が可能な速度。低速とは言っても、スマホの速度制限などとは比較にならない程、スムーズにインターネット通信を行うことができます。

メールやLINEのやりとりはもちろん、軽めのWEBサイトの閲覧なども問題なく行えるため「通信速度制限はあるけれど、あまり気にならない」という口コミもある程です。

とはいえ、上記でもお伝えした通り、GMOとくとくBB以外であってもWiMAX2+回線はどのプロバイダも同じ。つまり、ギガ放題プランで速度制限を受けてしまうというのは、GMOとくとくBBに限った口コミ、評判ではありません。

GMOとくとくBBというよりも、WiMAXのモバイルWi-Fiへの評判と言えます。

■移動の際に通信が途切れることがある
WiMAX2+回線は障害物に弱いという特性があり、新幹線などの利用中、トンネル通過の時などに通信が途切れてしまうことがあります。そのため、オンラインで映画を見ていても途中で止まってしまい「イライラする!」、「きちんと楽しめない!」という口コミも見られます。

ただし、この口コミに関しても、GMOとくとくBBだけではなくWiMAXのモバイルWi-Fi全ての共通点と言えます。

対策方法としては、移動中に映画などの動画を楽しみたいときは、前もってダウンロードしておくのがおすすめです。AmazonプライムビデオやiTunes Store、dTVの動画サービスでは、映画をタブレットなどの端末にダウンロードしておくことができます。

WiMAX2+回線の場合、2時間程度の映画なら1分程度でダウンロードできるので、駅で電車待ちの間に済ませておくと車内でも途切れることなく映画を楽しめます。

GMOとくとくBBの料金・エリア・制限をまとめました

GMOとくとくBBには、月7GBまで使える「通常プラン」と、データ容量制限ナシの「GMOとくとくBBギガ放題プラン」があります。一目でわかるように、表にまとめました。

なお、月額料金に関しては、キャッシュバックを受け取ることができた場合と、受け取れなかった場合の実質支払う月額料金を比較していきます。
※スマホの人は横にスクロールしてください ※スマホで見やすい表はこちら
プラン名
料金
機種
ネットワーク
月間データ容量
速度
契約期間
エリア
契約事務
手数料
3日間データ容量
通常プラン GMOとくとくBBギガ放題プラン
実質月額2,766円(キャッシュバック:35,000円)/実質月額3,609円(キャッシュバック:0円) 実質月額3,369円(キャッシュバック:35,000円)/実質月額4263円(キャッシュバック:0円)
Speed Wi-Fi NEXT W06/Speed Wi-Fi NEXT WX05 Speed Wi-Fi NEXT W05/Speed Wi-Fi HOME L02 Speed Wi-Fi HOME L01
WiMAX2+、オプションでau 4G LTE
1ヶ月で7GB以上の通信をすると
通信速度が128kbpsまで制限される
月間データ容量の制限なし。
W06:下り最大1,237Mbps※/ WX05:下り最大440Mbps W05:下り最大758Mbps※ HOME L02:下り最大1,000Mbps/HOME L01:下り最大440Mbps
3年
公式サイトのエリアマップ
3,000円(初回のみ・税抜)
3日間で10GB以上の通信をすると通信速度が制限されます。 制限時間は、翌日の18時から翌々日2時頃までです。
※オプションのハイスピードプラスエリアモード使用時

ハイスピードプラスエリアモードとはオプション料金(1,005円/月)を支払うことで、WiMAX2+回線に加えてau 4G LTE回線も使えるようになるモードです。ただし、3年契約であれば料金は無料となることがほとんどです。


ハイスピードプラスエリアモードを
利用する際の注意点

「GMOとくとくBBギガ放題プラン」はデータ容量を気にせず使えるプランですが、上記のハイスピードプラスエリアモードでau 4G LTE回線を使うときには注意が必要です。

au 4G LTE回線を使用中にデータ通信量が7GBを超えた場合、au 4G LTE回線だけではなくWiMAX2+回線も128kbpsの通信速度制限を受けてしまいます。後からWiMAX2+回線に切り替えても高速通信はできません。

「LTEから切り替えを忘れていて、うっかり使いすぎてしまった」ということのないよう、モードの切り替えを忘れずに行うか、自動で切り替えてくれる機能つきのルーターを選ぶようにしましょう。

GMOとくとくBBで取り扱っているルーター

GMOとくとくBBで現在扱っている4機種の中でも、LTE回線に対応している3機種についてまとめました。どれを選んでもルーター代金は無料なので、通信速度を重視するか、バッテリーの持ちを重視するかを基準に選ぶのがおすすめです。

いずれのルーターを選んで頂いても、キャッシュバック金額としては最高額。その中でもW05が、最も高いキャッシュバックを受け取ることが可能です。それでは見ていきましょう。
超高速通信が可能で設定も簡単 Speed Wi-Fi NEXT W06

WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-FiルーターSpeedWi-FiNEXTW06

  • 最大通信速度:1,237Mbps
  • 連続通信時間:9時間

固定回線にも並ぶ、モバイルWi-Fi・WiMAX業界初の1Gbps超えの最大速度を実現したW06。

電波受信の速度や安定度も従来のポケットWi-Fiより飛躍的に上昇しています。通信環境の良さ・通信速度などにこだわる場合は、こちらのモバイルWi-Fiがおすすめです。

ただし、GMOとくとくBBでW06を契約する場合、キャッシュバック金額は32,050円となります。

バッテリーの持ちを重視する人に Speed Wi-Fi NEXT WX05

WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-FiルーターSpeed Wi-Fi NEXT WX05

  • 最大通信速度:440Mbps
  • 連続通信時間:11.5時間


3,200mAhの大容量バッテリーに加え、切り忘れ防止タイマー機能や電池容量低下のお知らせ機能など、節電機能が充実しています。バッテリーの持ちで選ぶならこちらです。

また、LTE回線モードからの切り替え忘れを防ぐ「ワンタイム」機能もついているため、つい切り替えを忘れてしまう人にもおすすめです。

超高速通信が可能&薄型フォルム Speed Wi-Fi NEXT W05

WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-FiルーターSpeed Wi-Fi NEXT W05

  • 最大通信速度:758Mbps
  • 連続通信時間:10.5時間

東京など大都市圏では758Mbps、その他の地域でも558Mbpsと、全機種中で最高速度の通信ができるルーターです。動作はノーマル、ハイパフォーマンス、バッテリーセーブと3つのモードから選べ、電池の消費を抑えられます。

また、こちらのモバイルWi-Fiルーターであれば、GMOとくとくBBで契約すると、キャッシュバック金額が37,000円と最高額を受け取ることが可能です。

自宅利用が目的なら Speed Wi-Fi HOME L02

SpeedWi-FiHOMEL02

  • 最大通信速度:1,000Mbps

こちらのWiMAX端末もW06と同じ日に発売の最新機種。最大1Gbpsという数値は光回線に並ぶ凄まじい通信速度です。

現在は東京都、埼玉県、大阪府、愛知県、宮城県の一部地区だけの対応で、LANケーブル接続が必須です。しかし、これから対応エリアは順次広がっていきますのでご心配なく。

最新機種は基本的に、従来機より性能が優れていることばかりなので、上記の対応エリアで選ぶと良いかもしれません。

電波の安定性なら Speed Wi-Fi HOME01

SpeedWi-FiHOME01

  • 最大通信速度:440Mbps

HOME01は、最大速度こそ440Mbpsとあまり目立たないものの、電波の安定性ではHOME L02よりも優れていると言われています。

L02も、さきほどご紹介したエリア以外での最大速度は440Mbpsなので、上記のエリア以外にお住まいの方、または電波状況の悪いエリアにお住まいの方は、こちらのWiMAX機種のほうがおすすめです。

※画像はすべて公式ページより引用
※最大通信速度は、東京、大阪、名古屋などの都市部を中心とした地域での速度です。

まとめ

WiMAXの代表的プロバイダの1つであるGMOとくとくBBについて解説してきましたが、いかがでしたか。

高額キャッシュバックが、非常に人気を集めている一方で、受け取りが難しいという口コミ・評判が見られました。

また、キャッシュバックを受け取れなかった場合、キャッシュバック金額がそのまま損になってしまうものの、ギガ放題プランの場合はキャッシュバックを受け取れたとしても最安値ではありません。そのため、当サイトでは以下のような方にGMOとくとくBBをおすすめします。
  • 通常プランを最安値で契約したい方
  • 高額キャッシュバックのお得感を味わいたい方
当ページをご覧頂き、「GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiを契約したい!」「やはりキャッシュバックが気になる」という方は以下の公式サイトから詳細を確認頂くことが可能です。

GMOとくとくBBの
公式サイトはこちら

他に「GMOとくとくBBの他に最安値で契約できるなら他のプロバイダが良い」「安心してお得に受け取れるキャンペーンが良い」という方は、以下でおすすめのモバイルWi-Fiを徹底比較しています。おすすめの最安値モバイルWi-Fiを契約したいという方は以下をご覧下さい。

モバイルWi-Fi徹底比較!
おすすめの最安値No.1はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP