GMOとくとくBBの口コミ評判・料金・エリア・制限

GMOとくとくBBは、インターネットプロバイダー運営実績10年以上のGMOインターネット株式会社が運営しています。

2007年7月から、ネット事業のひとつとして、WiMAX2+回線を利用したモバイルWi-Fiサービスを提供していますが、実際の使い心地はどうなのでしょうか?評判や料金などについて調べてみました。

GMOとくとくBBの評判を集めました

良い口コミ

■高額キャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBBは、UQコミュニケーションズが提供するWiMAX2+回線を使って、インターネットサービスを提供しています。そのため、通信速度やつながるエリアが、本家UQコミュニケーションズに劣ることはありません。

本家のUQWiMAXよりも、GMOとくとくBBがおすすめの理由は、30,000円を超える高額なキャッシュバックキャンペーンがあることです。本家UQWiMAXでもキャンペーンはありますが、金額が少ないのがデメリット。そのため高額キャッシュバックほしさから「申し込むならココ!」という口コミや評判が多く見られます。

ただし、キャッシュバックの受け取り忘れには注意してください。受け取るためには、11ヶ月後にキャッシュバックの申請手続きが必要。キャッシュバックの申請を忘れてしまうと、受け取れるはずだった金額分、そのまま損をしてしまうため、うっかり忘れないようにスケジュール帳に記入しておく必要があります。

■WiMAX2+回線で高速通信を実現

WiMAX2+回線の特徴は、下り最大1,237Mbps(au 4G LTE利用時)の高速通信です。

WiMAX2+だけでも下り最大558Mbpsという不自由のない速度ですが、最新機種W06では1,237MbpsというモバイルWi-Fi業界で初めて1Gbps(1,000Mbps)を上回り、ギガ超えの速度を果たしました。とある通信会社の実験によると700Mbpsを超える速度があれば、4K高画質動画を4~5人で同時再生しても全く問題なくスムーズに再生できるとのことです。

1台のモバイルWi-Fiを家族みんなで使いたいというときも、全員が不自由なく使用できます。

■地下でもつながりやすい

これまでWiMAX2+回線は「地下に弱い」と言われてきました。しかし、2017年2月にWiMAX 2+の受信エリアを全国化するなど、つながるエリアはどんどん拡大しています。また、東京では東京メトロ全駅、大阪では市営地下鉄全駅など主要地下鉄内で、WiMAX2+回線が使用できます。

「それでもつながるか不安」という人は、ハイスピードプラスエリアモードのオプション(1,005円/月)をつけることで、WiMAX2+回線に加えて、auのLTE回線も利用できます。LTE回線なら、地下でもよりつながりやすくなります。

■GMOとくとくBBギガ放題プランがお得

GMOとくとくBBには、月間データ容量が7GBの「通常プラン」と、月間データ容量制限ナシで使える「GMOとくとくBBギガ放題プラン」の2つがあります。

口コミで特に好評なのは「GMOとくとくBBギガ放題プラン」です。通常プランに650円ほどプラスすれば、高速データ通信が使い放題になるため、データ通信量の多い人に選ばれています。

ただし、3日間で10GBの通信速度制限はあるので注意しましょう。

残念な口コミ

■解約金が高い

GMOとくとくBBのモバイルWi-Fiは、契約から24ヶ月目までに解約した場合、24,800円の契約解除料が発生します。

他社を見ても最低契約期間に満たない場合、契約解除料が発生するということ自体は珍しくありません。しかし、他社の解除料は20,000円未満の場合が多く、24,800円というのはかなり高額です。

解除料なしで解約したい場合は、2年プランなら25ヶ月目、3年プランなら37ヶ月目に手続きを行ってください。その期間内に解約を申し出ない場合は、自動で同じプランの契約が更新され、次に解除料なしで解約できるのは、2年先、3年先となります。

■3日間10GBの使用で通信速度制限を受ける

「通常プラン」、「GMOとくとくBBギガ放題プラン」ともに、3日間で10GB使ったら低速化するという通信速度制限があります。

10GB使った際には、速度は1Mbpsまで低下します。しかし、1MbpsあればメールやLINEのやりとりはもちろん、軽めのWEBサイトの閲覧なども問題なく行えるため「通信速度制限はあるけれど、あまり気にならない」という口コミもあります。

■移動の際に通信が途切れることがある

WiMAX2+回線は障害物に弱いという特性があり、新幹線などの利用中、トンネル通過の時などに通信が途切れてしまうことがあります。そのため、オンラインで映画を見ていても途中で止まってしまい「イライラする!」、「きちんと楽しめない!」という口コミも見られます。

移動中に映画を楽しみたいときは、前もってダウンロードしておくのがおすすめです。AmazonプライムビデオやiTunes Store、dTVの動画サービスでは、映画をタブレットなどの端末にダウンロードしておくことができます。

WiMAX2+回線の場合、2時間程度の映画なら1分程度でダウンロードできるので、駅で電車待ちの間に済ませておくと車内でも途切れることなく映画を楽しめます。

GMOとくとくBBの料金・エリア・制限をまとめました

GMOとくとくBBには、月7GBまで使える「通常プラン」と、データ容量制限ナシの「GMOとくとくBBギガ放題プラン」があります。一目でわかるように、表にまとめました。

※スマホの人は横にスクロールしてください
※スマホで見やすい表はこちら

プラン名
料金
機種
ネットワーク
月間データ容量制限
速度
契約の縛り
エリア
契約事務
手数料
3日間データ容量制限
通常プラン GMOとくとくBBギガ放題プラン
月額3,609円(税抜) 1~2ヶ月:月額3,609円(税抜) 
3ヶ月以降:月額4,263円(税抜)
Speed Wi-Fi NEXT W06/Speed Wi-Fi NEXT WX05
Speed Wi-Fi NEXT W05/Speed Wi-Fi HOME L02
Speed Wi-Fi HOME L01
WiMAX2+、オプションでau 4G LTE
1ヶ月で7GB以上の通信をすると
通信速度が128kbpsまで制限される
月間データ容量の制限なし。
W06:下り最大1,237Mbps※/ WX05:下り最大440Mbps
W05:下り最大758Mbps※
HOME L02:下り最大1,000Mbps/HOME L01:下り最大440Mbps
3年
公式サイトのエリアマップ
3,000円(初回のみ・税抜)
3日間で10GB以上の通信をすると通信速度が制限されます。
制限時間は、翌日の18時から翌々日2時頃までです。

※オプションのハイスピードプラスエリアモード使用時

ハイスピードプラスエリアモードとは…

オプション料金を支払うことで、WiMAX2+回線に加えてau 4G LTE回線も使えるようになるモードです。

料金

3年契約:無料

「GMOとくとくBBギガ放題プラン」の注意点

「GMOとくとくBBギガ放題プラン」はデータ容量を気にせず使えるプランですが、オプションのLTE回線を使うときには注意が必要です。

LTE回線を使用中にデータ通信量が7GBを超えた場合、LTE回線だけではなくWiMAX2+回線も128kbpsの通信速度制限を受けてしまいます。後からWiMAX2+回線に切り替えても高速通信はできません。

「LTEから切り替えを忘れていて、うっかり使いすぎてしまった」ということのないよう、モードの切り替えを忘れずに行うか、自動で切り替えてくれる機能つきのルーターを選ぶようにしましょう。

GMOとくとくBBで取り扱っているルーター

GMOとくとくBBで現在扱っている4機種の中でも、LTE回線に対応している3機種についてまとめました。どれを選んでもルーター代金は無料なので、通信速度を重視するか、バッテリーの持ちを重視するかを基準に選ぶのがおすすめです。

超高速通信が可能で設定も簡単 Speed Wi-Fi NEXT W06

SpeedWi-FiNEXTW06

最大通信速度:1,237Mbps
連続通信時間:9時間

固定回線にも並ぶ、モバイルWi-Fi・WiMAX業界初の1Gbps超えの最大速度を実現したW06。

電波受信の速度や安定度も従来のポケットWi-Fiより飛躍的に上昇しています。通信環境の良さ・通信速度などにこだわる場合は、こちらのモバイルWi-Fiがおすすめです。

バッテリーの持ちを重視する人に Speed Wi-Fi NEXT WX05

Speed Wi-Fi NEXT WX04

最大通信速度:440Mbps
連続通信時間:11.5時間

3,200mAhの大容量バッテリーに加え、切り忘れ防止タイマー機能や電池容量低下のお知らせ機能など、節電機能が充実しています。バッテリーの持ちで選ぶならこちらです。

また、LTE回線モードからの切り替え忘れを防ぐ「ワンタイム」機能もついているため、つい切り替えを忘れてしまう人にもおすすめです。

超高速通信が可能&薄型フォルム Speed Wi-Fi NEXT W05

  • WiMAX2+回線:○(対応)
  • LTE回線:○(対応)
  • 最大通信速度:758Mbps
  • 連続通信時間:10.5時間

東京など大都市圏では758Mbps、その他の地域でも558Mbpsと、全機種中で最高速度の通信ができるルーターです。動作はノーマル、ハイパフォーマンス、バッテリーセーブと3つのモードから選べ、電池の消費を抑えられます。

自宅利用が目的なら Speed Wi-Fi HOME L02

SpeedWi-FiHOMEL02

最大通信速度:1,000Mbps

こちらのWiMAX端末もW06と同じ日に発売の最新機種。最大1Gbpsという数値は光回線に並ぶ凄まじい通信速度です。

現在は東京都、埼玉県、大阪府、愛知県、宮城県の一部地区だけの対応で、LANケーブル接続が必須です。しかし、これから対応エリアは順次広がっていきますのでご心配なく。

最新機種は基本的に、従来機より性能が優れていることばかりなので、上記の対応エリアで選ぶと良いかもしれません。

電波の安定性なら Speed Wi-Fi HOME01

SpeedWi-FiHOME01

最大通信速度:440Mbps

HOME01は、最大速度こそ440Mbpsとあまり目立たないものの、電波の安定性ではHOME L02よりも優れていると言われています。

L02も、さきほどご紹介したエリア以外での最大速度は440Mbpsなので、上記のエリア以外にお住まいの方、または電波状況の悪いエリアにお住まいの方は、こちらのWiMAX機種のほうがおすすめです。

※画像はすべて公式ページより引用
※最大通信速度は、東京、大阪、名古屋などの都市部を中心とした地域での速度です。

かつては「WiMAX2+回線は地下や建物内ではつながりにくい」と言われていましたが、対応エリア拡大に伴い、現在では地下も含めた広いエリアで快適に利用できるようになりました。

さらにオプションでLTE回線も選択できることで、場所を気にせずに自由にネットが使えます。速度と広いエリアでのつながりやすさの両方を求める人は、WiMAX2+回線とLTE回線の組み合わせがおすすめです。

お得にWiMAX2+回線を使いたいなら、キャッシュバックが大きなGMOとくとくBBで申し込みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    Y!mobileは、2014年夏「イーモバイル」と「ウィルコム」が統合して誕生しました。その後、ソフ…
  2. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
  3. 通信制限なし
    データ通信制限とは?モバイルWi-Fiルーターがあれば、好きなだけ通信できるわけではありませ…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP