格安SIM,乗り換え,ランキング,おすすめ

格安スマホおすすめ8選!速さ・料金で比較ランキングを紹介!

少し前までは、スマホ購入というとauやドコモ、ソフトバンクなど、キャリアと呼ばれる携帯会社を選ぶ方がほとんど。しかし、キャリアは月額料金が高く、毎月の支払いに悩む方も多く見られました。

そんな中、最近人気を集めているのが「格安スマホ」。その名の通り、キャリアと比較して格安な料金で使えるスマホで、キャリアから乗り換える人が年々増えています。

しかし、いざ格安スマホに乗り換えようと思っても、格安スマホ会社の数の多さと良くわからないプラン内容に戸惑ってしまうことも。どれが良いのか比較しきれず、結局「また今度でいいか…」なんて諦めてしまった方もいるのではないでしょうか?

そこで、当サイトでは格安スマホに乗り換えたい方に向け、20社以上のプランを徹底比較し、速度やデータ容量別に厳選・比較したおすすめ格安スマホ比較ランキングを作成しました!

最初に「自分にぴったり合う格安スマホの比較の仕方」から説明していくので、格安スマホ初心者の方も納得して格安スマホを比較し最適なものを選べるかと思います。ぜひ参考にしてみてください。

もう格安スマホに関しては十分知識がある!という方は、こちらのボタンから比較ランキングをご覧ください。

通信速度・料金・機能性で徹底比較!
格安スマホおすすめランキングをチェック! 


格安スマホの選び方 ~速度・容量・料金の比較が鉄則~

格安スマホは、いわゆる「キャリア」と呼ばれる大手携帯電話会社のスマホと比較して、安い月額料金で利用することができるスマホを指します。

キャリアで契約するスマホの月額料金は毎月5,000円を超えることも珍しくなく、負担に感じている方も多いはず。

そんな中で、最近人気を集めているのが格安スマホです。このページを読んでいる方の中にも、格安スマホに乗り換えて月々の負担を減らしたい!と思っている方がほとんどではないでしょうか?

しかし、いざ格安スマホに乗り換えようと思っても、大きな壁となるのが格安スマホの種類の多さ

現在、格安スマホを取り扱っている会社は20社以上。それだけ格安スマホの需要が増えているということですが、さすがに20社以上もあると、全ての料金プランを比較して自分にあったものを見つけるのは至難の業です。

効率的に、かつ自分の望みに合った格安スマホを見つけるには、比較するポイントをしっかりと決めることが重要。しかし、比較するといっても、どのような観点を、どのような優先順位で比較すれば良いのか、なかなか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、当サイトでは格安スマホの最適な選び方や比較ポイントを説明、さらにおすすめの格安スマホを比較ランキングの形でご紹介致します。20社以上もの格安スマホ会社のプランを1つ1つ調べ、細かく比較した上でおすすめする比較ランキングなので、きっとスマホ選びの参考にしていただけるかと思います。

では、早速比較ポイントを見ていきましょう!

比較の最重要ポイントは格安スマホの通信速度

格安SIM,混雑,速度,遅い
格安スマホを比較する際にはとにかく安い料金に目がいきがちですが、まず比較すべきは通信速度です。

格安スマホはキャリアから通信回線を借りているため、通信回線のキャパシティがあまり大きくありません。そのため、たくさんのユーザーが同じタイミングでネットを使った場合、通信回線が混雑して速度が遅くなってしまいます。

そうなった場合、せっかくお金をだして契約しているのに、ネットも使えず全く意味がないことになりかねません。

確かに格安スマホの月額料金も重要ですが、まずは普段の通信速度がきちんと使えるレベルかどうかで比較することから始めるのがベストです。

格安スマホをどれだけ使いたい?データ容量も重要

速度を比較して使いやすそうな格安スマホ会社をピックアップしたら、次は自分が月々どれくらいのデータ容量を使用したいのかという観点で比較しましょう。

格安スマホは、500MBという低容量から、20GB、30GBという大容量まで取り揃えているため、キャリアと比較すると自分に合ったデータ容量を選びやすいのがポイント。

自分が使うデータ容量にぴったりあったプランを選ぶことで、月額料金を無駄にすることもなくなります。様々な格安スマホ会社を比較して、自分が使いたいデータ容量に合ったプランを探してみましょう。

比較の最終ポイントは月額料金!

データ容量を選んだら、あとは月額料金を比較するだけ!

同じ5GBのデータ容量でも、格安スマホ会社によっては音声通話機能がついていたり、カウントフリー機能がついていたりと、サービスによって月額料金が異なります。

データ容量の比較だけでなく、機能性も比較しながら格安スマホの料金を吟味するのがおすすめです。

おすすめの格安スマホをランキングで徹底比較!

先ほど説明しましたが、格安スマホはまず通信速度で比較するのが鉄則。しかし、自分で全ての格安スマホの速度を調べて比較するのは、非常に大変ですよね。

そこで、当サイトでは主要な格安スマホの1日の通信速度を実測し、速度比較表をまとめました。

特に混雑する昼(12:00~13:00のランチタイム)と夜(帰宅ラッシュの18:00~19:00)の速度を比較するのがポイント!この混雑時も問題なく通信できる格安スマホが、通信環境の良い格安スマホと言えます。

格安スマホ通信速度比較表 評価基準
4Mbps~ 高画質の動画視聴もOK
2Mbps~ 中画質の動画視聴はOK
1Mbps~ 軽いWEBサイトの閲覧は可能
× ~1Mbps LINEやメールは可能

▼格安スマホ通信速度比較表
※下の表は縦にスクロールできます。
※1つの格安スマホ会社で複数の通信回線を持っている場合は、下記の通り表示を分けています。
 A:au回線 D:ドコモ回線 S:ソフトバンク回線
会社名 12時台 17時台 18時台 19時台 20時台 21時台 22時台 23時台
UQ mobile
Y!mobile
U-mobile
b-mobile
(S)
BIGLOBE
(A)
mineo(D)
mineo(S)
楽天
モバイル(A)
スマモバ
BIGLOBE
(D)
楽天
モバイル(D)
IIJmio(A) ×
IIJmio(D)
DMM
mobile
×
エキサイト
モバイル
×
mineo(A) ×
NifMo ×
QTモバイル ×
DTI SIM
LINE
モバイル
× ×
OCN
モバイル
ONE
× ×
nuro
モバイル(D)
× ×
nuro
モバイル(S)
× ×
イオン
モバイル
× ×

参考:『SIMフリー完全ガイド』(晋遊舎)、『家電批評特別編集 Wi-Fi・格安SIM・タブレット最新デジタルのオススメがまるごとわかる本』(晋遊舎)、ネット上での口コミ・評価をもとに、独自の評価を加え、今回の比較表を作成しました。


この実測データをもとに比較し、当サイトでは通信環境が良いおすすめの格安スマホを下記の8つに絞り込みました。

▼おすすめ格安スマホ8選

UQ mobile 

uqmobile,コンテンツロゴ
auのグループ会社であるUQコミュニケーションズ株式会社が運営。
通信速度と使いやすい機能が人気の秘密!
通信回線
uqmobile,コンテンツロゴ
通信回線
auのグループ会社であるUQコミュニケーションズ株式会社が運営。
通信速度と使いやすい機能が人気の秘密!

▼料金プラン
①5分以内の電話を何回でもかけられる「おしゃべりプランS/M/L」
②1ヶ月間トータルで一定時間内は通話無料の「ぴったりプランS/M/L」

▼メリット
  • 安定した通信速度は業界トップクラス!
  • イチキュッパ割で、1年間ずっと基本料金1,000円/月の割引!
  • キャリア決済が可能。
  • メールアドレス(@uqmobile.ne.jp)を無料で利用可能、SMSは3円~30円/通から!
  • 余ったデータ容量を1ヵ月繰り越せる。
  • 高速モード・節約モードの2つのデータ通信方法でデータ容量の消費を最小限に!
  • 5分以内なら何度でも電話をかけ放題!

▼デメリット
     
  • 料金が比較的高め。
  •  
  • カウントフリー機能は無し。
  •  
  • データ通信専用SIMの取扱い無し。
  •  
  • 最低利用期間が2年間。

▼UQ mobile 料金プラン詳細
①おしゃべりプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
 
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料増量
オプション
家族割
1年目2年目~
プランS 2GB 国内
5分以内
何度でも
かけ放題
1,980円 2,980円※1 無料で
データ容量
2GB→3GB
※2
2回線目
以降
月額料金
-500円
プランM 6GB 2,980円 3,980円※1 無料で
データ容量
6GB→9GB
※2
プランL 14GB 4,980円 5,980円※1 無料で
データ容量
14GB→21GB
※2
※1. 2年目からはイチキュッパ割(1,000円/月の割引)が適用されなくなるため、1年目より月額料金が1000円アップ。
※2. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、送料オプションとして月額500円の料金が発生。
※既定の容量を超えて使用した場合と、節約モードを利用している場合は、最大300kbpsの速度制限。

②ぴったりプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
 
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料増量
オプション
家族割
1年目2年目~
プランS 2GB 国内
60分/月
(26ヶ月目以降30分/月)
1,980円 2,980円※3 無料で
データ容量
2GB→3GB
※4
2回線目
以降
月額料金
-500円
プランM 9GB 国内
120分/月
(26ヶ月目以降60分/月)
2,980円 3,980円※3 無料で
データ容量
6GB→9GB
※4
プランL 14GB 国内
180分/月
(26ヶ月目以降90分/月)
4,980円 5,980円※3 無料で
データ容量
14GB→21GB
※4
※3. 2年目からはイチキュッパ割(1,000円/月の割引)が適用されなくなるため、1年目より月額料金が1000円アップ。
※4. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、送料オプションとして月額500円の料金が発生。
※既定の容量を超えて使用した場合と、節約モードを利用している場合は、最大300kbpsの速度制限。




Y!mobile 

ワイモバイル,コンテンツロゴ
ソフトバンクが運営するサブブランド。
キャリアに劣らない通信速度とYahoo!利用者に嬉しいポイント特典に注目!
通信回線
ワイモバイル,コンテンツロゴ
通信回線
ソフトバンクが運営するサブブランド。
キャリアに劣らない通信速度とYahoo!利用者に嬉しいポイント特典に注目!

▼料金プラン
1回10分以内の無料通話がついたスマホプランS/M/L

▼メリット
  • 独自の特典として、Yahoo!プレミアムに無料で加入、Yahoo!Japanで使えるポイントの増加など。Yahoo!Japanを利用している人にとっては嬉しいサービス内容!
  • ワンキュッパ割で、1年間ずっと基本料金1,000円/月の割引!
  • メールアドレス(@ymobile.ne.jp)を無料で利用可能、SMSは3~30円/通から!
  • キャリア決済可能。
  • 10分以内なら何度でも電話かけ放題。
  • 有料オプションで、格安スマホ唯一の「電話回線を利用したかけ放題プラン」!仕事で電話を多く使う方は必見。

▼デメリット
  • 料金が比較的高め。
  • カウントフリー機能は無し。
  • データ容量の繰越や通信モードの変更はできない。
  • データ通信専用SIMの取扱い無し。
  • 最低利用期間が2年間。

▼Y!mobile 料金プラン詳細
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料 データ
増量
特典 家族割
初月2~
13ヶ月目
14ヶ月
以降
スマホ
プラン
S
2GB 国内通話
10分内
何度でも
かけ放題
2,980円 1,980円
※5
2,980円 無料で
データ容量
2GB→3GB
※6
2回線目
以降
月額料金
-500円
Yahoo!
プレミアム
特典
使い放題
スマホ
プラン
M
6GB 3,980円 2,980円
※5
3,980円 無料で
データ容量
6GB→9GB
※6
スマホ
プラン
L
14GB 5,980円 4,980円
※5
5,980円 無料で
データ容量
14GB→21GB
※6
※5. すべての契約者に適用される 「ワンキュッパ割」は、契約翌月から12ヵ月間継続。そのため、2~13ヶ月で1000円割引。
※6. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、増量オプションとして月額500円の料金が発生。
※既定の容量を超えて使用した場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに低速化。




BIGLOBEモバイル 

ビッグローブモバイル、コンテンツロゴ
大手インターネットプロバイダ、BIGLOBEが運営。
大人気のエンタメフリーオプションで動画・音楽聴き放題!
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
ビッグローブモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
大手インターネットプロバイダ、BIGLOBEが運営。
大人気のエンタメフリーオプションで動画・音楽聴き放題!

▼料金プラン
自分で好きなギガ数を選べる、音声通話+データ通信+SMS付きの「セレクトプラン」

▼メリット
  • 家電量販店に店舗あり。
  • シェアSIMで、1つのプラン契約で複数人とデータ容量を分け合える!
  • 余ったデータは翌月に繰越可能。
  • 「Gポイント」が貯まり、Amazonギフト券やiTunesカードなどに変えられる!
  • データ通信専用SIMの取扱いあり。
  • メールアドレス(@***.biglobe.ne.jp)無料で利用可能!SMSは3~30円/回から。

デメリット
  • 電話の〇〇分かけ放題は基本料金には含まれない。別料金でオプションが必要。
  • 通信速度が比較的遅い時間帯がある。
  • キャリア決済ができない。

BIGLOBEモバイル料金プラン詳細
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
料金プラン データ容量 通話料金 月額基本料 音声通話SIMのみ
申し込み特典
端末+音声通話SIM
申し込み特典
1ギガ
プラン
1GB 国内通話
9円/30秒
(専用アプリ必要)

国内通話10分
かけ放題
830円/月
1,400円
3ギガ
プラン
3GB 1,600円 6ヶ月間
月額基本料
-1200円/月

エンタメフリー特典
最大3ヶ月無料
24カ月間
端末料金
-600円(au回線)
-450円(ドコモ回線)

エンタメフリー特典
最大3ヶ月無料※
6ギガ
プラン
6GB 2,150円
12ギガ
プラン
12GB 3,400円
20ギガ
プラン
20GB 5,200円
30ギガ
プラン
30GB 7,450円
※4ヶ月目以降は、音声通話SIM向け480円/月の料金が発生します。



mineo 

 
マイネオ、コンテンツロゴ
関西電力グループのオプテージが運営。
3つのキャリアに対応したマルチな格安スマホ!
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
マイネオ、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
関西電力グループのオプテージが運営。
3つのキャリアに対応したマルチな格安スマホ!

▼料金プラン
音声通話+データ通信+SMSがついたプランA/D/S
(通信回線でA/D/Sが異なる)

▼メリット
  • 契約期間の縛りが無い!
  • キャリア決済が無料で使える(ドコモ回線のDプランのみ)。
  • メールアドレス(@mineo.jp)が無料で利用可能、プランに応じてSMSも3~30円/回で利用可能!
  • 音声通話は別料金がかかるが、専用アプリ「mineoでんわ」から発信すれば電話料が半額の10円/30秒に!
  • ユーザー同士の交流が活発。パケットギフトで通信容量を分けあえる!
  • 動画・音楽配信サービスにお得な月額料金で加入できる。
  • データ通信専用SIMの取扱いあり。

▼デメリット
     
  • アプリ「mineoでんわ」はIP電話なので、音声があまり良くない。
  • 電話の〇〇分かけ放題は基本料金には含まれない。別料金でオプションが必要。
  • 動画・音楽配信サービスにオプションで加入できるが、カウントフリーではない。
  • 店舗がない。
  • 混雑時の通信速度が不安定。

▼mineo料金プラン詳細
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
データ容量 通話料金 月額基本料 家族割引 複数回線
割引
au
(Aプラン)
ドコモ
(Dプラン)
ソフトバンク
(Sプラン)
500MB 国内通話
10円/30秒
(専用アプリ必要)

国内通話
10分かけ放題
850円/月
(専用アプリ必要)
1,310円 1,400円 1,750円 各回線
-50円/月※7
各回線
-50円/月※8
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円
※7. 主回線者から三親等以内であれば、離れて暮らす家族や姓が異なる家族も適応可能。最大5回線まで。
※8. 同一の契約者が複数回線を申し込んだ際に適用。最大10回線まで。




IIJmio 

みおふぉん、コンテンツ
株式会社インターネットイニシアティブ運営。
家族でシェアして使うならIIJmioがおすすめ!
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
みおふぉん、コンテンツ
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
株式会社インターネットイニシアティブ運営。
家族でシェアして使うならIIJmioがおすすめ!

▼料金プラン
複数のSIMを利用できるプラン「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」

▼メリット
  • SMSを3~30円/通で利用可能。
  • ファミリーシェアプラン(12GB)で、複数枚のSIMでデータ通信量のシェア可能!
  • データ通信専用SIMの取扱いあり。
  • dアニメストアやdマガジン等、コンテンツ配信サービスにお得な料金で加入可能。
  • 専用アプリを使って電話をかけると、通話料が10円/30秒に!
  • 最低利用期間は、音声通話機能付きの場合、12ヶ月間!

▼デメリット
  • 店舗がない。
  • 電話の〇〇分かけ放題は基本料金には含まれない。別料金でオプションが必要。
  • コンテンツ配信サービスにお得に加入できるが、カウントフリー機能はない。
  • 専用のメールアドレスが利用できない。Gmailなどのフリーアドレスが必要。
  • 混雑時の通信速度が不安定。
  • キャリア決済ができない。

▼IIJmio料金プラン詳細
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料 音声SIM
申し込み特典※
音声SIM+端末
申し込み特典※
ミニマム
スタートプラン
3GB 国内通話
10円/30秒

同一契約者名義間
8円 /30秒

10分電話かけ放題
830円/月

(※全て専用
アプリ使用)
1,600円 3ヶ月間
月額基本料金
-1,000円
キャンペーン
対象端末を
特別価格で提供
ライト
スタートプラン
6GB 2,220円
ファミリー
シェアプラン
12GB 3,260円
※量販店やネットショップなどで購入したパッケージを利用して申し込んだ場合には、キャンペーンは適応されません。



楽天モバイル 

楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ
楽天株式会社が運営!
楽天会員は月額料金もお得に!
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ キャリア、エーユー
楽天株式会社が運営!
楽天会員は月額料金もお得に!

▼料金プラン
①10分以内の国内通話かけ放題がついた「スーパーホーダイプランS/M/L/LL」
②好みのデータ通信容量を選べる「組み合わせプラン」

▼メリット
  • 楽天会員だと月額料金が割安に!
  • データ容量を使い切った後の制限速度が1Mbpsと、他の格安スマホより比較的早い。
  • 高速通信のON/OFFでデータ通信容量を節約可能。
  • 余ったデータは1ヵ月に繰越可能!
  • 最低利用期間を1年、2年、3年のうちから設定可能!(スーパーホーダイプランのみ)
  • スーパーホーダイで、専用アプリ「楽天でんわ」を利用すれば10分以内何度でもかけ放題!
  • メールアドレス(@rakuten.jp)を無料で利用可能。SMSは3~30円/通で利用可能!
  • データ専用SIMの取扱いあり。
  • 店舗あり。
  • キャリア決済可能。

▼デメリット
  • 店舗はあるが、店舗数が比較的少ない。また、店頭でのサポートは手薄。
  • 1つの契約プランで、複数のSIMカードを発行できない。
  • 通信速度が比較的不安定。

  ▼楽天モバイル料金プラン詳細
スーパーホーダイ(ドコモ回線のみ)
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料 長期割 楽天会員割
最低利用
2年間
最低利用
3年間
プランS 2GB 国内通話
10分以内
何度でも
かけ放題

(専用アプリ必要)
2,980円 2年間
-500円
2年間
-1,000円
2年間
-500円

ダイヤモンド会員
1年目
さらに-500円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円
※データ容量を使い切った後は、通信速度最大1Mbps。

組み合わせプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
ベーシックプラン 上限なし
(ただし通信速度200kbps)
国内通話
10円/30秒

国内通話
10分かけ放題
850円/月

(全て専用アプリ必要)
1,250円
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,150円
10GBプラン 10GB 2,960円
20GBプラン 20GB 4,750円
30GBプラン 30GB 6,150円




U-mobile 

Uモバイル、コンテンツロゴ
動画配信サービスで有名な株式会社U-NEXTが運営する格安スマホ!
通信回線
キャリア、ドコモ
Uモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
動画配信サービスで有名な株式会社U-NEXTが運営する格安スマホ!

▼料金プラン
段階制料金から定額まで、自分の好みに合わせて選べる音声通話付きプラン「通話プラス」
ソフトバンク回線でiPhone/iPadが使える「U-mobile S」というプランもありますが、データ通信SIM専用のプランのため、ここでは割愛しています。

▼メリット
  • 最低利用期間が最低6ヶ月からと比較的短め。
  • データ通信専用SIMの取扱いあり。
  • 「LTE使い放題」というデータ通信し放題のプランがある。
  • 通話専用アプリ「U-CALL」を利用すると電話料金が10円/30秒に。
  • SMSを3~30円/通で利用可能。
  • 音楽配信サービスUSENに加入可能。

▼デメリット
     
  • 電話の〇〇分かけ放題は基本料金には含まれない。別料金でオプションが必要。
  •  
  • 専用のメールアドレスが利用できない。Gmaiilなどのフリーアドレスが必要。
  • LTE使い放題プランでも、短期間で大容量のデータを送受信すると通信速度が制限され、LTE回線の利用もできなくなる可能性がある。
  • プラン間の変更ができない。
  • キャリア決済は使用できない。
  • 店舗があるが、数が少ない。

▼U-mobile料金プラン詳細
U-mobile 通話プラス
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
3GBプラン 3GB 国内通話
10円/30秒
(専用アプリ必要)
1,580円
5GBプラン 5GB 1,980円
LTE使い放題※9 上限なし 2,980円
LTE使い放題2※10 上限なし 2,730円
USEN MUSIC SIM※11 上限なし 2,980円
ダブルフィックス 3GB 通信量1GB以下
1,480円

通信量1GB超
1,780円
※9. 10. LTE使い放題とLTE使い放題2は、最低利用期間が6ヶ月か12ヶ月かの違いがあります。また、LTE使い放題プランは、LTEの利用を保証するものではありません。通信環境や利用端末によっては、LTE回線が利用できない場合もあります。
※11. USEN MUSIC SIMは、最初からUSEN MUSICオプションに加入したプランです。




DMMmobile 

DMMモバイル、コンテンツロゴ
合同会社DMM.comが運営する格安スマホ。
業界随一の細かなプランに注目!
通信回線
キャリア、ドコモ
DMMモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
合同会社DMM.comが運営する格安スマホ。
業界随一の細かなプランに注目!

▼料金プラン
①自分にあったデータ通信容量を選べる通話対応SIMプラン「シングルコース」
②1つのプランで複数枚のSIMカードをシェアできる「シェアコース」

▼メリット
  • SNSのカウントフリーで通信量を節約!
  • 余ったデータ容量は翌月に繰越可能。
  • 最低利用期間は1年間と比較的短め。
  • データ通信専用SIMの取り扱いあり。
  • 3~30円/通でSMSを知用可能。
  • 「シェアコース」で、1つの契約プランで複数SIMにデータ容量を分け合える。
  • 専用アプリ「DMMトーク」を利用すれば通話料10円/30秒。
  • 通信制限がかかっても、バースト機能で最初だけ高速通信が可能。

▼デメリット
     
  • 電話の〇〇分かけ放題は基本料金には含まれない。別料金でオプションが必要。
  • メールアドレスの提供がない。
  • キャリア決済ができない。

▼DMMmobile料金プラン詳細
シングルコース
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
ライト
プラン
国内通話
20円/30秒
1,140円
高速データ通信プラン 1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 3,980円
20GB 4,680円

シェアコース
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
データ
容量
通話
料金
通話SIM
1枚プラン
通話SIM
2枚プラン
通話SIM
3枚プラン
1GB※ 国内通話
20円/30秒
1,260円 1,960円 2,660円
2GB※ 1,380円 2,080円 2,780円
3GB※ 1,500円 2,200円 2,900円
5GB※ 1,910円 2,610円 3,310円
7GB※ 2,560円 3,260円 3,960円
8GB 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,980円 4,680円 5,380円
20GB 4,680円 5,380円 6,080円
※1GB~7GBでシェアコースを利用する場合、SIMを1枚追加するごとに300円/月の追加SIM利用料が発生。




また、8つのおすすめ格安スマホの料金プランについて、料金表をまとめました。

一般的に、スマホは5GB~15GBのデータ通信プランに契約している方が多く、格安スマホ会社も15GBくらいまでのプランを用意しているところが多いです。

そのため、格安スマホのデータ容量を「~3GBまでの小容量」「4GB~15GBの中容量」「16GB~の大容量」の3つに分類して料金表を作成しています。

※すべて音声通話+SMS付きSIMプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
▼~3GBまでの格安スマホ比較料金表

 
携帯会社 回線 500MB 1GB 2GB 3GB
UQ mobile au ¥1,980
(増量オプションで3GB!)
Y!mobile ソフト
バンク
¥1,980
(増量オプションで3GB!)
U-mobile ドコモ ¥880 ¥1,580
BIGLOBE au ¥1,600
ドコモ ¥1,600
mineo au ¥1,310 ¥1,510
ドコモ ¥1,400 ¥1,600
ソフト
バンク
¥1,750 ¥1,950
楽天モバイル
(スーパー
ホーダイ)
ドコモ ¥2,980
楽天モバイル
(組み合わせ)
ドコモ ¥1,600
au ¥1,600
DMM mobile ドコモ ¥1,260 ¥1,380 ¥1,500
IIJmio au
ドコモ

※すべて音声通話+SMS付きSIMプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
▼4GB~15GBの格安スマホ比較料金表

      
携帯
会社
回線 5GB 6GB 7GB 10GB 12GB 14GB 15GB
UQ mobile au ¥2,980
(増量オプションで9GB!)
¥4,980
(増量オプションで21GB!)
Y!mobile ソフトバンク ¥2,980
(増量オプションで9GB!)
¥4,980
(増量オプションで21GB!)
U-mobile ドコモ ¥2,980
BIGLOBE au ¥2,150 ¥3,400
ドコモ ¥2,150 ¥3,400
mineo au ¥2,190 ¥3,130
ドコモ ¥2,280 ¥3,220
ソフトバンク ¥2,630 ¥3,570
楽天
モバイル
(スーパー
ホーダイ)
ドコモ ¥3,980 ¥5,980
楽天
モバイル
(組み合わせ)
ドコモ ¥2,150 \2,960
au ¥2,150 \2,960
DMM mobile ドコモ ¥1,910 ¥2,560 ¥2,890 ¥3,980
IIJmio au ¥1,600 ¥2,220 ¥3,260
ドコモ ¥1,600 ¥2,220 ¥3,260

※すべて音声通話+SMS付きSIMプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
▼16GB~の格安スマホ比較料金表

携帯会社 回線 20GB 24GB 30GB
UQ mobile au
Y!mobile ソフトバンク
U-mobile ドコモ ¥4,980
BIGLOBE au ¥5,200 ¥6,450
ドコモ ¥5,200 ¥6,450
mineo au ¥4,590 ¥6,510
ドコモ ¥4,590 ¥6,510
ソフトバンク ¥4,590 ¥6,510
楽天モバイル
(スーパー
ホーダイ)
ドコモ \6,980
楽天モバイル
(組み合わせ)
ドコモ ¥4,750 ¥6,150
au ¥4,750 ¥6,150
DMM mobile ドコモ ¥3,980 ¥4,680
IIJmio au
ドコモ


比較料金表を見ていただいてわかる通り、この8つのおすすめ格安スマホの中でも、データ容量や料金の幅はかなり広く、機能もそれぞれ独自のメリットを持っています。ぱっと見ただけでは、どの格安スマホが良いか比較しても決めきれないという方もいるでしょう。

そこで当サイトでは、この8つの格安スマホ会社をデータ容量別に以下の3つに分け、「速度」「料金」「機能性」の3つの比較項目に基づいておすすめ比較ランキングを作成しました。

  • スマホはあまり使わない方向け!3GB以下の比較ランキング
  • 大多数の方がこのプラン!4~15GBの比較ランキング
  • ヘビーユーザーはこちら!15GB以上の大容量比較ランキング

一般的に、スマホは5GB~15GBのデータ通信プランに契約している方が多いです。しかし、家でWi-Fiを使っていることが多い方や、テザリングを使って仕事をしたいという方は、データ使用量が少ないものや大容量のものが良いという場合もあるでしょう。

格安スマホ会社も、15GBほどまでのプランを用意しているところが多いですが、いくつかの会社は1GB以下の小容量を用意していたり、20GB、30GBなどの大容量プランを用意していたりします。それぞれの好みに合った比較ランキングをチェックし、自分に合う格安スマホ会社を比較してみてください!

データ容量別!比較ランキング


スマホはあまり使わない方向け!3GB以下の低容量比較ランキング

まずは、低容量の格安スマホ比較ランキングです。普段スマホを使うことが比較的少ないお父さん・お母さんや、初めてスマホを持つお子さんなどに向いているでしょう。

また、低容量の格安スマホはその分月額料金も抑えられるので、スマホ代を安く抑えたい方にもぴったりです。

低容量比較ランキング1位 mineo
マイネオ、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金 ずっと1,600円!
通信速度 料金 機能性


マイネオ、コンテンツロゴ
通信速度 料金 機能性
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金 1,600円!

mineoの格安スマホは
こんな人に向いている!

格安スマホでもキャリアと比較して変わらないサービスを利用したい人

コスパを重要視する人


格安SIMアワード2018年下半期 総合満足度最優秀賞!
通信速度測定アプリ「RBB SPEED TEST」のユーザー投票による格安SIMアワードにおいて、2018年下半期に「コストパフォーマンス部門」「ブランドイメージ部門」「利用サポート部門」、「総合満足度」で最優秀賞を受賞

ユーザーも納得の優れたコスパなのに、キャリア決済やメールアドレス、SMSなど、キャリアとそこまで大きく機能面が変わらない点に注目!

また、3つのキャリアに対応しているため、格安スマホへの乗り換えが比較的簡単!

データ容量プランを見てみると、低容量向けには500MBと3GBが揃っており、子供に初めてのスマホを持たせる時に500MBのデータ容量のプランを選ぶと良いでしょう。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

mineo契約者向け スマートフォン・タブレット買い取りサービス

mineo契約者なら、最終査定額にプラス3000円!(正常に可動するものに限る)

■対象
mineo契約の上、買い取りサービスへ申し込んだユーザー
■期間
2019年10月1日(火)まで

家族割引

家族で契約した場合、各回線の基本料金から、最大5回線まで50円割引!
住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族・姓が違う家族も割引可能!

■対象
mineoの主回線者から三親等以内の契約者(5回線まで)
■期間
無期限

複数回線割引

同一契約者が複数回線を契約した場合、各回線の基本料金から、最大10回線まで50円割引!

■対象
mineoの契約者が契約する10回線まで。なお、同一回線での家族割引との併用はできません。
■期間
無期限


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
データ容量 通話料金 月額基本料 家族割引 複数回線
割引
au
(Aプラン)
ドコモ
(Dプラン)
ソフトバンク
(Sプラン)
500MB 国内通話
10円/30秒
(専用アプリ必要)

国内通話
10分かけ放題
850円/月
(専用アプリ必要)
1,310円 1,400円 1,750円 各回線
-50円/月※12
各回線
-50円/月※13
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円
※12. 最大5回線まで。主回線者から三親等以内であれば、離れて暮らす家族や姓が異なる家族も適応可能。
※13. 最大10回線まで。同一の契約者が複数回線を申し込んだ際に適用。


低容量比較ランキング2位 U-mobile
Uモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金 ずっと1,580円!
通信速度 料金 機能性


Uモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金 ずっと1,580円!

U-mobileの格安スマホは
こんな人に向いている!

通信速度を重要視する人

電話はあまり使わない人


最低利用期間が最低6ヶ月なので、乗り換えがしやすい利便性の高い格安スマホ!

通信速度の速さもポイントで、あまり知られていないながらストレス無く使えると隠れた人気のある格安スマホブランドです。

しかし、キャリア決済なし、プラン間の変更ができないなど、機能・契約面ですこし不便な面があるので、契約時に注意が必要です。

お得な特典・キャンペーン

お得な特典・キャンペーン

なし

料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※ソフトバンク回線でiPhone/iPadが使える「U-mobile S」というプランもありますが、データ通信SIM専用のプランのため、ここでは割愛しています。

U-mobile 通話プラス
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
3GBプラン 3GB 国内通話
10円/30秒
(専用アプリ必要)
1,580円
5GBプラン 5GB 1,980円
LTE使い放題※14 上限なし 2,980円
LTE使い放題2※15 上限なし 2,730円
USEN MUSIC SIM※16 上限なし 2,980円
ダブルフィックス 3GB 通信量1GB以下
1,480円

通信量1GB超
1,780円
※14. 15. LTE使い放題とLTE使い放題2は、最低利用期間が6ヶ月か12ヶ月かの違いがあります。また、LTE使い放題プランは、LTEの利用を保証するものではありません。通信環境や利用端末によっては、LTE回線が利用できない場合もあります。
※16. USEN MUSIC SIMは、最初からUSEN MUSICオプションに加入したプランです。



低容量比較ランキング3位 DMM mobile
DMMモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金ずっと 1,500円!
通信速度 料金 機能性


DMMモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線/データ容量3GBで…
月額料金ずっと 1,500円!

DMMmobileの格安スマホは
こんな人に向いている!

月額料金の安さを重要視したい人


J.Dパワーによる「2017年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査」第1位!

ユーザーが選びやすい細かなデータ容量プランと安い料金が人気の鍵!

DMMmobileは、今回比較する格安スマホの中でも圧倒的なプランの充実度を見せる格安スマホ。1GB、2GBと細かくプランが分かれているため、無駄なお金を払わなくてすみます。

また、シェアコースで複数SIMを契約し、家族全員でデータ容量をシェアすることも可能!1人で少ないデータ量を契約して安く使うも良し、大きなデータ量を契約して家族全員で使うも良しのマルチに対応できる格安スマホです

ただし、電話やSMSが無料ではない、また通信速度が不安定という点がマイナスポイント。そこそこ使える格安スマホの中で、とにかく安いものが良い!という人にはぴったりです。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

利用者特典!利用金額の10%をDMMポイントで還元

スマホの新規契約やSIM発行手数料、月額基本料金、通話料、SMS送信料などに対して、毎月10%がDMMポイントとして還元されます。
DMMポイントは、動画やゲーム、通販や電子書籍などのサービスで利用できます。

■対象
DMM mobileの利用手続きが完了している方、かつ月々の支払いが完了している方
■期間
DMMmobileに契約している間

新規契約手数料0円!お得にスタートキャンペーン

通常、契約手数料として3,240円(税込)かかるところ、キャンペーン期間中は新規契約手数料0円お申し込みが可能!

■対象
キャンペーン期間内に新規申し込みした方、かつ初回基本料金の起算日が含まれる月を1ヶ月目として、4ヶ月目の1日時点で契約を継続している方
■期間
2019年7月9日(火)14:00 ~ 2019年8月26日(月)13:59


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

シングルコース
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
ライト
プラン
国内通話
20円/30秒
1,140円
高速データ通信プラン 1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 3,980円
20GB 4,680円

シェアコース
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
データ
容量
通話
料金
通話SIM
1枚プラン
通話SIM
2枚プラン
通話SIM
3枚プラン
1GB※ 国内通話
20円/30秒
1,260円 1,960円 2,660円
2GB※ 1,380円 2,080円 2,780円
3GB※ 1,500円 2,200円 2,900円
5GB※ 1,910円 2,610円 3,310円
7GB※ 2,560円 3,260円 3,960円
8GB 2,680円 3,380円 4,080円
10GB 2,890円 3,590円 4,290円
15GB 3,980円 4,680円 5,380円
20GB 4,680円 5,380円 6,080円
※1GB~7GBでシェアコースを利用する場合、SIMを1枚追加するごとに300円/月の追加SIM利用料が発生。


ランキングトップに戻る 

大多数の方がこのプラン!4~15GBの比較ランキング

次に、多くの方が加入する4~15GBの格安スマホ比較ランキングです。

毎日の生活の中で使うからこそ、通信速度に注目して選びたいところ。また、料金と機能性のバランスもよく比較して自分にあったものを選ぶことがオススメです。

中容量比較ランキング1位 UQ mobile
uqmobile,コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー
au回線/データ容量6GB(オプションで9GB)
キャンペーン(中古マンスリー割・家族割)適用で…
月額料金(1年目) 1,980円!
通信速度 料金 機能性


uqmobile,コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー
通信速度 料金 機能性
au回線/データ容量6GB(オプションで9GB)
キャンペーン(中古マンスリー割・家族割)適用で…

月額料金(1年目) 1,980円!

UQ mobileの格安スマホは
こんな人に向いている!

通信速度を重要視する人

データ通信をたくさんしたい人


有名比較サイト「価格.com」、世界的市場調査会社「J.Dパワー」、モバイル分野の専門家「MMD研究所」の3つの顧客満足度調査で3冠達成!
キャリアと比較してもほとんど変わらない使い心地といったらUQmobile!

auのグループ会社が運営しており、通信速度の安定感は数ある格安スマホを比較する中でもトップクラス。通信モードを「節約モード」にすることで、低速通信になる代わりにデータ消費量がゼロになるため、データ消費量の節約が可能。しかも、余ったデータ容量は翌月に繰り越せる!

中容量ながら、スマホで悩みがちな「データ容量の上限」を解決できる機能性の高い格安スマホです。

ネックは、月額料金が他社の格安スマホと比較して少し高額な点。とは言え、通信速度・機能性を考えると、少し高くても契約する価値は十分にあります!

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

Web限定!キャッシュバックキャンペーン

プランS:8,000円プラン、M:9,000円、プランL:10,000円のキャッシュバック!

■対象
Webフォームから、クレジットカードで支払いを選択した方
■期間
終了未定

Web限定!初期費用0円キャンペーン

送料・SIM代金・代引き手数料など通常3,800円かかる初期費用が、今なら無料

■対象
特定の端末をセットで、「おしゃべり/ぴったりプラン MもしくはL」にお申し込みの方(※)、もしくはSIM単体申し込みの方(すべてのプランが対象)
■期間
終了未定

※対象の端末:Galaxy A30、nova lite 3、AQUOS sense2、R17 Neo、AQUOS sense、P20 lite、DIGNO W、おてがるスマホ01、DIGNO Phone

中古マンスリー割(旧スマセレ割)

iPhoneをお使いの方のうち、SIMのみ申込み(新規・MNP)の方に、2年間全プラン一律-500円、合計-12,000円の割引!さらに、特定の中古スマホをプレゼント!(※)


■対象
SIMのみの申込みのユーザー。キャッシュバックとの併用は不可!
■期間
終了未定

※プレゼント対象のスマホ端末は、後日UQ mobileより連絡されます。この中古スマホを必ず使う必要はありません。


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

▼UQ mobile 料金プラン詳細
①おしゃべりプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
   
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料増量
オプション
キャンペーン 最安
料金
1年目2年目~家族割中古マンスリー割
プランS 2GB 国内
5分以内
何度でも
かけ放題
1,980円 2,980円
※17
無料で
データ容量
2GB→3GB
※18
2回線目
以降
月額
-500円
2年間
月額
-500円
980円
プランM 6GB 2,980円 3,980円
※17
無料で
データ容量
6GB→9GB
※18
1,980円
プランL 14GB 4,980円 5,980円
※17
無料で
データ容量
14GB→21GB
※18
3,980円
※17. 2年目からはイチキュッパ割(1,000円/月の割引)が適用されなくなるため、1年目より月額料金が1000円アップ。
※18. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、送料オプションとして月額500円の料金が発生。 ※既定の容量を超えて使用した場合と、節約モードを利用している場合は、最大300kbpsの速度制限。

②ぴったりプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
 
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料増量
オプション
キャンペーン 最安
料金
1年目2年目~家族割中古マンスリー割
プランS 2GB 国内
60分/月
(26ヶ月目
以降
30分/月)
1,980円 2,980円
※19
無料で
データ容量
2GB→3GB
※20
2回線目
以降
月額
-500円
2年間
月額
-500円
980円
プランM 9GB 国内
120分/月
(26ヶ月目
以降
60分/月)
2,980円 3,980円
※19
無料で
データ容量
6GB→9GB
※20
1,980円
プランL 14GB 国内
180分/月
(26ヶ月目
以降
90分/月)
4,980円 5,980円
※19
無料で
データ容量
14GB→21GB
※20
3,980円
※19. 2年目からはイチキュッパ割(1,000円/月の割引)が適用されなくなるため、1年目より月額料金が1000円アップ。
※20. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、送料オプションとして月額500円の料金が発生。
※既定の容量を超えて使用した場合と、節約モードを利用している場合は、最大300kbpsの速度制限。



中容量比較ランキング2位 Y!mobile
ワイモバイル,コンテンツロゴ
通信回線
ソフトバンク回線/データ容量6GB(9GB)
家族割・SIM単体契約特別割引適用で…
月額料金(1年間) 1,880円!
通信速度 料金 機能性


ワイモバイル,コンテンツロゴ
通信回線
通信速度 料金 機能性
ソフトバンク回線/データ容量6GB(9GB)
家族割・SIM単体契約特別割引適用で…

月額料金(1年間) 1,880円!

Y!mobileの格安スマホは
こんな人に向いている!

通信速度を重要視する人

Yahoo!Japanのサービスをよく利用する人


日本最大級の顧客満足度調査、サービス産業生産性協議会によるJCSI(日本版顧客満足度指数)で、スマホ満足度3年連続1位(2016年~2018年)!

ソフトバンクのサブブランドだけあって、通信環境の安定感はUQ mobileと並んでトップクラス!ストレスなく格安スマホを使いたい人は、Y!mobileは非常におすすめ。

また、通話は無料で10分間何度でもかけ放題。仕事で長い時間通話することが多いという方などは、オプションで「スーパーだれとでも定額」をつけて通話時間も回数も無制限に!

Y!mobileも、他の格安スマホと比較して月額料金が多少高額ですが、やはり通信速度が格安スマホの中では抜群に良いということで、おすすめ第2位としています。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

下取りプログラム

新規契約・MNP乗り換えの方を対象に、それまで利用していた端末を下取りして月額料金から割引!

■対象
新規、もしくはMNPでスマホプランS/M/Lに契約した方
■期間
終了未定

SIM単体契約特別割引

新規契約・MNP乗り換えで音声通話機能付きSIMに契約したユーザーは、スマホプランM/Lの場合は-600円、スマホプランSの場合は-400円を月額基本料金か24ヶ月の間割り引き!

■対象
新規、もしくはMNPでスマホプランS/M/Lに契約した方
■期間
終了未定

Web限定!Yahoo!Japanで使えるTポイント最大10,000ポイントプレセント!

特定の端末とセットでスマホプランS・M・Lに契約した方は、Yahoo!ショッピングやLOHACO(通販サイト)で1ポイント1円として使えるボイントを下記の通りゲットできます。さらに、5のつく日は追加で+5,555ポイントをゲット!

スマホプランSの場合:5,000ポイント、スマホプランMの場合:7,000ポイント、スマホプランLの場合:10,000ポイント


■対象
Web申込みページから、新規・他社からの乗り換え(MNP)でY!mobileのスマホプランに契約した方
ソフトバンクからの乗り換えは対象外なので注意!

■期間
終了未定

SIMのみ申し込みの方 ヤフオク!で使えるクーポン最大15,000円分プレゼント!

スマホプランM/Sの場合:10,000円分OFFクーポン、スマホプランLの場合:15,000円分OFFクーポンをゲット。ただし、他とのクーポン併用は不可!


■対象
Web申込みページから、新規・他社からの乗り換え(MNP)でSIMのみの申し込みでスマホプランに契約した方
■期間
終了未定

必見の特典!Yahoo!プレミアムを無料で利用可能!

Y!mobileに契約している方は、本来月額462円かかるところ、無料でYahoo!プレミアムを利用可能。Yahoo!ショッピングで得られるポイントが5倍、人気飲食店のクーポン、雑誌や漫画のコンテンツサービスを使い放題!


■対象
Y!mobileのスマホプランS/M/Lに加入している方
■期間
終了未定


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
料金
プラン
データ
容量
無料
通話
月額基本料 データ
増量
キャンペーン 最安
料金
初月 2~
13ヶ月
14ヶ月
以降
家族割 SIM単体
スマホ
プラン
S
2GB 10分
以内
何度でも
かけ放題
2,980円 1,980円
※21
2,980円 無料で
データ容量
2GB→3GB
※22
2回線
以降
月額
-500円
24ヶ月
-400円
1,080円
スマホ
プラン
M
6GB 3,980円 2,980円
※21
3,980円 無料で
データ容量
6GB→9GB
※22
24ヶ月
-600円
1,880円
スマホ
プラン
L
14GB 5,980円 4,980円
※21
5,980円 無料で
データ容量
14GB→21GB
※22
24ヶ月
-600円
3,880円
※21. すべての契約者に適用される 「ワンキュッパ割」は、契約翌月から12ヵ月間継続。そのため、2~13ヶ月で1000円割引。
※22. 「増量オプション」(月額500円)の無料キャンペーンは2年間のみ。26ヶ月目からは、増量オプションとして月額500円の料金が発生。
※既定の容量を超えて使用した場合、当月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに低速化。



中容量比較ランキング3位 IIJmio
みおふぉん、コンテンツ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量6GB
夏トク!キャンペーン適用で…
月額料金(3ヶ月間) 1,220円!
通信速度 料金 機能性


みおふぉん、コンテンツ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線/データ容量6GB
夏トク!キャンペーン適用で…

月額料金(3ヶ月間) 1,220円!

IIJmioの格安スマホは
こんな人に向いている!

家族でお得に格安スマホを使いたい人


国内MVNO市場におけるSIMカード契約数シェアNo.1!(MM総研調べ)
コスパ重視のユーザーに圧倒的に支持される格安スマホといったらIIJmio!

IIJmioは、5GB、6GB、12GBと中容量のプランが充実しているところがポイント。また、プラン料金も比較的安めなので、コスパよく格安スマホを持ちたい方にはぴったりです。

特に12GBのプランでは、最大10枚までSIMを発行することができるので、1つの契約だけで家族全員シェアすることが可能。また、家族間で電話専用アプリ「みおふぉんダイアル」を使って電話をすると、通話料20円/30秒のところ8円/30秒となり、さらにお得です。

IIJmioには、格安スマホ初心者の方でも迷わず格安スマホを替えるように、スマホ端末+3GBのプラン+音声通話かけ放題で月額1,880円~にできる「コミコミセット」が用意されています。どれにすればよいか悩んだ人は、とりあえずコミコミセットを選んでみるというのもおすすめです。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

夏トク!キャンペーン

通常3000円かかる初期費用が1円!さらに月額料金3ヶ月-1,000円!

特典1 初期費用3,000円(税抜)を1円で提供。

■対象
データ通信専用SIM、SMS機能付きSIM、音声通話機能付きSIM(みおふぉん)に申し込んだ方
■期間
2019年7月4日(木)~2019年9月30日(月)23:59まで


特典2利用開始月の翌月から3ヵ月間、月額料金を1,000円割引。

■対象
音声通話機能付きSIM(みおふぉん)に申し込んだ方
■期間
2019年7月4日(木)~2019年9月30日(月)23:59まで

※量販店やIIJmio以外のネットショップなどで購入したパッケージを利用した申込みの場合、コミコミセットをお申し込みの場合は、夏トク!キャンペーンの対象外


夏トク!音声セットでスマホ大幅割引

新規でIIJmioの音声通話機能付きSIMとキャンペーン対象端末をセットで購入した場合、端末を特別価格で購入できる!

■対象
新規でIIJmioの音声通話機能付きSIMと対象端末(※)をセットで購入した方
■期間
2019年7月4日(木)~2019年7月31日(水)23時59分まで

※対象端末:HUAWEI P20 lite、OPPO AX7、motorola moto g7、SHARP AQUOS sense2 SH-M08、ASUS ZenFone Max Pro (M2)、motorola moto g7 plus、OPPO R17 Pro、ASUS ZenFone 5Z、SHARP AQUOS zero SH-M10
※量販店やIIJmio以外のネットショップなどで購入したパッケージを利用した申込みの場合、コミコミセットをお申し込みの場合は、本キャンペーンの対象外

夏トク!音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン

新規でIIJmioの音声通話機能付きSIMとIIJmioサプライサービスのキャンペーン対象端末を同時にお申し込みの場合、”選べるe-GIFT” (※)を最大10,000円分プレゼント。

※e-GIFTとは、Amazonギフト券やiTunesカードなど、様々な電子マネーに変換できるギフト券のこと。音声SIMを新規で1回線申込みにつき、e-GIFTを 1台分プレゼント。

■対象
新規でIIJmioの音声通話機能付きSIMと対象端末を同時に申し込んだ方
■期間
2019年7月4日(木)~2019年9月30日(月)23:59まで

※量販店やIIJmio以外のネットショップなどで購入したパッケージを利用した申込みの場合、コミコミセットをお申し込みの場合は、本キャンペーンの対象外


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料 キャンペーン 最安
料金
ミニマム
スタートプラン
3GB (全て専用アプリ
使用の場合)

通話料金
10円/30秒

同一契約者
名義間
8円 /30秒

10分電話
かけ放題
830円/月
1,600円 3ヶ月間
月額
-1,000円
3ヶ月間
600円
ライト
スタートプラン
6GB 2,220円 夏トク!
キャンペーンで
3ヶ月間
1,220円
ファミリー
シェアプラン
12GB 3,260円 3ヶ月間
2,260円
※量販店やネットショップなどで購入したパッケージを利用して申し込んだ場合には、キャンペーンは適応されません。


ランキングトップに戻る 

ヘビーユーザーはこちら!15GB以上の大容量比較ランキング

最後に、ヘビーユーザー向けに15GBの大容量比較ランキングの紹介です。

スマホで動画を見ることが多い方や、仕事で外出中にテザリングを利用する方などは、データ大容量の格安スマホが必要になることもあるでしょう。

データ大容量の格安スマホは、キャリアと比較しても月額料金があまり変わらないものが多いです。しかし、格安スマホならではのカウントフリー機能やSIMシェア機能など、便利な機能がポイントになっています。

大容量比較ランキング1位 BIGLOBEモバイル
ビッグローブモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量20GB
キャンペーン割引適用で…
月額料金(6ヶ月間) 4,000円!
通信速度 料金 機能性


ビッグローブモバイル、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線/データ容量20GB
キャンペーン割引適用で…

月額料金(6ヶ月間) 4,000円!

BIGLOBEモバイルの格安スマホは
こんな人に向いている!

動画・音楽をたくさん楽しみたい人


エンタメといったらBIGLOBEモバイル!
国内MVNOではじめて提携企業とのカウント・フリーを始めた革新的な格安スマホ!Gポイントを利用して月額料金をお得にできる点も注目!

BIGLOBEモバイル最大の特長は、充実したカウントフリー機能、「エンタメフリー」を利用できる点。YoutubeからApple Music、Abema TVなど、動画・音楽のコンテンツ配信サービスをデータ消費ゼロで使い放題!キャリアと比較しても、この高い機能性は非常に魅力的です!

通信速度も格安スマホの中では比較的速いため、30GBのプランに契約してテザリングを使用するのも良いでしょう。

また、BIGLOBEモバイルは月額利用料の0.5%~1%がGポイントとして還元されます。
Gポイントは、1Gポイント=1円として利用でき、BIGLOBEモバイルの月額利用料の支払いにも使うことが可能! ポイントを使って月額料金を安くすることができるのは非常に助かりますね。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

音声通話SIMに申し込みの方に!月額料金値引き&エンタメフリー特典最大3ヶ月無料!

音声通話SIMで3GB以上のプランに申し込んだ方に、6ヶ月間月額料金-1,200円の値引き。また、エンタメフリーオプションに同時に申し込んだ場合には、最大3ヶ月オプション料金が無料!

■対象
音声通話SIMで3GB以上のプランに申し込んだ方
■期間
2019年7月1日(月)~2019年9月1日(日) 23:59

端末もセットで購入の方はこちら!端末料金割引&Gポイントプレゼント&エンタメフリー特典!

特典1 所定のスマホ端末と音声通話SIMの3GB以上のプランに申し込んだ場合、24ヶ月間端末料金最大-600円割引

■対象
所定のスマホ端末と音声通話SIMの3GB以上のプランに申し込んだ方
■期間
2019年7月1日(月)~2019年9月1日(日) 23:59

特典2 音声通話SIMで3GB以上のプランとAQUOS sense2 SH-M08の端末をセットで申し込んだ方に、2,000Gポイントプレゼント

■対象
音声通話SIMで3GB以上のプランと、スマホ端末「AQUOS sense2 SH-M08」をセットで申し込んだ方
■期間
2019年7月1日(月)~2019年9月1日(日) 23:59

特典3 エンタメフリーオプションに同時に申し込んだ場合、最大3ヶ月オプション料金が無料

■対象
音声通話SIMで3GB以上のプランとスマホ端末をセットで申し込んだ方のうち、エンタメフリーオプションに同時に申し込んだ方
■期間
2019年7月1日(月)~2019年9月1日(日) 23:59


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。 また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
料金プラン データ
容量
通話料金 月額
基本料
音声通話SIMのみ
申し込み特典
端末+音声通話SIM
申し込み特典
最安
料金
1ギガプラン 1GB 9円/30秒
(専用アプリ
必要)

10分
かけ放題
830円/月
1,400円
3ギガプラン 3GB 1,600円 6ヶ月間
月額基本料
-1200円/月

エンタメフリー
最大3ヶ月無料
24カ月間
端末料金
-600円(au回線)
-450円(ドコモ回線)

エンタメフリー
最大3ヶ月無料
6ヶ月間
400円
6ギガプラン 6GB 2,150円 6ヶ月間
950円
12ギガプラン 12GB 3,400円 6ヶ月間
2,200円
20ギガプラン 20GB 5,200円 6ヶ月間
4,000円
30ギガプラン 30GB 7,450円 6ヶ月間
6,250円



大容量比較ランキング2位 mineo
マイネオ、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線/データ容量20GBで…
月額料金ずっと 4,680円!
通信速度 料金 機能性


マイネオ、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線/データ容量20GBで…
月額料金ずっと 4,680円!

mineoの格安スマホは
こんな人に向いている!

家族や友人とデータをシェアしたい人


ユーザー同士でデータ容量を分け合える! データ大容量でもまだ足りないヘビーユーザーは、mineoのフリータンク機能でデータ通信容量を増やして利用可能

mineoの便利な機能として、mineoユーザーの家族や友人に余ったデータ通信量を分けてあげる「パケットギフト」、mineoユーザー同時でデータ通信量をシェアできる「フリータンク」があります。

データ通信量が足りなくなったときにもらうことはもちろん、余ってしまった時も自分のデータ通信量を分け与えることが可能。

家族で使う際には誰か一人が大容量プランに契約していれば、他の家族は低容量プランで契約してデータ通信量が足りなくなった場合にシェアしあうことができます。

20GBの月額料金は比較的安めですが、30GBになると他の格安スマホと比較して月額料金が高額になってしまうため、コスパを重視したい人は注意が必要です。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

mineo契約者向け スマートフォン・タブレット買い取りサービス

mineo契約者なら、最終査定額にプラス3000円!(正常に可動するものに限る)

■対象
mineo契約の上、買い取りサービスへ申し込んだ方
■期間
2019年10月1日(火)まで

家族割引

家族で契約した場合、各回線の基本料金から、最大5回線まで50円割引!住所が同一の家族だけでなく、離れて暮らす家族・姓が違う家族も割引可能!

■対象
mineoの主回線者から三親等以内の契約者(5回線まで)
■期間
無期限

複数回線割引

同一契約者が複数回線を契約した場合、各回線の基本料金から、最大10回線まで50円割引!

■対象
mineoの契約者が契約する10回線まで。なお、同一回線での家族割引との併用はできません。
■期間
無期限


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
データ容量 通話料金 月額基本料 家族割引 複数回線
割引
au
(Aプラン)
ドコモ
(Dプラン)
ソフトバンク
(Sプラン)
500MB 国内通話
10円/30秒
(専用アプリ必要)

国内通話
10分かけ放題
850円/月
(専用アプリ必要)
1,310円 1,400円 1,750円 各回線
-50円/月※23
各回線
-50円/月※24
3GB 1,510円 1,600円 1,950円
6GB 2,190円 2,280円 2,630円
10GB 3,130円 3,220円 3,570円
20GB 4,590円 4,680円 5,030円
30GB 6,510円 6,600円 6,950円
※23. 主回線者から三親等以内であれば、離れて暮らす家族や姓が異なる家族も適応可能。最大5回線まで。
※24. 同一の契約者が複数回線を申し込んだ際に適用。最大10回線まで。


大容量比較ランキング3位 楽天モバイル
楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
ドコモ回線(スーパーホーダイ)/データ容量24GB
長期割・楽天ダイヤモンド会員割で…
月額料金(1年目) 4,980円!
通信速度 料金 機能性


楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ
通信回線
キャリア、エーユー キャリア、ドコモ
通信速度 料金 機能性
ドコモ回線(スーパーホーダイ)/データ容量24GB
長期割・楽天ダイヤモンド会員割で…

月額料金(1年目) 4,980円!

楽天モバイルの格安スマホは
こんな人に向いている!

楽天会員の人

比較的長期間の契約を考えている人


楽天ユーザーは大注目!月額料金の割引&月額料金の支払いでポイントも貯まる、一石二鳥な格安スマホ!

MMD研究所の「2019年通信乗り換えに関する調査」で、乗り換えたい通信サービス第1位、同社の「格安SIMサービスの利用動向調査」で、メインで利用している格安SIMサービス第1位
ユーザー満足度が高く、利用者の多い楽天会員はお得な特典満載の格安スマホです。

楽天が運営している格安スマホということもあり、楽天会員は月額料金の割引や、月額料金の支払いでポイントが使えるなど、お得に利用することができます。

また、「スーパーホーダイ」プランに加入した場合、データ容量を使い切ったあとも最大1Mbpsで通信可能。データを使い切った際の最低速度としては、他の格安スマホと比較すると非常に速い!データ容量の上限をあまり気にせずに利用できるのがメリットです。

スーパーホーダイの契約期間は1年~3年の間から選ぶことができ、契約期間の長さに応じて月額料金の「長期割引」の金額が変わります。3年を選択した場合には、2年間ずっと1,000円割引!長く使う人は、その分お得に使えるのです。

お得な特典・キャンペーン! 

お得な特典・キャンペーン! 

Web・ショップ限定!人気スマホ端末をお買い得価格で購入可能!

Web申し込み、もしくはショップでスマホ端末を購入する場合、所定の端末をお買い得価格で購入できます。

■対象
キャンペーン期間中に”対象製品+SIM”をお申し込みの方(楽天モバイルの組み合わせプラン(通話SIM)、スーパーホーダイ)
■期間
Webは 2019年6月13日(木)10:00~2019年7月11日(木)9:59
楽天モバイルショップは2019年6月13日(木)10:00~2019年7月10日(水)閉店まで

2回線目からもっとお得!プラス割

通話SIMで契約している方が2回線目以降を契約した場合、下記の特典がつきます!

●2回線目に通話SIMのみ契約の場合
月額基本料金3ヶ月ゼロ円+5,000円キャッシュバック
●2回線目に通話SIM・端末を契約の場合
月額基本料金3ヶ月ゼロ円+スマホ端末料金5,000円割引
●2回線目にデータSIMを契約の場合
月額基本料金3ヶ月ゼロ円

■対象
通話SIMで契約しているユーザーのうち、2回線目以降を契約する方
(組み合わせプランの20GB/30GBは特典対象外)

■期間
終了未定


料金表を詳しく見る 

料金表を詳しく見る 

・スーパーホーダイ(ドコモ回線のみ)
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。また、最安料金は端末料金を含まない月額基本料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ
容量
通話料金 月額
基本料
長期割 楽天会員割 最安
料金
最低利用
2年間
最低利用
3年間
プランS 2GB 10分以内
何度でも
かけ放題

(専用アプリ
必要)
2,980円 2年間
-500円
2年間
-1,000円
2年間
-500円

ダイヤモンド会員は
1年目
さらに-500円
980円
プランM 6GB 3,980円 1,980円
プランL 14GB 5,980円 3,980円
プランLL 24GB 6,980円 4,980円
※データ容量を使い切った後は、通信速度最大1Mbps。

・組み合わせプラン
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
プラン データ容量 通話料金 月額基本料
ベーシック
プラン
上限なし
(ただし通信速度200kbps)
10円/30秒

10分かけ放題
850円/月

(全て専用アプリ必要)
1,250円
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円
5GBプラン 5GB 2,150円
10GBプラン 10GB 2,960円
20GBプラン 20GB 4,750円
30GBプラン 30GB 6,150円



比較ポイントを押さえて検討しよう

さて、ここまでおすすめの格安スマホを比較し、データ容量別に比較ランキングをご紹介してきましたが、興味のある格安スマホは見つかったでしょうか?

格安スマホは、キャリアのスマホと比較してずっと安い料金で使える一方、選び方を間違えると通信速度が遅く全く使い物にならないことにもなりかねません。

格安スマホの安い料金にだけ注目して比較するのではなく、速さや機能などにもきちんと目を向けて格安スマホを比較することがベストということを覚えておいてくださいね。

もう一度自分に合った
格安スマホを吟味する 


念のためのおさらい!格安スマホは安い・使いやすいって本当?

さて、ここからは「格安スマホにするととにかく安くなるって聞いたから、よくわからないけど選んでみようと思った」という方に向け、格安スマホへの乗り換えは本当にメリットがあるのか?という点を解説していきます。

格安スマホについて調査済みの方はすでに知っている話かと思いますが、おさらいのつもりで見ていただくのも良いかと思います。

まずは、格安スマホ会社がなぜ比較的安い月額料金でサービスを提供できるのかという点から確認していきましょう。

実は、格安スマホ会社は自社で通信設備を持たず、auやNTTドコモ、ソフトバンクの設備を借りています。このような会社はMVNO(仮想移動体通信事業者)と呼ばれ、大手通信会社の電波インフラを借りて独自のサービスを展開しています。そのため、通信設備への投資や維持管理費がかからず、低価格でのサービス提供を実現しているのです。

しかし、格安スマホが他社から通信設備を借りているということは、「自前でしっかりした設備を持っている3大キャリアと比較すると、サービスの質が落ちるんじゃないの?」と心配する方もいるでしょう。

確かに、格安スマホはキャリアと比較すると、必要最低限の機能・サービスしか備えていないものも多いです。

しかし、だからといって格安スマホの使い心地が悪いのかといったら、そうではありません。実は、格安スマホにはキャリアにはない特有のメリットがあるのです。

では、格安スマホの特有のメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

格安スマホが人気の理由!メリットを解説

格安SIM,良い点,ポイント
格安スマホが人気を集める理由は、大きく分けると「使いやすい料金・契約プラン」と「独自の機能」の2つの面に分けられます。

月額料金が安い
格安スマホの最大の魅力は、なんといっても月額料金の安さ

多くの人が契約している3大キャリアでは、キャンペーン割引などを利用しても、基本料金だけで3,000円~5,000円ほど。それにスマホ端末代まで加わると、月々7,000円~9,000円ほどかかります。

一方、格安スマホにすると、月額料金は高くても3,000円~4,000円以内に収まるケースがほとんど。

格安スマホの月額料金がいかに安いかというのは、実際にキャリアのスマホと格安スマホの料金プラン内容を比較してみれば、如実に分かります。

たとえば、ドコモの5GBプランと、同じく5GBの料金プランを用意している楽天モバイルの月額基本料金を比較してみましょう。両方共、音声通話の5分~10分の無料オプションや端末代金は、全く含まないものとします。

▼キャリアと格安スマホの月額料金比較

ドコモの5GBプラン(ギガライト5GB)
  月額基本料金4,980円

楽天モバイル(組み合わせプラン5GB)
  月額基本料金2,150円

このようにベースとなる基本料金を比較すると、2,000円以上も差があることが分かりますね。格安スマホの月額料金が安いというのは事実であり、キャリアと比較するとその差は非常に大きいと言えるでしょう。

プランの幅は格安スマホの方が豊富
格安スマホの2つ目のメリットとして、キャリアと比較すると料金プランの幅が広いことが挙げられます。

一般的に、スマホの月額料金はひと月に使用できるデータ通信量によって分けられています。3大キャリアだと、5Gや7GBのデータ定額プランや、大容量の30GB、50GBなどの大容量プランなどが一般的でしょう。

格安スマホも同様のデータ定額プランではありますが、あまりネットを使わない人向けに500MBや1GBのプランが用意されていたり、1つの会社だけで3GB、7GB、10GB、12GBなど細かくデータプランを用意していたりすることもあります。

もちろん20GBや30GBなどの大容量プランもあるため、たくさんネットを使いたい人も満足して格安スマホを使うことができます。

最低利用期間が短い
格安スマホは、キャリアと比較して最低利用期間が短いこともメリットの1つです。

3大キャリアでスマホを契約したことがある方はご存知かと思いますが、キャリアのスマホは2年間の最低契約期間が設定されます。この契約期間のうちに契約を解除すると、契約解除料を支払わなければいけません。

契約解除料は、なんと税込みで1万円ほど。スマホを他社に乗り換えたいと思っても、この高額なペナルティがある“2年縛り”のために乗り換えができなかったという方も多いはずです。

しかし、格安スマホの場合は、最低利用期間は6ヶ月~12ヶ月ほどのものが多数。3大キャリアと同じく2年間と設定している格安スマホ会社もいくつかありますが、全体的に見ると、キャリアと比較して最低利用期間が短い会社が多いです。

そのため、格安スマホでは自分の好きなタイミングでもっと使いやすいキャリアに乗り換えることが可能なのです。

格安スマホは独自のサービスが多い
格安スマホ会社は、もともと通信事業を行っていたわけではなく、違う事業を主として行っていたケースが多いです。

楽天モバイルを運営している楽天株式会社や、LINEモバイルを運営している株式会社LINEを想像するとおわかりいただけるでしょう。

このような会社の場合、自社の事業と提携した独自のサービスをスマホのプラン内に含んでいることが多いのです。

たとえば楽天モバイルでは、格安スマホに契約すると楽天ポイントの獲得率がアップしたり、LINEモバイルではLINEアプリやLINEミュージックなどを利用しても通信量がかからない、いわゆる「カウントフリー」の機能がついていたりします。

格安スマホは、安い料金だけでなくこのような独自の機能も魅力の1つ。

最近では、キャリアも独自のサービスやオプションを多く盛り込んでいますが、格安スマホのほうが比較的たくさんのオプションを選ぶことができます。

乗り換える前に知っておきたい格安スマホのデメリット

格安SIM,後悔,悪い点
ここまで説明してきた通り、格安スマホには3大キャリアと比較しても劣らないメリットがあります。しかしその反面、デメリットや不便な点があるのも事実です。

では、格安スマホのデメリットはどのような点にあるのでしょうか?1つずつ見ていきましょう。

キャリアメール、キャリア決済などのサービスが使えない
格安スマホでは、auやドコモで使えるようなキャリアメール(~~@ezweb.ne.jp、~~@docomo.ne.jpなど)が使えません。

また、携帯電話の各キャリアで用いるIDやパスワード認証を利用してネット上の商品やサービスを購入できる「キャリア決済」も使えなくなってしまいます。

格安スマホでも、独自のメールアドレスを発行している会社もありますが、別途料金がかかるケースがあります。このようなキャリアが行っているサービスをよく利用していた方は、格安スマホではキャリアと比較して不便に感じてしまうことがあるかもしれません。

格安スマホは通信速度が不安定
格安スマホの大きなデメリットとして挙げられるのは、通信速度が不安定という点です。

格安スマホ会社はキャリアから通信設備を借りているため、通信容量が限られています。そのため、一度に多くのユーザーがネットを使うと回線が混雑し、通信速度が遅くなってしまうことがあるのです。

とは言うものの、キャリアがサブブランドとして運営している大手格安スマホなどは、キャリアと比較しても劣らない通信品質を持っている場合もあります。また、昼や夜の混雑時には多少遅くはなるものの、通常の状態では問題なくネットが使える格安スマホも多いです。

しかし、普段から通信速度が遅く使いにくいという格安スマホがあることも事実。そのため、格安スマホを契約する際には、通信速度や評判をしっかり確認し比較することが必須と言えます。

店舗がない場合がある
格安スマホは、店舗を持っておらず、ネット申し込みだけで契約を受付けている会社も多くあります。店舗を置かないことで人件費などを減らし、その分スマホの月額料金を割安にしているためです。

実店舗が無いとはいえ、自社の公式HP上でチャット機能や電話によって問い合わせを受け付けている格安スマホ会社も多いため、ネット申し込みしかない場合でもきちんとサポートを受けることが可能です。

しかし、スマホに詳しくない人は、ネットで申し込みをすることに不安を覚えることもあるでしょう。格安スマホの中にも日本全国に店舗を持っている会社があるため、心配な方は店舗のある格安スマホを選んでみることも1つの手です。

格安スマホの支払いはクレジットカードのみの場合が多い
格安スマホは、月額料金の支払いがクレジットカードのみでしかできない場合があります。

口座振替にも対応している格安スマホ会社もありますが、数は多くないのが実情です。また、請求書による支払いはほとんどの会社が受け付けていません。

クレジットカードを持っていない方は契約ができないため、これはなかなか大きなデメリットと言えるでしょう。

以上のように、格安スマホはキャリアと比較すると様々な制限があります。

とは言え、格安スマホに契約する前にきちんとデメリットを認識し、納得していれば後々後悔するほどのデメリットではないはずです。格安スマホに乗り換える前に、キャリアと格安スマホのデメリットをきちんと比較することを忘れないようにしましょう。

SIMフリー端末を持っていない!手に入れる方法は?

格安SIM,端末,SIMフリー,乗り換え さて、ここからは、格安SIMを利用するにはどうすれば良いのかを解説していきます。

格安スマホを利用するためには、格安スマホ会社が販売している「格安SIMカード」と、格安SIMカードを使えるスマホ端末が必要です。

SIMカードとは、電話番号などの情報が書き込まれたICカードのこと。格安スマホだろうとキャリアだろうと、SIMカードを入れることで初めてスマホが電波をキャッチし、ネットや電話を使うことができます。

ただし、ここで必ず注意をしなければいけないのは、格安SIMカードはどんなスマホ端末でも使えるわけではないということ。もしあなたがキャリアで購入したスマホで格安SIMカードを使おうと思っても、できないケースがあるのです。

というのも、多くの人が購入するキャリアのスマホ端末には、特定のキャリアのSIMカードしか使えないSIMロックがかかっているため。たとえば、auで購入したスマホ端末は、auの通信回線しか使えない、といったようなものです。

つまり、auで購入したスマホに格安SIMカードを差し替える場合、auの通信回線を使ってサービスを提供している格安スマホ会社の格安SIMカードしか使えません。格安スマホ会社はそれぞれ借りている回線が異なり、auもドコモも両方の回線を持っている場合もあれば、auだけの回線しか持っていない場合もあります。

同じ回線を使っている格安スマホに乗り換えれば済む話ではありますが、それでは格安スマホに乗り換える際に選択肢が狭まってしまいますよね。

しかし、ご安心下さい。このような不便さを避けるため、SIMロックに対してはきちんと対処法が用意されています。

対策としては、有料で対応してもらえる「SIMロック解除」、もしくは「SIMフリー端末」を購入する2つの方法が挙げられます。

SIMロック解除で使い慣れたスマホを継続

先程も説明したように、3大キャリアで契約したスマホ端末には、SIMロックがかかっています。しかし、一定の条件を満たせば、スマホを購入したキャリアでSIMロックを解除してもらうことが可能です。

▼SIMロック解除の条件

  • 機種購入日から101日目以降、もしくは機種代金を一括で払い済み
  • 回線契約を解約済みの場合、解約日から100日以内 など
※スマホを契約したキャリアによって異なります。

自分がスマホ端末を購入したキャリアで、インターネットや電話、店舗でSIMロック解除を申し込めば、対応もらえます。ただし、SIMロック解除手数料として3,000円ほどかかる点に注意が必要です。

また、SIMロックを解除する際には、乗り換え後に使用する通信電波の周波数に端末が対応しているか確認する必要があることにも注意しましょう。

実は、スマホ端末そのもののスペックの問題で、特定の電波の周波数に対応していない場合があるのです。この場合、SIMロックを解除しても、乗り換え先の格安スマホ会社のSIMを利用することはできません。

使おうとしている格安スマホ会社の電波に対応しているかどうかを確認するには、格安スマホの公式サイトで「動作確認」をチェックするだけ。格安スマホを契約するには、使おうとしているスマホ端末の動作確認を忘れずにするようにしましょう。

端末を新しく購入・SIMカードと一緒に格安スマホを契約

格安スマホに乗り換えるもう1つの方法は、SIMフリー端末を新たに購入することです。

SIMフリー端末は、自分で通販サイトや家電量販店で購入することが可能です。iPhoneなどは、Apple Storeに行けばSIMフリーのiPhone端末が販売されています。

しかし、最新のiPhoneなど人気の高い最新端末を買おうとすると、かなり高額な費用がかかる可能性があるという点がネック。

そんな時には、格安SIMカードだけでなく、SIMフリー端末も一緒に取り扱っている格安スマホ会社をチェックしてみることがおすすめです。

SIMカードと一緒にスマホ端末を契約すれば、比較的手頃な価格で購入が可能になるキャンペーンなども行われていることがあるため、うまく利用してみるのも手でしょう。

スマホ端末を新たに購入する場合、格安スマホ会社で販売しているスマホ端末は、ほとんどの場合その格安スマホ会社の電波を利用できるものばかりなので、あまり心配はいりません。しかし、通販などで購入した端末の場合は、動作確認を必ずチェックすることをおすすめします。

このように、格安SIMカードを利用できるスマホ端末が手元に無かったとしても、SIMフリー端末を購入、またはSIMロックを解除すれば格安SIMカードを利用することが可能です。

SIMロックを解除して使い慣れたスマホを使い続けるのも良いですし、乗り換えの機会に新たな端末を買うのもおすすめです。


さて、ここまで「格安スマホのメリットとデメリット」「SIMフリー端末の入手方法」を説明してきましたが、いかがでしたか?

格安スマホにはデメリットもありますが、事前に知っておけば対処できることばかりです。格安スマホ会社のプランによってもメールサービス内容やオプションなどに大きな違いがあるので、事前にしっかり調査をすることをおすすめします。

この記事が、皆さんの格安スマホ選びの一助になれば幸いです。

格安スマホ比較ランキングに戻る 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP