格安SIM,乗り換え,手順

実は簡単!格安スマホへの乗り換え方を徹底解説

最近よく聞く「格安スマホ」。周りで乗り換えている人も多くて、本当に安いらしい! その人気と高い需要から、格安スマホ会社は続々と増えています。

一方で、その詳しい乗り換え方は企業のホームページを見ても詳しく書いてありません。

私もスマホをもっとお得に使いたい、格安スマホに乗り換えよう!と思ったのはいいものの、乗り換え方がわからない、手順が複雑そうで不安。という方も多いのではないでしょうか。

「格安スマホへの乗り換え完了までの期間にスマホが使えなくなった」、「手持ちのスマホをそのまま使うことができなかった」、「違約金が発生してしまった」等、大失敗したという人が実際にいるのも事実。

だからこそ、正しい乗り換え方を知り、きちんと知識をつけることが大切です!

そこで、こちらのページでは、大手キャリアごとの格安スマホへの乗り換え方から乗り換えのベストなタイミング、格安スマホに乗り換える前に必ず確認するべき注意事項まで詳しく解説します。

格安スマホの乗り換え方!まずは流れを確認

複雑で難しそうなイメージがある格安スマホへの乗り換え方。 でも大丈夫!きちんと理解して準備をすれば、どなたでも安全に、そして失敗することなく格安スマホを使えるようになるのです。

詳しい話を始める前に、まずは乗り換え方の大枠を掴みましょう。 見慣れない言葉もあると思いますが、最初は気にせず、流れを確認するだけで大丈夫です。 後ほど一つ一つ詳しく解説していきます。

大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)共通する格安スマホへの乗り換え方の流れ

格安スマホの乗り換え方 ステップ① 
必要なものを準備する

・身分証明書
・クレジットカード
・Webメールアドレス 
(Gmail や Yahoo!メール)
・WiFi接続環境(乗り換え後、iPhoneのみ)
・MNP予約番号
・スマートフォン

格安スマホの乗り換え方 ステップ② 
格安スマホの新規契約


格安スマホの乗り換え方 ステップ③ 
届いたSIMカードを格安スマホに装着、回線切り替え処理、接続確認

格安スマホの乗り換え方 ステップ④ 
機種によってはAPNを設定

えっ!これだけ?と思われた方も多いかもしれませんが、 そうなのです、これだけです。流れとしては全く複雑でも難しいこともありません。 私にもできそう!そう感じていただけたのではないでしょうか?

ただし 、格安スマホへの乗り換え方のステップを踏む前に必ず確認してほしいことがあります。

それは、現在ご利用中のキャリアとの“契約更新月期間”です。 これを確認することで、格安スマホに乗り換えるベストタイミングがわかります!

実は、契約更新月の期間外にスマホの契約を解消してしまうと、違約金が9,500円も発生してしまうのです。 さらに、月額利用料の締め日を1日でも過ぎてしまうと、その月の月額分を支払わなければなりません。

つまり、「契約更新期間の月額利用料締め日の直前」が最も損をしない、乗り換えのベストタイミングです!

契約更新月は各キャリアのマイページ等で契約内容を確認することで簡単に調べることができます。 また、契約更新月まで程遠い方は、格安スマホに早めに乗り換えたほうがお得になることがあります。

プランにもよりますが、格安スマホに乗り換えると、月額約3,000円スマホ利用料が安くなるため、3ヶ月もすれば違約金のもとが取れてしまうのです。

もし契約更新まで何ヶ月も待たなくてはいけない方は、ぜひ早めの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

それではここから、格安スマホへの乗り換え方を一つ一つ詳しく説明していきます。

MNPとは一体何?取得方法と注意点

格安スマホの乗り換え方ステップ① 必要なものを準備する

格安スマホへの乗り換え方のポイントとして、最も重要なのは徹底的な事前の準備です。 その事前準備の中でも、一見複雑で多くの人を戸惑わせている「MNP予約番号」についてまず説明します。

「MNP予約番号」、 初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか?

最初の関門!MNP予約番号
MNP予約番号とは、今使っている電話番号を格安スマホに乗り換えた後もそのまま使えるようにするために必要な番号です。「携帯電話番号ポータビリティ」と表現されることもあります。

格安スマホに乗り換えたあとも、これまでと同じ電話番号を利用したい場合はこのMNP予約番号を契約中のキャリアから取得し、新規契約先に伝える必要があります。 まず、MNPを取得する際の注意点を確認しましょう。

  • MNP予約番号には利用期限がある
  • MNP予約番号の利用期限は予約手続きをした当日を含め15日。 また、新規契約先の格安スマホ会社によっては発行から数日以内に契約をしなければならない場合があります。

  • MNPは何度でも発行できる
  • 新規契約をしようとしたら、利用期限の残り日数が足りなかった、期限が切れてしまった、という場合はMNP予約番号を再発行しましょう。

  • MNP予約番号を発行しただけでは、手数料発生・解約にはならない
  • MNPを転出し、他社と新規契約をした時に、MNP転出手数料が発生。 その後、新しい回線が開通した時点で元の携帯会社との契約が自動解約となります。

    また、そのままMNPの利用期限が切れて、現在のキャリアを継続利用するという場合でもこれまで通り、何も変更や問題なく使い続けることができます。

補足:電話番号を引き継ぐ必要がない場合

中には、格安スマホへ乗り換える機会に電話番号を変えたい 、引き継がなくてもいい、という方もいると思います。 その場合、MNP予約番号の手続きは不要です。

しかし、これまで使っていたキャリアの解約手続きを行う必要があります。 解約後、格安スマホ会社に新規契約をして新しい番号をゲットしましょう!

では次に、MNP予約番号の取得方法をキャリア別に説明していきます。 ご自身のキャリアと、共通する注意点をご確認ください。

キャリア別 MNP予約番号の申込方法
au
①電話
②店頭 auショップ/トヨタau取扱店
③ウェブ My au
④EZweb ガラケーのみ

※MNP転出手数料3,000円が必ずかかる
解約後、アップグレードプログラムやauポイントは全て消失する
ソフトバンク
①電話 携帯電話番号ポータビリティお問い合わせ窓口
②店頭 ソフトバンクショップ
シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)利用者はソフトバンクショップのみ
③ウェブ(My SoftBank)3Gガラケーのみ

※MNP転出手数料3,000円が必ずかかる
解約後、ソフトバンク光やその他解約する回線に紐付いている回線に影響があり、料金が値上がりしてしまう可能性がある。対策もできるので、該当する方は事前に調べましょう。
ドコモ
①電話 ドコモ携帯から:「151」
一般電話:ドコモインフォメーションセンター
②店頭 ドコモショップ
③ウェブ docomoオンライン手続き(dアカウントが必要)
3回線以上でファミリー割引を契約中の代表回線は電話か店頭のみでの手続き

※MNP転出手数料2,000円 が必ずかかる
解約後、dアカウントがあれば、解約後もポイントを継続利用できる。
ただし、@docomo.ne.jpのアドレスは使用できなくなるため、 解約前にアカウントIDを他のアドレスに変更しておく必要がある。

大手キャリア3社共通 
乗り換え方 ・解約後の注意点

・キャリアメール(@ezweb.ne.jp、@i.softbank.jp、@docomo.ne.jp)は使えなくなる
・機器代金の分割支払残額は継続して支払う必要がある
・MNPを使って格安スマホ会社と新規契約をした場合、新規事務手数料3,000 円が必ずかかる

MNPの取得を短時間で済ませたい方には「ウェブ」または「電話」をおすすめします。 契約内容の質問や不安があり、時間のある方は店舗で手続きをしましょう。

MNP予約番号を取得したら、有効期限を必ずメモしておくことを忘れずに。 どちらも新規契約の際に必要です!

また、「電話」や「店舗」での手続きでは必ずMNPの発行手続き・他社への乗り換えを一度引き止められます。

決断が揺らいでしまう方もいるかもしれませんが、先ほど説明したようにMNP予約番号の発行だけでは手数料が発生することや、解約になることはありません。 もし悩んでしまってもMNPの発行手続きは進めてしまいましょう。

少し長くなりましたが、MNP予約番号について理解できましたでしょうか? 次に、格安スマホへの乗り換え方に必要なものを詳しく確認していきます。

格安スマホへの乗り換え前に用意するもの

用意が簡単なもの・時間がかかるものから準備しましょう。

  • 身分証明書
  • どの携帯会社でも契約時には身分証明書が必要です。

  • クレジットカード
  • 格安スマホ会社は特に、クレジットカードでの支払いしかできないところが多いです。

  • Webメールアドレス(GmailやYahoo!メール)
  • 先程の注意点にも書いたように、キャリアメールは今後使用できず、データの引き継ぎもできません。 また、新規契約先との登録のやり取りなどで他のメールアドレスが必要です。

    大事なメールの移行や、キャリアメールのアドレスをよく使うアプリやサイトのID等に使用している場合は登録内容の変更をしておきましょう。

  • WiFi接続環境(乗り換え後、iPhoneのみ)
  • iPhoneを利用する方は、最初の登録でWi-Fi接続が必要です。

  • スマートフォン本体(SIMフリー・SIMロック解除済みのものが望ましい)
  • 今持っているスマートフォンをそのまま使うことも、新しいものを購入することもできます。

  • MNP予約番号
  • 他のもの全ての用意ができたら、最後にMNP予約番号を取得しましょう。


これで格安スマホの乗り換え方において最も重要な事前準備は完璧です! 万全の体制で、次のステップ②格安スマホの新規契約に移ります。

格安スマホの新規契約 スマホをすぐに使いたい!

格安スマホの乗り換え方の中で、最も不安なことは「数日間スマホが使えなくなるかもしれない」ということではないでしょうか?

従来の格安スマホの新規契約はほとんどの場合、ウェブでの手続きをし、SIMカードや本体が後日発送されるという流れでした。そのため、契約先によっては数日間スマホが使えない状況が発生してしまっていたのです。

そこで、格安スマホへの乗り換え方ステップ②において最も大事なポイントが2つあります。

“MNP予約番号を取得したらそのまますぐに新規契約をすること”と、“即日MNP”です!

MNP予約番号には15日という利用期限がありますが、それに加えて多くの格安スマホ会社(MVNO)で、契約時にMNP予約番号の利用期限が10日以上残っていなければ契約ができないというルールがあります。

MNPを取得してそのまますぐに契約をすれば、期限の心配は要りません。

また、乗り換えをしてすぐにスマホを使いたい!という方は“即日MNP”が可能な格安スマホ会社・格安SIMを選ぶことが大切です。

格安スマホ会社によって多少異なりますが、最近は新しいSIMカードが届いてから、契約者自身の手で回線の切り替え処理を行うことができるといった即日MNP可能な格安スマホ・格安SIMが増えています。

処理には約10分から数時間程かかるため、スマホを使えない期間はありますが、キャリアや店頭での手続きをする時とさほど変わらないと言えるでしょう。

ここまで理解できれば、あとはとっても簡単です。 格安スマホの乗り換え方 ステップ②~④まで一気に進んでしまいましょう。

格安スマホの乗り換え方 ステップ②格安スマホの新規契約

  1. ステップ①で準備したものの確認
  2. 契約したい格安スマホ会社のホームページで申し込み開始

  3. 端末を選択 → プランを選択 → 
    お客様情報の入力 → MNP予約番号と利用期限の入力
    → 本人確認書類データの提出 → 申し込み完了

    ※あくまで一例です。それぞれのサイトの流れに沿って情報を入力しましょう。
    1. 端末を選択
    2. プランを選択
    3. お客様情報の入力
    4. MNP予約番号と利用期限の入力
    5. 本人確認書類データの提出
    6. 申し込み完了
    ※あくまで一例です。それぞれのサイトの流れに沿って情報を入力しましょう。
  4. SIMカード・端末の受け取り
簡単ですね。さあ、あと一息!

格安スマホの乗り換え方 ステップ③SIMを装着、回線切替処理、接続確認

  1. 届いたSIMカードを装着し、電源を入れる
  2. 回線切り替え処理
    (マイページ上や電話の音声案内等)
  3. 回線が切り替わったら、接続を確認
この手順は格安スマホ会社(MVNO)によって利用開始手続きの方法が様々です。 ご自分の契約された格安スマホ会社(MVNO)の手続き方法を調べ、手順通りに進めましょう。 ここで接続が確認できたら、無事乗り換え完了です!

ここで注意があります! 実は、機種によってはSIMカードを挿入したあとにインターネット回線に繋ぐための設定をしなければなりません。

SIMカードを挿入して回線を切り替えて電話はできるのに、 インターネットに繋がらない…。という方はAPN設定を行いましょう。

格安スマホの乗り換え方 ステップ④機種によってはAPNを設定

APN設定とは、アクセス・ポイント・ネームといって、 インターネットサーバーに接続する際に必要な設定のことです。

iPhoneとAndroidで設定方法が異なるので、自分の機種の設定方法を調べましょう。 手順は簡単で、説明書がついてくることもありますのでご安心ください。 iPhoneの場合、ここでステップ①で用意したWi-Fi環境が必要になります。

設定後、インターネット接続を確認できれば、乗り換え作業は全て終了です!

いかがでしたか?複雑だと思っていた格安スマホへの乗り換え方。一つ一つ疑問を解決し、乗り換え方のステップを踏んでいくことで、実は簡単だ!と思って頂けたのではないでしょうか?

乗り換え方の流れは、ここまでの解説を理解していただければ完璧です。

ただ最後に一点、格安スマホへの乗り換えで多くの人が見落としてしまう落とし穴についてお話したいと思います。 乗り換えに急ぐ前に、一度落ち着いて確認しておきましょう。

手持ちのiPhoneやAndroidをそのまま使える?使えない?

「格安スマホに乗り換えたけど、手持ちの端末をそのまま使えなかった」なんて失敗談、聞いたことはありませんか? 簡潔な答えとして、この状況は起こり得ます。しかし、簡単に解決することもできます。

今ご利用中のスマホがSIMロックにかかっているかどうか、そして契約する格安スマホ会社が利用しているインターネット回線がどこのキャリアのものかという2点がこの問題の肝です。

SIMロックとは、大手キャリアで契約した携帯電話が、それぞれの会社のSIMカードでしかサービスを利用できないという制限をかけたロックのことです。

現在はこのロックを解除できるようにすることが義務付けられており、端末購入後(一括払いの場合は即日、分割払いの場合は購入日から100日目以降、以前SIMロック解除をしたことがある場合は購入日100日以内)に解除ができるようになります。

格安スマホ会社は、大手キャリアの回線を借りてサービスを展開しています。 そのため、SIMロックを解除していないと、元のキャリアが回線を貸し出している格安スマホ会社の回線しか使えません。

逆に言うと、契約した格安スマホ会社が元のキャリアの回線と違うキャリアの回線を利用している場合、これまでのスマホが使えない、という状況になってしまいます。

この問題を解決する方法は以下の2つです。

①元のキャリアと同じ回線を使っている格安スマホ会社と契約する
格安スマホ会社によってどのキャリアの回線を利用しているのかが異なります。

自分が契約しようと考えている格安スマホ会社の回線について確認することが大切です。
※多くの格安スマホ会社がドコモの回線を利用しているため、au、ソフトバンクユーザーの方は特に注意が必要です。

②SIMロックを解除する
端末購入後の日数の条件をクリアしている場合、SIMロックを解除することをおすすめします。

このロックを解除することで、元のキャリアや格安スマホ会社(MVNO)が使っている回線に関わらず、どんな回線のSIMカードでもインターネットを利用できるようになり、格安スマホ会社やプランを選ぶ幅が大きく広がります。

また、ロックを解除したあとも現在契約中のキャリアのインターネット回線を問題なく利用でき、海外旅行などで現地のSIMカードを使えるようになるなど、メリットもたくさんあります。

SIMロック解除の方法
  • キャリアのマイページ等
  • 自分で、無料で簡単にロックを解除できます。
  • 店頭
  • 各ショップでもできますが、手数料がかかります。
また、回線の相違にかかわらず機種によっても使えない場合があります。

契約前に、格安スマホ会社のホームページで動作確認一覧を必ずチェックしましょう!
※格安スマホ動作確認一覧に載っていなくても使える場合があるので、必要な方はお問い合わせを

今使っている端末の継続利用方法について解説しましたが、多くの格安スマホ会社で端末もセットで買うとお得になるキャンペーンなども行われています。

端末の代金はどこで購入してもあまり差はないので、この機会に機種も新しいものに変えてしまうのもオススメです。

格安スマホについて様々な意見がありますが、どこがいいのか、自分にはどんなプランが合っているのかを見極めることで格安スマホの良さを最大限に活かすことができます。

格安スマホの乗り換え方の手順や疑問を一つ一つ確実に準備・解決することで、誰でも正しく安全に格安スマホに乗り換えられることがおわかり頂けたでしょうか。

自分にピッタリの格安スマホを見つけて、注意事項や事前に確認しなければならないことに注意しながら乗り換え方のステップを踏んでいきましょう。

個が尊重される新時代、スマホもプランも自分らしいものを選ぶことで、お得で賢い、自分だけの新しいスマホライフが始まります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP