格安SIM,乗り換え,クレジットカード,口座

格安スマホは口座振替OK!クレジットカードが無い人必見の支払方法

安い料金でスマホが持てると話題の格安スマホ。しかし、格安スマホは料金や機能に対する満足度は高いものの、ちょっとしたところで不便に感じてしまうことがあります。

たとえば、月額料金の支払方法。格安スマホでは、料金管理に関する手間を減らすためか、クレジットカード支払いのみというのが一般的です。

そのため、審査が通らないなどの理由でクレジットカードを持っていない方は困ってしまいますよね。

ですが、実は口座振替を利用できる格安スマホがあるということをご存知でしょうか?

この記事では、「格安スマホを使いたくてもクレジットカードを持っていない」という方に向け、口座振替できる格安スマホをご紹介します。また、口座振替を選択することで生じるデメリットも説明。

口座振替できる格安スマホ会社を選べば、思ったよりも簡単に乗り換えられる方もいるでしょう。当記事を参考にして、口座振替で格安スマホに乗り換えてみてください。

クレカ無しでも口座振替が可能!ただしデメリットに注意

格安スマホは、キャリアから通信設備を借りてサービスを提供しています。

だからこそキャリアよりも格安な料金でサービスを提供できているわけですが、その他にも格安スマホ会社は様々な手続きの手間を省いて、コストカットをしています。

格安スマホの月額料金の支払いがクレジットカード払いに限定されている点も、コストカットの1つと言えます。キャリアと異なり、格安スマホはデビットカードや紙の請求書によるコンビニ払いなどにはほとんど対応していません。

ただし、格安スマホ会社によっては、月額料金の支払い方法として「口座振替」に対応しているところもあります

クレジットカードの審査に落ちてしまった方や、大学生でまだクレジットカードを持っていない方などは、格安スマホに乗り換える際に口座振替を選択できると非常に助かりますよね。

しかし、格安スマホを口座振替で支払うのは便利である一方、いくつかデメリットも存在します。口座振替ができる格安スマホを選ぶ前に、きちんと悪い点も確認しておきましょう。

契約できる格安スマホ会社が限られる

そもそもの問題として、口座振替に対応している格安スマホ会社は多くありません

つまり、どんなに良い契約やフリー通話プランの格安スマホ会社があっても、その格安スマホが口座振替に対応していない場合もあるのです。

そのため、口座振替にしたいと思ったら、口座振替に対応している数少ない格安スマホ会社の中から契約対象を選ぶという制限がかかってしまいます。

また、口座振替に対応している格安スマホ会社でも、「データ通信用SIMのみが口座振替可能」、「店舗での申込時のみ口座振替に対応」などに設定されていることも多いです。

格安スマホの全てのプランや商品、契約方法が口座振替に対応しているとは限らないため、選択肢が狭まってしまいます。

契約の際は、格安スマホ会社のホームページで口座振替に対応可否と条件を事前に調査することをおすすめします。

口座振替の手数料がかかる

口座振替の2つ目のデメリットとして、手数料がかかることが挙げられます。

クレジットカード払いであれば、格安スマホ会社や通信会社への月額料金支払い時、手数料はかからないのが一般的です。しかし、口座振替では引き落としの際にかかる支払い手数料を請求されることがほとんど。

発生する手数料は格安スマホ会社ごとに異なるため、各社のホームページで確認しておく必要があります。

手数料は少額とはいえ、塵も積もれば山となるというもの。出費を少しでも減らしたい方は支払い方法や選択する格安スマホ会社を再検討した方が良いかもしれません。

格安スマホがすぐ届かない

3つ目のデメリットは、口座振替を選択したために、ネットで契約した格安スマホが届かないという点。

他のサービスで口座振替の申し込みをした方なら経験があるかもしれませんが、口座振替の登録には、審査や郵送の手続きに時間がかかるものです。

口座振替は、主に郵送で書類をやり取りすることが多いです。そうなると、新規申込を行ってから実際にSIMカードや格安スマホ端末が手元に届くまでに、長い場合だと数ヶ月待たされることもあります

せっかく格安スマホで快適・安価なスマホライフを満喫する予定が、契約時の口座振替登録で時間がかかってしまうというのは、少し残念ですよね。

格安スマホを急いで手に入れる必要がある場合は、他の支払い方法で格安スマホを契約・購入することをおすすめします。


さて、格安スマホの料金支払いを口座振替にすると、以上のようなデメリットが発生します。とは言うものの、口座振替を選ぶと損だらけというわけではありません

数が少ないとは言え、ユーザー数が多く人気の高い格安スマホ会社の中にも、口座振替に対応しているところはあります。 次の章では、口座振替に対応している格安スマホ会社を紹介します。

口座振替ができる格安スマホ会社(MVNO)4選

今回は、実際に口座振替ができる格安スマホ会社(MVNO)を4つピックアップしました。

それぞれの格安スマホ会社に異なる人気ポイントがあり、料金プランや口座振替の手続き方法も異なります。 きちんと事前に比較検討しておくことで、自分に合ったぴったりの格安スマホが見つけられるはずですよ。

楽天モバイル

楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ

口座振替の可否

デビットカード・口座振替の支払いOK!



楽天モバイル、rakuten mobile、コンテンツロゴ

口座振替の可否

デビットカード・口座振替の支払いOK!


楽天モバイルは、MMD研究所による調査で「乗り換えたい通信サービス」、「スマホのネット契約数」などで2019年に1位を獲得。

格安スマホ会社の中でもトップレベルの人気を誇る格安スマホです。

現在は自社回線への移行を進めており、2019年後半に移行したあとには通信速度アップも期待されています。

格安スマホは通信速度が不安定な面があるため、速度が改良されるのは助かりますね。

▼プラン料金
スーパーホーダイプラン(ドコモ回線)
高速データ通信+10分以内の国内通話がかけ放題のプラン。
楽天会員割を適用させれば、最小データ容量2GBで月額料金1,480円から!

組み合わせプラン(ドコモ/au回線)
データ通信容量、通話プランなどを自分の好みで組み合わせ!
データ通信専用SIMがほしい方はこちらのプランを選びましょう。

格安スマホ料金表詳細 

格安スマホ料金表詳細 

※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
▼スーパーホーダイプラン ドコモ回線
プランS プランM プランL プランLL
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
月額基本料 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
通話料金 10分以内何度でもかけ放題 (専用アプリ必要)
10分を超えた場合 国内通話10円/30秒(専用アプリ必要)
楽天会員割 楽天会員は加入後1年間-1,500円
ダイヤモンド会員はさらに-500円
契約解除料無し!
プランS プランM プランL プランLL
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
月額基本料 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
通話料金 10分以内何度でもかけ放題 (専用アプリ必要)
10分を超えた場合 国内通話10円/30秒(専用アプリ必要)
楽天会員割 楽天会員は加入後1年間-1,500円
ダイヤモンド会員はさらに-500円
契約解除料無し!

▼組み合わせプラン ドコモ・au回線
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
※この表は横にスクロールできます。
データ容量 ベーシックプラン
(通信容量上限なし
通信速度が200kbps)
3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
通話料金 国内通話10円/30秒 (専用アプリ必要)
10分かけ放題 850円/月 (専用アプリ必要)
月額基本料 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円
データ容量 ベーシックプラン
(通信容量上限なし
通信速度が200kbps)
3.1GB 5GB 10GB 20GB 30GB
通話料金 国内通話10円/30秒 (専用アプリ必要)
10分かけ放題 850円/月 (専用アプリ必要)
月額基本料 1,250円 1,600円 2,150円 2,960円 4,750円 6,150円

▼口座振替の方法
楽天モバイルの料金を口座振替で支払う場合、ネットで口座情報を登録することができます。

新規申込をする場合には、契約時の支払い方法の選択画面で「口座振替(端末・アクセサリー以外)」を選択し、口座情報の登録を進めれば大丈夫です。


▼口座振替の注意事項
  • 金融機関によっては口座振替が利用できない場合があります。
    事前に「ネット口座振替受付サービスご利用可能金融機関一覧」をチェックしておきましょう。
  • 本人名義の金融機関の口座が必要。
  • 手数料として、100円(税別)が発生します。


UQ mobile

uqmobile,コンテンツロゴ

口座振替の可否

店舗申込は新規・MNP転入ともに口座振替可能。
オンラインショップはMNP転入のみ可能



uqmobile,コンテンツロゴ

口座振替の可否

店舗申込は新規・MNP転入ともに口座振替可能。
オンラインショップはMNP転入のみ可能


UQ mobileは、2019年に価格.comの総合満足度ランキング1位を獲得した格安スマホ会社です。

auのサブブランドとして提供されている格安スマホでもあり、MMD研究所による格安SIM・格安スマホ通信速度調査でも実績No.1を記録しているなど、通信速度にも定評があります。

安定した通信速度、数多くの店舗による手厚いサポートなど、キャリアと使い心地の変わらない格安スマホとして人気です。

▼料金プラン
データ通信+一定時間の無料通話がコミコミのぴったりプランおしゃべりプラン(au回線)。

データ容量3GBで月額料金1,980円!
家族で使えば2台目以降 さらに-500円!

格安スマホ料金表詳細 

格安スマホ料金表詳細 

au回線
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
スマホプラン(au回線)  
プランS プランM プランL
データ容量 3GB 9GB 14GB
月額料金 1,980円 2,980円 3,980円
通話料金 国内通話 20円/30秒
国内通話10分何度でもかけ放題 700円/月
国内通話ひと月に60分まで無料 500円/月
UQ 家族割 2回線目以降 月額-500円
契約解除料無し!
※UQ家族割:家族で複数回線に契約した場合、2回線目以降は月額料金-500円。
スマホプラン(au回線)  
プランS プランM プランL
データ容量 3GB 9GB 14GB
月額料金 1,980円 2,980円 3,980円
通話料金 国内通話 20円/30秒
国内通話10分何度でもかけ放題 700円/月
国内通話ひと月に60分まで無料 500円/月
UQ 家族割 2回線目以降 月額-500円
契約解除料無し!
※UQ家族割:家族で複数回線に契約した場合、2回線目以降は月額料金-500円。

▼口座振替の方法
UQ mobileで口座振替を指定する場合、UQ mobile取扱店の店頭で申し込むことができます。

また、MNP転入の場合のみ、新規お申込み電話窓口・オンラインショップからでも口座振替で申し込みが可能です。

店頭申込の場合
本人名義の金融機関のキャッシュカード原本が必要。

また、口座の即時登録に対応していない店舗では、別途申込用紙による申請をしなければいけません。

オンラインショップ新規申込の場合
新規申し込み(MNP転入)の際の支払い方法選択で、「口座振替」を選択。

口座振替依頼書が送付されてくるため、記入して返送が必要。


▼口座振替の注意事項
  • 本人名義の金融機関の口座が必要。
  • 家族名義のクレジットカード・口座からの振替を指定される場合は、UQ mobile取扱店の店頭のみで、かつご契約者と支払者の「ご家族である証明書」が必要。
  • オンラインや電話窓口からMNP転入以外の新規申し込みをした場合、口座振替を選択すると申し込みがキャンセルになります。
  • 口座振替の手数料は無料。


Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル,コンテンツロゴ

口座振替の可否

実店舗から口座振替選択可能!
オンラインからの申し込みは契約後に
支払方法を変更しよう。



ワイモバイル,コンテンツロゴ

口座振替の可否

実店舗から口座振替選択可能! オンラインからの申し込みは契約後に支払方法を変更しよう


2018年度サービス産業生産性協議会の調査でスマホ満足度No.1に輝いた格安スマホ会社です。

ソフトバンクのサブブランドで、安定した通信速度が魅力。UQ mobileと並んで、格安スマホの中でもトップクラスの使い心地を誇るのがY!mobileです。

▼プラン料金
高速データ通信+1回10分の無料通話がかけ放題!(ソフトバンク回線)

データ通信容量4GB(無料増量オプション適用時)で、2年間月額料金1,980円

格安スマホ料金詳細 

格安スマホ料金詳細 

ソフトバンク回線
※音声通話+SMS付きSIMのプラン料金です。
スマホプランS スマホプランM スマホプランR
データ容量 3GB
→4GB(※1)
9GB
→12GB(※1)
14GB
→17GB(※1)
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
通話料金 国内通話 20円/30秒
国内通話10分以内何度でもかけ放題(基本料金内)
新規契約割引 6ヵ月間基本使用料 -700円!(※2)
家族割引 2回線目以降 -500円
契約解除料無し!
※1.新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクからの番号移行、PHSからの契約変更の場合、データ増量オプションの月額料が加入翌月から24ヵ月無料。
※2.キャンペーン期間中に新規、他社からの乗り換え(MNP)・番号移行、または契約変更でスマホベーシックプランS/M/Rに契約した方が対象。
スマホプランS スマホプランM スマホプランR
データ容量 3GB
→4GB(※1)
9GB
→12GB(※1)
14GB
→17GB(※1)
月額料金 2,680円 3,680円 4,680円
通話料金 国内通話 20円/30秒
国内通話10分以内何度でもかけ放題(基本料金内)
新規契約割引 6ヵ月間基本使用料 -700円!(※2)
家族割引 2回線目以降 -500円
契約解除料無し!
※1.新規、他社からの乗り換え(MNP)、ソフトバンクからの番号移行、PHSからの契約変更の場合、データ増量オプションの月額料が加入翌月から24ヵ月無料。
※2.キャンペーン期間中に新規、他社からの乗り換え(MNP)・番号移行、または契約変更でスマホベーシックプランS/M/Rに契約した方が対象。

▼口座振替の方法
口座振替は、新規申し込みをする際には、実店舗であるワイモバイルショップからのみ受け付けています。

オンラインショップからの申し込みの場合は、口座振替は選択することができません

店舗で口座振替を申し込む際には、本人名義のキャッシュカードおよび通帳、本人確認書類、金融機関お届け印が必要です。

もしオンラインで申し込む場合には、契約後にWebもしくはワイモバイルカスタマーセンターへの電話で支払方法の変更を申し込み、口座振替に変えることができます。

ただし、変更の手続きは書類の郵送によって進められるため、手続き完了まで1~2ヶ月かかるので、注意が必要です。


▼口座振替の注意事項
  • 口座振替の手数料無料。
  • 支払方法の変更手続きが完了するまでは、契約時の支払方法で月額料金が請求されます。


OCN モバイル ONE

ocn,格安SIM,NTTスマホ

口座振替の可否

電話申し込みで口座振替可能!
ただし手続きに時間がかかる点に注意。



ocn,格安SIM,NTTスマホ

口座振替の可否

電話申し込みで口座振替可能!
ただし手続きに時間がかかる点に注意


有名プロバイダのNTTコミュニケーションズが提供する格安スマホ。

月単位で上限が決まっている通信容量プランだけでなく、日単位で上限が決まった通信容量コースがある点が他とは違う格安スマホです。

余った通信容量を翌月に繰越できる、街なかの無料WiFiスポットを利用できるなど、格安スマホながら柔軟にネットを使うことができるのが嬉しいですね。

▼料金プラン
1日に110MBまで利用できる音声対応SIMで、月額料金1,600円!(ドコモ回線)

毎月1回プランを変更できるため、迷ったらまずは110MB/月から始めてみましょう。

格安スマホ料金詳細 

格安スマホ料金詳細 

ドコモ回線
※この表は横にスクロールできます。
音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
110MB/日 1,600円 1,020円 900円
170MB/日 2,080円 1,500円 1,380円
3GB/月 1,800円 1,220円 1,100円
6GB/月 2,150円 1,570円 1,450円
10GB/月 3,000円 2,420円 2,300円
20GB/月 4,850円 4,270円 4,150円
30GB/月 6,750円 6,170円 6,050円
通話料金 国内通話 20円/30秒 (専用アプリ利用)10円/30秒
10分かけ放題 850円/月
トップ3かけ放題 850円/月
(その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円に。)
かけ放題ダブル 1,300円/月
(10分以内の国内通話が何度でも無料、かつ国内通話料上位3番号の通話料が0円)

▼口座振替の方法
口座振替を希望する場合、新規契約時にカスタマーズフロントへ電話する必要があります。

オンラインから契約申し込みをすると、口座振替を選ぶことができないので注意しましょう。

口座振替の手続きは、申込用紙に記入して郵便で返送する必要があるため、クレジットカード支払いに比べて手続きに時間がかかるようです。

SIMカードが手元に届くまで、1週間以上の時間が必要になる可能性があるため、急いでいる方にはおすすめできません。


▼口座振替の注意事項
  • 手数料無料。
  • 本人名義の金融機関の口座が必要。
  • カスタマーズフロントは、月曜日~土曜日の10:00~19:00のみ。
    祝日・年末年始は営業していません。


格安スマホの選択肢が狭まってしまう点に気をつけよう

今回は、格安スマホで口座振替をする際の注意点や、実際に口座振替ができる格安スマホ会社をご紹介してきました。

クレジットカードを持っていない方や、格安スマホの支払いにクレカを使いたくない方でも、口座振替を使えば難なく格安スマホへ乗り換えることができますね。

一方で、ご紹介した通り、全ての格安スマホ会社が口座振替に対応しているわけではありません。また、格安スマホ・SIMが使えるまでに手続きの時間がかかる手数料がかかるといったデメリットもあります。

実際に格安スマホを口座振替で申し込みたいという方は、このデメリットをしっかりと把握しておくようにしましょう。

「格安スマホはクレジットカードがないと申し込めないから諦めていた」という方も、この機会に口座振替を利用して、格安スマホへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP