格安スマホでおサイフケータイが使える!ただしスマホ端末選びに注意

「月々の通信費を安くしたい。」と、格安スマホへの乗り換えを検討されている方も多いですよね。

しかし、最近の格安スマホの魅力は「安さ」だけではありません。 格安スマホにも、日常で使える便利な機能がたくさん付いているのです。

今回ご紹介するのは、便利なスマホ機能の1つ「おサイフケータイ」。 実は、おサイフケータイを使えるかどうかは、スマホ端末本体のスペック次第なんです。

つまり、「おサイフケータイ」を格安スマホで使えるかどうかは、使用する端末によって決まります。

この記事では、格安スマホでおサイフケータイを使いたい方向けに、おサイフケータイの仕組みや注意点、おサイフケータイを使えるおすすめの端末をご紹介。

便利な機能はそのままに、通信費を格段に安く抑えられるようになりますよ!

おサイフケータイは格安スマホでも使える?

ズバリ、格安スマホでもおサイフケータイは使えます。 ただし、格安スマホでおサイフケータイを使いたい場合は、格安スマホ端末に内蔵される”ある機能”が必要です。

はじめに、おサイフケータイと、おサイフケータイを使える格安スマホ端末について解説します。

おサイフケータイとは?

おサイフケータイは、お財布に入っている電子マネー(モバイルSuica・nanaco・楽天Edy・WAON・iDなど)をケータイにまとめて使うことができるサービスです。

例えば、コンビニでは、スマホを「おサイフケータイ」のマークを読み取り機にかざすだけで商品を購入できます。 おサイフケータイの残高はスマホ画面から確認でき、スマホから簡単にチャージもできるのです。

様々な電子マネーをスマホで使えるので、支払い決済が簡単になります。 格安スマホでもこの機能が使えたら非常に便利ですよね。

なお、交通系ICカードの「パスモ」はおサイフケータイ(モバイル)に対応していません。

格安スマホでおサイフケータイが使える端末は?

おサイフケータイを使う時に必要な”ある機能”とは、スマホ端末に内蔵される「FeliCa」のこと。 この「FeliCa」の搭載されている端末が、おサイフケータイを使える端末です。

格安スマホに乗り換えても、端末に「Felica」が搭載されていれば、おサイフケータイを使うことができます。

FeliCaとは?
おサイフケータイに欠かせない「FeliCa」は、リーダー/ライター装置に触れることなく様々なデータを管理できるICカードです。

その通信には近距離無線通信技術「NFC」を使います。もし、おサイフケータイが利用できるキャリアスマホをお持ちであれば、画面上部に「N」のマークを見たことがあるかもしれません。

「FeliCa」を搭載した格安スマホがある!
格安スマホへの乗り換えで悩みの種だった「FeliCa」搭載端末の少なさ。しかし最近では、おサイフケータイ利用に必要なFeliCaを搭載した格安スマホ端末が増えています。

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリスマホから、格安スマホへと乗り換えやすくなったのではないでしょうか。

キャリアスマホから格安スマホに乗り換え!端末はそのまま使える?

キャリアのスマホにはおサイフケータイが使える機種が多くあります。 手持ちのスマホをそのまま使える格安スマホ会社(MVNO)を選べば、格安スマホでも簡単におサイフケータイを継続して使えますよ。

おサイフケータイ対応の端末の仕組みについて理解できたでしょうか。 格安スマホでもおサイフケータイを使うためには、端末と「Felica」の有無が大切だということがわかりましたね。

それでは次に、Felica搭載のおサイフケータイが使えるオススメの格安スマホ端末をご紹介します。

FeliCaが搭載された端末を紹介!

FeliCaが搭載された格安スマホ(SIMフリー)端末にはどのようなものがあるのでしょうか。

Android端末・iPhone、及び具体的な格安スマホ機種をまとめました。 格安スマホでおサイフケータイを使いたい方は要チェックです。

FeliCa搭載のSIMフリー端末①Androidなら

Android端末の場合、2016年以降に発売された格安スマホ(SIMフリー)端末であればFeliCa搭載のものが多くあります。 中でもSHARPのAQUOSシリーズはおサイフケータイが使える格安スマホ端末が多いのでおすすめです。

FeliCa搭載のSIMフリー端末②iPhoneなら

FeliCa搭載の格安スマホ(SIMフリー)端末をiPhoneから選ぶ際は、iPhone7以降がおすすめ。FeliCa搭載はもちろん、Apple Payでの支払いもできます。

ここまでは、ざっくりとおサイフケータイ対応端末をご紹介しました。 もっと詳しい機種が知りたい!という方のために、オススメの端末を3つ厳選して紹介したいと思います。

FeliCa搭載のSIMフリースマホ。おすすめ機種3選

おサイフケータイ対応の具体的なおすすめ機種を3つご紹介していきます。 格安スマホへの乗り換えと同時に新しい端末の購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ格安スマホ端末①Google製『Pixel 3』
googlepiel,おサイフケータイ,格安SIM,格安スマホ
googlepiel,おサイフケータイ,格安SIM,格安スマホ
充実した機能がウリのGoogle製の『Pixel 3』。AIカメラを筆頭に生活を豊かにするアプリが搭載されています。もちろん、NFC・FeliCaを搭載したおサイフケータイ対応の格安スマホ端末です。
    『Pixel 3』のおすすめポイント
  • 夜間でも鮮明な写真撮影が可能
  • Pixel 3であれば、ズームしてもぼやけない・暗い場所でも美しく鮮明に写真撮影が可能に。収めたフォトは、無制限のオンラインストレージに無料で保存できます。

  • 便利な防水・急速充電対応
  • Pixel Standを使ってスピーディーに充電できます。また、ユーザーの行動を学習するPixel 3は、使用頻度の高いアプリにバッテリーを割り振ってくれるんです。

    大事な作業もアシストしてくれる高性能バッテリー。さらに、防水機能もついているので、日常で使いやすい格安スマホ端末です。
おすすめ格安スマホ端末②SHARP製『AQUOS sense2 SH-M08』
格安スマホ,格安SIM,おサイフケータイ,aquossense2
格安スマホ,格安SIM,おサイフケータイ,aquossense2
SHARP製の『AQUOS sense2 SH-M08』は、ユーザビリティを重視した機能が充実しています。Pixel3同様ワンセグ非対応ですが、大きく美麗な画像が自慢です。
    『AQUOS sense2 SH-M08』のおすすめポイント
  • デジタルシネマの標準規格に対応
  • 家電メーカーSHARPが開発した液晶テレビ「AQUOS」の技術を継承。写真・動画ともに豊富な色彩で実物に近い再現性を実現しました。鮮やかな動画再生も自慢。HDR画質のような豊かな表現を可能にします。

  • 基本をきっちり抑えた防水対応・電池持ち
  • 5.5インチの大画面は、水滴がついても動作可能。防水対応で水周りでも安心です。また2,700mAhのバッテリーは電池に負担の少ない”インテリジェントチャージ”対応。電池持ちがよく、外出時も大事なお知らせを逃がしません。

  • sense2 SH-M08もテザリングOK
  • wifi・Bluetooth・USBで15台のテザリングに対応。格安スマホからPC・タブなどインターネットを楽しめます。
おすすめ格安スマホ端末③Apple製『iPhone 7』
おサイフケータイ,端末,iPhone7,格安スマホ
おサイフケータイ,端末,iPhone7,格安スマホ
中古でも人気のApple製の『iPhone7』。2018年にUQmobile・Y!mobileから、2019年にはドコモから販売されることが発表されています。
    『iPhone 7』のおすすめポイント
  • Apple Payが利用可能なFeliCaを搭載
  • 日本向けのiPhone7は他地域と共通のNFCを搭載しながらも、日本向けの当モデルのみ日本国内でApplePayを利用できるFeliCaが有効となりました。おサイフケータイが使えるiPhoneです。
いかがでしたか?どの機種も高性能で魅力的ですよね。 気に入ったものがあれば、格安スマホへの乗り換えのタイミングでぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、新しい端末の購入には、高いコストがかかりますよね。そこで、「コストをできるだけ抑えるにはどうしたらいいの?」という疑問にお答えしたいと思います。

格安スマホへの乗り換え時に必要なコストの話

通常、格安スマホ(SIMフリー)の端末自体は高めの価格で設定され、乗り換え時に購入すると費用がかさむものです。 最近はSHARPの「AQUOS R2 Compact」や上述機種など、比較的高性能のモデルの増加が目立ちます。

安い乗り換えを重視するなら、キャリアで購入したおサイフケータイ対応端末でそのまま乗り換えるのがベストです。

格安スマホでおサイフケータイを使う際には、コスト以外にもいくつか注意点があります。 契約後に「おサイフケータイが使えない!」と後悔をしないために、事前に注意点を確認しておきましょう。

格安スマホでおサイフケータイを使うときの注意点

格安スマホ端末でおサイフケータイを使う時に注意して頂きたいのは、以下の2点です。

①おサイフケータイで「iD」が使えない端末がある

「iD」はクレジットカードと紐づけることで端末上の決済を可能にする「ポストペイ方式」のアプリケーションです。iDにクレジットカードを搭載し、おサイフケータイから利用した分はクレジットカード利用分と一括請求されます。

他の電子マネーと仕組みが異なるため、格安スマホ端末の一部には「iD」非対応のケースが見られます。

②AndroidとiPhoneでは使える電子マネーが異なる

おサイフケータイを利用するにあたり、iPhoneとAndroid端末では使える電子マネーが異なります。

iPhoneの場合
「Apple Pay」がiPhoneの”おサイフケータイ”です。 交通系電子マネーで利用できるのは「Suica」のみ。

また、クレジットカードを搭載することで「iD」・「QUICPay」が利用できます。2019年の時点で、WAON・nanaco・楽天Edyは対応していません。

Androidの場合
おサイフケータイアプリをダウンロードし、使いたいサービスの初期設定をすることで格安スマホでも簡単におサイフケータイを利用できます。

対応電子マネーは「Suica・iD・QUICPay・WAON・nanaco・楽天Edy」です。「Apple Pay」は利用できません。

乗り換えの最重要ポイントは端末選び

格安スマホでも便利なおサイフケータイが使えるかどうかは、乗り換え後に利用するスマホ端末次第です。

最近では、おサイフケータイ利用に必要なFeliCa搭載の格安スマホ(SIMフリー)端末が、Android端末・iPhoneともに多くリリースされています。

しかし、iPhoneはApplePayの利用となるため、使えないおサイフケータイ機能があることに注意しましょう。

キャリアから格安スマホに乗り換えた後もおサイフケータイを使い続けたい!

そうお考えの方は、キャリアから格安スマホに乗り換えた後の端末と、使える・使いたい電子マネーとの組合せを考慮することが必要です。

自分の用途に合った端末を選んで、お得な格安スマホを手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP