格安SIM,ライン,アプリ,引き継ぎ

格安スマホでLINE(ライン)を使うなら!必ず確認すべき注意点

格安スマホに乗り換えたいけど、LINEは使えるのか心配…

そんな方に向け、今回は格安スマホでLINEを使う方法をご紹介。

結論を先に申し上げると、格安スマホでもLINEを使うことは可能です。ただし、友達を追加するときに便利なID検索が使えなくなったり、乗り換え時のLINEアカウント引継ぎの手続きをする必要があったりと、いくつか注意が必要なのです。

とはいうものの、全て簡単に対策できるものばかりなので、心配は無用です。そのまま格安スマホでLINEを使いたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

乗り換えでスマホを変える人は引き継ぎが必要

LINEなどのアプリは、スマホを乗り換える時に「引き継ぎ」を行うのが当たり前。LINEのアカウント情報は、手持ちのスマホ端末に紐づいているため、乗り換えに伴って端末が変わると、LINEのデータは自分で引き継ぎ設定をしなければいけません。

しかし、例えばキャリアから格安スマホに乗り換える場合には、現在使用している端末を使い続けることが可能。この場合には、LINEアカウントの引き継ぎ操作は必要ありません。

一方で、格安スマホに乗り換えた際にスマホ端末も変える場合は要注意LINEアカウントの引き継ぎ、あるいは新規登録をする必要があります。

LINEアカウントの引き継ぎは、MNP転入で同じ番号を使い続ける場合も、乗り換えを機に新たな電話番号を取得する場合でも可能です。

一方の新規登録は、新たな電話番号で新規にアカウントを作ることになります。しかし、格安スマホで新規登録をするのは手間がかかるため、なるべく避けたいところ。特別な事情が無い人は、わざわざ新規登録を選ぶのではなく、「アカウント引き継ぎ」をすることをおすすめします。

このような引き継ぎ作業は、格安スマホに限らずキャリアのスマホ同士で乗り換える際にも必要な作業です。基本的に、格安スマホでもキャリアでも、LINEの使い方に大きな違いはありません。

しかし、格安スマホでLINEを利用する際には、1点だけ気をつけなければいけないポイントがあります。

実は、格安スマホではLINEで連絡先を増やす際に使う機能「ID検索」が使えません。これは、格安スマホとキャリアは利用しているSIMカードの違いが原因となっています。

では、なぜ格安スマホのSIMカードではID検索ができないのか、理由を詳しく見ていきましょう。

格安スマホでは年齢認証とID検索ができない!

LINEのID検索は、友達追加に必要な機能の1つです。LINE上で自分の好きなIDを設定し、友達がそのIDを検索することによって友達を追加できる仕組みです。

ID検索をするためには、LINE内で年齢認証を行わなければなりません。

auやドコモ、ソフトバンクなどの大手携帯会社では、希望に応じてLINEに年齢を開示することができます。しかし、格安スマホ会社(MVNO)は、異なる会社間での個人情報の規制が厳しいため、年齢を開示することができません。

その結果、格安スマホでは年齢認証を行えず、ID検索することができない状態になるのです。

とは言うものの、LINEに友達を追加するには、ID検索以外にも多くの方法があります。そのため、格安スマホでID検索が使えないからと言って、大きな不便を感じることはないはず。

ID検索以外を使う対策法については、後で詳細を詳しく紹介します。その前に、まずはLINEを格安スマホに引き継ぐ方法を見ていきましょう。

LINE(ライン)を格安スマホに引き継ぎ・新規登録する方法

先ほどもご説明した通り、格安スマホに乗り換える際に機種変更をすると、LINEの引き継ぎが必要。そして、もし格安スマホに引き継ぎをしない場合には、新規登録をしなければいけません。

LINEの引き継ぎを行うと、今までのアカウントや友達リスト、スタンプなどを引き継ぐことができます。ただし、トーク履歴も引き継ぐためには、バックアップをとっておく必要があります。

LINEの引き継ぎ
友達リストやスタンプの引き継ぎ、購入したコインの残高※などが可能。
トーク履歴は別途バックアップすること。

※同じOS間で引き継ぐ場合のみ可能。
LINEの新規登録
友達リストやスタンプは引き継げない。
LINEアカウントを最初から作り直す必要があるため、手間がかかる。

この2つの方法に分けて解説していきます。

LINE(ライン)を格安スマホに引き継ぐ方法

まず、LINEを格安スマホに引き継ぐ前に、下準備をしておく必要があります。

必ずやっておきたい下準備
  • 自分のLINEアカウントに、電話番号、メールアドレス、パスワードの登録
  • LINEアカウントとFacebookの連携

これらの作業をやっておかないと、後々の引き継ぎ作業でうまくいかなくなった時に、対策がとれなくなってしまいます。どちらも、LINEの設定(歯車マーク)にある「アカウント」から登録できる、忘れずにやっておきましょう。

特に、格安スマホに変える際に見落としがちなのが、「メールアドレス」です。LINEのアカウントをキャリアメール(auやドコモ、ソフトバンクなどのメールアドレス)で登録している場合は、前もってLINEアカウントのアドレス変更作業が必要になります。格安スマホに乗り換えた後にも確認できるアドレスに変更しましょう。

もしメールアドレスを「@gmail.com」や「@icloud.com」で登録している場合には、変更する必要はありません。

引き継ぎ手順① LINEアカウントの引き継ぎをONにする
まず、今まで使っていたスマホでLINEを開き、「設定」から「アカウント引き継ぎ」を選びましょう。そして、「アカウントを引き継ぐ」をONにします。

これで、古いスマホの方でアカウント引き継ぎの準備が整います。

引き継ぎ手順② 乗り換え先のスマホでLINEをインストール
古いスマホでLINEアカウントの引き継ぎをオンにしたら、次は新しい格安スマホの作業になります。

格安スマホでLINEをインストールし、アプリを起動させます。そうすると、電話番号の入力を要求されるため、自分の新たな電話番号を入力します。

引き継ぎ手順③ 届いた認証番号を入力
電話番号を入力すると、自分の電話番号宛にSMSで認証番号が書かれたメッセージが届きます。

届いた認証番号をLINEの画面に入力すると、アプリ内で引き継ぎがスタート。本人情報が画面に表示されるので、間違いがなければ「はい」を 選択します。

引き継ぎ手順④ パスワード登録
最後に、古いスマホで登録していたLINEのパスワードを入力します。

パスワードを忘れてしまった場合は、事前準備で登録していたメールアドレスを使って問い合わせることができます。ここでメールアドレスを使うため、引き継ぎを開始する前に必ず古いスマホでメールアドレスを確認しておく必要があるのです。

無事パスワードも入力し終わったら、あとは画面に出てくる質問に答えていくだけで終わり。「友だち追加」や「トーク履歴の復元」など、自分の希望に沿って進めていってください。

SMS機能が付いていないSIMの場合の対処法

格安スマホでは、SMS機能がついていない「データ通信専用SIM」なども取り扱っています。人によっては、料金が安いなどの理由で、格安スマホをデータ通信専用SIMで契約した方もいるかと思います。

このような方は、LINEの引継ぎの際に必要な「認証番号」をSMSで受け取ることができません。これでは、引き継ぎどころかLINEアカウントの新規作成さえできないのでは…と心配になる方もいるでしょう。

しかし、ご安心ください。LINEの引き継ぎは、アカウントを「Facebook」と連携させることで問題なく行うことができます。

Facebookを使用してLINEを引き継ぐ方法

Facebookの引き継ぎ手順① Facebook連携をオンにする
まず、乗り換えをする前の古い端末で、LINEアカウントの「Facebook連携」設定をオンに切り替えます。LINEアカウントの設定(歯車マーク)から「アカウント」を開けば切り替えることができます。

連携の設定をオンにすると、Facebookへのログインを要求されるので、そのままログインします。これでFacebookとの連携は完了です。

Facebookの引き継ぎ手順② 古いスマホの「アカウント引き継ぎ」をON
Facebookの連携が完了したら、そのまま古い端末でアカウントの引き継ぎ設定をONにします。

これで引き継ぎについてはもうほとんど完了したと言って良いでしょう。

Facebookの引き継ぎ手順③ 新しいスマホでLINEにログイン
最後は、新しい格安スマホ端末でLINEをインストールし、「Facebookでログイン」を選択しましょう。Facebookでログインを選択すると、「認証確認」が表示されるため、「排除して認証」を選べば完了です。

このように、SMSがない格安スマホでも、Facebookと連携すればLINEの引き継ぎは問題ありません。データ通信専用SIMを選んだ方は、Facebookの認証で引き継ぎましょう。

新規でLINEアカウントを登録する方法

ここからは、格安スマホでLINEを新規登録する方法をみていきましょう。

基本的には、LINEアカウントの引き継ぎを行う際と手順は変わりません。

LINEの新規登録手順① LINEをインストール
まずは、LINEをインストールしましょう。

LINEアプリを起動させると、電話番号の入力を求められるので、格安スマホ端末の電話番号を入力します。

LINEの新規登録手順② 送られてくる認証番号を入力
自分の電話番号宛に、SMSで6桁の認証番号が送られてきます。

なお、SMS機能がついていない格安スマホの認証方法については、後でご説明します。

LINEの新規登録手順③ 初期設定を完了させる
あとは、初期設定を完了させればLINEが使えるようになります。

アカウント名や、プロフィール写真などを自分の好きに設定しましょう。

初期設定の「年齢確認」だけは格安スマホでは実行できないため、「あとで」というボタンをタップして下さい。

SMSがないSIMはFacebookで新規登録

SMS機能がついていないタイプの格安SIMを契約した方は、LINEの引き継ぎと同様に、Facebookアカウントで新規登録をすることが可能です。

方法は、LINEをインストール後、アプリを最初に立ち上げたときに「Facebookでログイン」を選択するだけ。FacebookログインでLINEに登録しても、Facebookの友達が自動的に追加されたり、LINEの情報がFacebook上に表示されたりすることはないので、安心です。

または、音声電話による認証も可能です。

格安スマホ端末でアプリを起動して電話番号を入力したあとに、「通話による認証」を選択して下さい。音声ガイダンスで6桁の認証番号が流れるので、その番号をLINE上で入力すればOKです。

以上のように、格安スマホにLINEを引き継ぐ・新規登録することは難しくありません。格安スマホでもぜひLINEを利用してみましょう。

ただし、引き継ぎをせずに新規登録をして新しいアカウントを作ってしまうと、前のアカウントで購入したスタンプや、友達リストのデータなどはすべて引き継ぎできなくなってしまいます。その点だけ注意して、忘れずにLINEの引き継ぎ手続きを行いましょう。

格安スマホでID検索を使うには?

さて、冒頭で説明した「格安スマホではID検索が使えない」という問題について、ここから対策法を解説します。

LINEには友達を追加する方法がいくつか用意されており、その場に居合わせていない人ともLINEで友達になることが可能です。では、方法を見ていきましょう。

ID検索以外でLINE(ライン)に友だちを追加する方法

ID検索以外でLINEに友だちを追加する方法は、4つあります。もちろん、格安スマホ以外でも利用できるため、活用してみて下さい。

自分のURLを発行する
自分のLINEのURLを発行し、友達になりたい相手にSMS・Emailで送ることで友だち追加をする方法です。

URLを送る際には、自分の格安スマホの「連絡先」に入っている友達からしか送り先を選ぶことができません。そのため、まずLINEで友達になりたい人の電話番号もしくはEmailアドレスを連絡先にいれておく必要があります。

また、LINEがスマホから連絡先情報を同期できるように、プライバシー設定を変えておきましょう。

連絡先に友達の情報を追加したら、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「招待」を選択します。そうすると、URLの送信方法を「SMS」か「E-mail」のいずれかから選択できるので、好きな方を選択。

そのあと、連絡先から友達になりたい相手を選べばOKです。

QRコードを利用する
これは、相手に自分のQRコードを見せて読み取ってもらう、または自分が相手のQRコードを読み取ることで友達になる方法です。

QRコードを利用するには、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「QRコード」を選択します。表示された画面で「OK」をタップすると、QRコードリーダーが表示され、友達のQRコードを読み取ることが可能になります。

自分のQRコードを表示したい場合は、QRコードリーダーのカメラが表示されている画面の右下の「マイQRコード」をタップします。

「ふるふる」を使う
ふるふるとは、お互いのiPhone同士を振ることで友達になるという方法です。

ふるふるを使う方法は、まず、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「ふるふる」を選びます。位置情報のアクセスは「今はしない」を選択すれば問題ありません。

最後に、隣にいる友達とスマホ端末やiPhoneを振れば、友達追加完了です。

パソコン版のLINEでのみID検索を行う
実は、パソコン版のLINEでは年齢認証が不要。そのままID検索をすることができます。

他の方法がどうにも上手くいかなければ、LINEをパソコンにインストールして、パソコンでID検索を行ってみましょう。

ID検索を使える格安スマホがある

ID検索をするにはキャリアの契約情報をもとに年齢認証が必要なので、格安スマホは年齢認証ができません。しかし、格安スマホの中でも年齢認証・ID検索を検索ができるブランドがあるのです。

それが、「LINEモバイル」と「Y!mobile」。LINEモバイルは、ソフトバンクとLINEの子会社です。一方のY!mobileは、格安スマホとは言え、ソフトバンクが運営するサブブランドという立ち位置のため、キャリアと同様にユーザーの契約情報と照合をとれるのです。

多くの格安スマホ会社がありますが、現在、格安スマホでLINEの年齢認証とID検索が行えるのは、この2社のみ。もしどうしても格安スマホでID検索が必要なら、LINEモバイルかY!mobileを選ぶことをおすすめします。

おすすめはSMS付きSIM・LINEモバイル・Y!mobile

今回は、格安スマホでLINEを使う方法を解説してきましたが、いかがでしたか?

LINEの引き継ぎの際には、SMS付きSIMの格安スマホは簡単に行うことができます。端末ごと格安スマホに乗り換えるのであれば、引き継ぎは絶対に必要になるため、忘れずに行うようにしましょう。

格安スマホで友達追加をする際に、今まで通りID検索を利用したい方は、年齢認証・ID検索が行える格安スマホ会社「LINEモバイル」や「Y!mobile」がおすすめ。

とはいえ、ID検索だけを理由に契約する格安スマホ会社を選ぶことはないかと思います。そこまで不便を感じないのであれば、様々なプランを比較した上で格安スマホ会社を選んでみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP