楽天,格安スマホ,アイキャッチ

楽天モバイルの格安スマホの料金・速度・評判まとめ

楽天モバイルは、通販の楽天市場でおなじみの楽天株式会社が運営する格安スマホサービス。

2017年からサービスが開始され、格安スマホ市場ではまだまだ新しい部類に入ります。しかし、2019年には「乗り換えたい通信サービス1位」「メインで利用している格安SIMサービス1位」(※1)を獲得するなど、楽天モバイルは格安スマホ業界の中でも圧倒的な人気を得ているのです。

「楽天」の知名度が高いから注目されているだけだろう…なんて思う方もいるかもしれませんが、実際のところ楽天モバイルは非常に使い勝手の良い格安スマホ。特に注目していただきたいポイントはこちら!

  • 楽天ユーザーは絶対お得!
    楽天市場で使えるポイント&月額料金の割引
  • プランの幅広さが嬉しい!
    2GB~30GBまでカバーする充実のプラン設計
  • 実店舗多数!
    格安スマホ初心者でも安心のサポート

楽天ユーザーはもちろん、楽天のサービスを特に使っていないという人も柔軟に使えるのが、楽天モバイルの良いところ。

今回は、そんな楽天モバイルの料金プラン・通信速度・サービスについて徹底解説。口コミや評判の紹介や、Web限定のお得な申し込みキャンペーン情報もお伝えします!

すぐに申し込みたい方はこちら 
※1. MMD研究所調べ
※掲載価格はすべて税抜きです。

シンプルかつ柔軟!2GB~30GBまで揃うプラン内容

楽天モバイルの料金プランは「組み合わせプラン」「スーパーホーダイプラン」の2つです。

組み合わせプラン
機能とデータ容量を自分の好きに組み合わせることができます。
SMSなしデータ通信SIM、SMSありデータ通信SIM、音声通話機能付きSIMの3つ。
今までのキャリアスマホと同じ使い方がしたいなら、音声通話機能付きSIMがおすすめ。

スーパーホーダイプラン
10分電話かけ放題&高速データ通信がセットになったプラン。
全ユーザーの8割が選んでいるプランで、シンプルでわかりやすい。 長期割や楽天会員割も適用されるのでお得。
迷ったらこれ!

どちらのプランでも、無料で「~~@rakuten.jp」のメールアドレスを利用できるため、キャリアメール代わりに利用することが可能。

また、オプションも豊富で、頼れる修理サービスなども充実しています。しっかりしたサポートで、格安スマホ初心者の方も安心です。

では、プランを1つずつ見ていきましょう!

自分にぴったりのプランが組める 組み合わせプラン

「組み合わせプラン」は、月間データ容量と、SMSや音声通話の有り・無しを自由に組み合わせるプランです。最低契約期間もないため、「ムダのない、自分にぴったりのプランを選びたい」という方におすすめです。

※この表は横にスクロールできます。
プラン 通話料金 月額基本料
通話SIM
(ドコモ/au回線)
SMSありデータSIM
(ドコモ/au回線)
SMSなしデータSIM
(ドコモ回線)
ベーシックプラン 国内通話
10円/30秒

国内通話
10分かけ放題
850円/月

(全て専用アプリ必要)
1,250円 645円 525円
3.1GBプラン 1,600円 1,020円 900円
5GBプラン 2,150円 1,570円 1,450円
10GBプラン 2,960円 2,380円 2,260円
20GBプラン 4,750円 4,170円 4,050円
30GBプラン 6,150円 5,520円 5,450円
契約解除料無し!


組み合わせプランでは、データ容量が3.1GBの小容量からから30GBの大容量まで幅広く揃っている点に注目。格安スマホでは、20GBや30GBなどの大容量データプランを用意している会社は少ないため、嬉しいポイントです。

ほとんどスマホを使わない人は3.1GBに、テザリングの利用や動画の視聴が多い方は20GB、30GBなどの大容量を契約するなど、自分の用途に合わせて柔軟に選ぶことができるでしょう。

月々のデータ容量を超えて使用した場合には、通信速度が200kbpsに低速化。反対に、使い切れなかったデータ容量は、1ヶ月だけ繰り越すことが可能です。

低速でもかまわない!とにかく安さを求める人はベーシックプラン
楽天モバイルの組み合わせプランのなかでも、「ベーシックプラン」はデータ容量の制限がなく、料金が最も安いプラン。 使いたいだけ無制限で使えるのに最安という秘密は、通信速度が常時200kbpsと低速になっている点にあります。

200kbpmという通信速度は、文字情報の送受信は問題ないものの、画像の読み込みなどに時間がかかる速度です。

Googleの検索結果が表示されるのも数十秒~1分ほどかかり、動画の視聴はもってのほか。データ通信の多いアプリゲームなども厳しいでしょう。

以上のことを踏まえると、ベーシックプランは本当に「安さ」だけを追求したプランだと言えます。

Wi-Fiなどの通信環境があるところでスマホを使うことが多い方や、外ではほとんどスマホを使わないという方は、ベーシックプランに契約すると月額料金を最小限に抑えることができるでしょう。

一方、外でもストレスなくスマホを使いたい方は、ベーシックプランはやめましょう。3.1GB以上のプランを選んだほうが使い勝手が良いはずです。

5分かけ放題つき スーパーホーダイプラン

8割以上の楽天モバイルユーザーが選んでいるという人気プランが、こちらの「スーパーホーダイ」。高速データ通信と、電話10分かけ放題がセットになったシンプルなプランです。

注目ポイントは、「楽天会員向けにお得な割引がある」という点。電話かけ放題もついた、キャリアと使い心地の変わらない格安スマホをお得に持ちたいなら、スーパーホーダイプランがおすすめ!

では、気になるプラン料金を見ていきましょう。

※音声通話機能+SMS機能付きSIMのプランのみ。
プランS プランM プランL プランLL
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
月額基本料 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
通話料金 10分以内何度でもかけ放題 (専用アプリ必要)
10分を超えた場合 国内通話10円/30秒(専用アプリ必要)
楽天会員割 楽天会員は加入後1年間-1,500円
ダイヤモンド会員はさらに-500円
契約解除料無し!
プランS プランM プランL プランLL
データ容量 2GB 6GB 14GB 24GB
月額基本料 2,980円 3,980円 5,980円 6,980円
通話料金 10分以内何度でもかけ放題 (専用アプリ必要)
10分を超えた場合 国内通話10円/30秒(専用アプリ必要)
楽天会員割 楽天会員は加入後1年間-1,500円
ダイヤモンド会員はさらに-500円
契約解除料無し!
※データ容量を使い切った後は、通信速度最大1Mbps。

楽天会員の割引特典でお得なスーパーホーダイプランですが、嬉しいポイントはまだまだあります。

なんと、スーパーホーダイプランでは、月間データ容量を超えてしまっても、1Mbpsの速度で通信が可能!

通信速度が1Mbpsあれば、テキストメインのWEBサイトは問題なく見られます。一般的に、他の格安スマホ会社で低速制限される場合、もっと遅い200kbpsまで制限されることが多いため、この点は大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、通信の混みあう12時~13時と18時~19時は、通信速度が最大300kbpsに制限されるため、遅さを感じる可能性があります。

また、もう1つ注意点として、電話の10分かけ放題には「楽天でんわアプリ」の利用が必須になります。普通の電話を利用すると、通話料が発生してしまうので、気をつけましょう。

楽天モバイルを使うなら楽天会員に登録がおすすめ

料金プランを見ていただくと分かる通り、楽天会員の場合は楽天モバイルを安く使うことができます。

逆に言えば、もし楽天モバイルを使うのであれば、楽天会員に登録するのが絶対におすすめです!

楽天会員の登録自体は、手数料・年会費無料。また、楽天市場や楽天トラベルなどのサービスも同じ会員IDで利用することができるため、様々なシーンで活用することができます。

また、楽天会員になった場合には、「楽天スーパーポイント」というお得なボイントが貯まるのも見逃せません。

楽天ポイントは1ポイント1円換算で使えるポイントで、楽天市場の買い物などで楽天スーパーポイントが貯まります。さらに、楽天モバイルの月額料金の支払いでも100円につき1ポイントが貯まる!

貯まったポイントは、楽天のサービス内で利用可能。楽天スーパーポイントで、楽天モバイルの月額料金を支払うことだってできるんです。

普段から楽天市場の通販を利用している方などは、ポイントが貯まりやすく、楽天モバイルをより安く使うことができますね。

楽天モバイルを真にお得に使いたいという方は、楽天会員になることも一緒に検討してみてください。

楽天のサービスは普段使わないから、スーパーポイントは溜まりにくいし魅力を感じない…という方も、「会員である」というだけでスマホの月額料金が安くなりますよ!

今だけ!お得な申し込みキャンペーン

楽天モバイルでは、お得な申込みキャンペーンを行っています。様々な特典がありますが、今回は特に特典内容が充実したものを選んでみました。

「プラス割」で2回線目以降のお申込みで最大5,000円キャッシュバック
通話SIMを契約中のユーザーが2回線目のSIMカードを契約した場合、下記の通りの特典を適用!

【2回線目が通話SIMの場合】
・SIMのみで契約した場合、5,000円をキャッシュバック
・スマホセットで契約した場合、スマホ本体価格から5,000円割引

【2回線目がデータSIM(SMSあり)/ データSIM(SMSなし)の場合】
・SIMのみで契約した場合、3,000円をキャッシュバック
・スマホセットで契約した場合、スマホ本体価格から3,000円割引

■対象
スーパーホーダイもしくは組み合わせプランに契約しているユーザーのうち、2回線目以降を申し込んだ方

■期間
終了未定

友達紹介キャンペーン
楽天モバイルの通話SIMを契約しているユーザーが紹介した人が楽天モバイルに契約した場合、紹介した方と紹介された方の両方に以下の特典が適用!

■被紹介者がWeb経由で申し込みの場合
被紹介者が通話SIMをスーパーホーダイで契約すると…
・紹介者に楽天スーパーポイント2,000ポイントをプレゼント
・被紹介者に楽天スーパーポイント2,000ポイントをプレゼント

被紹介者が通話SIMを組み合わせプランで契約すると…
・紹介者に楽天スーパーポイント1,000ポイントをプレゼント
・被紹介者に楽天スーパーポイント1,500ポイントをプレゼント


■被紹介者が店舗(楽天モバイルショップ)で申し込みの場合
被紹介者が通話SIMをスーパーホーダイで契約すると…
・紹介者に楽天スーパーポイント2,000ポイントをプレゼント
・被紹介者の契約日が平日の場合は紹介者に楽天スーパーポイント3,000ポイント、土日祝日の場合は2,000ポイントをプレゼント

被紹介者が通話SIMを組み合わせプランで契約すると…
・紹介者に楽天スーパーポイント1,000ポイントをプレゼント
・被紹介者のご契約日が平日の場合は被紹介者に楽天スーパーポイント2,500ポイント、土日祝日の場合は1,500ポイントをプレゼント


■対象
下記条件をすべて満たしたユーザー
  • キャンペーン期間中にWebまたは店舗(楽天モバイルショップ)で、楽天モバイルを”SIM”もしくは”端末+SIM”でお申し込み
  • 2019年11月末日までに被紹介者の楽天モバイルが開通
  • 紹介者のユーザID(raから始まる番号)を確認できること

■期間
2019年10月1日(火)0:00~2019年11月1日(金)9:59


その他料金まとめ
スマホを乗り換える際には、初期費用がつきもの。これは、キャリアを含め、どのスマホ会社でも発生します。

乗り換えのMNP転出料や、新規契約手数料を合わせるとなかなか大きな金額になるため、事前にチェックしてしっかり準備しておきましょう。

  • 新規契約手数料:3,000円
    (新規契約時のみ)
  • SIMの再発行/変更/交換:3,000円/枚
  • 通話料金:20円/30秒
    (アプリを利用しない場合)
  • ユニバーサルサービス料金:2円/月
  • 端末代:選んだ端末に応じて
  • MNP転出手数料:3,000円
    (他社にMNPで転出するときのみ)

便利なオプション

※この表は縦にスクロールできます。
サポート 料金 内容
端末補償 500円/月 楽天モバイルで購入した端末の補償サービス
つながる端末保証
by楽天モバイル
500円/月 他社で買った端末でも
加入可能な端末保証サービス
あんしんリモートサポート 500円/月 商品、ネットワーク機器の
相談ができるサポート
端末保証・あんしん
リモートサポートパック
800円/月 端末保証とリモートサポートがセットになったサービス
楽天モバイルWiFi
by エコネクト
362円/月 日本全国69,000ヶ所以上の
Wi-Fiスポットが利用可能になるサービス
データ復旧サービス 300円/月 通常30,000円以上かかるデータ復旧を
1回5,000円で受けられる
年2回まで利用可能
データ復旧サービス・
マカフィーモバイルセキュリティ
300円/月 スマートフォン・タブレットのセキュリティアプリ
データ復旧サービス・
マカフィー
マルチアクセスパック
500円/月 データ復旧サービスとモバイルセキュリティが
セットになったパック
楽天マンガ月額500コース
by 楽天モバイル
500円/月 雑誌の定額読み放題サービス
アドレス帳・写真
移行サービス
出張設定プラン
11,000円/月
(1ヶ月間有効)
端末とSIMセットのみ。
自宅で楽天モバイルの
設定をしてくれるサービス
スマート留守電 290円/月 スマート留守電アプリで、音声を文字に変えて
メッセージが聞ける留守番電話サービス
留守番電話サービス 300円/月 留守番電話機能をつけるサービス
キャッチホンサービス 290円/月 通話中に電話を受けた場合に応対できるサービス
データシェア 100円/月 前月繰越分のデータ容量を、
楽天モバイルの契約者同士で
分け合うシステム (最大5回線まで設定可能)
容量追加パック 300円/100MB
550円/500MB
980円/1GB
データ容量を追加でチャージできるオプション
購入翌月から3ヶ月繰り越せる
サポート 料金 内容
端末補償 500円/月 楽天モバイルで購入した端末の補償サービス
つながる端末保証
by楽天モバイル
500円/月 他社で買った端末でも加入可能な端末保証サービス
あんしんリモート
サポート
500円/月 商品・ネットワーク機器の相談ができるサポート
端末保証・
あんしんリモート
サポートパック
800円/月 端末保証/リモートサポートが
セットになったサービス
楽天モバイルWiFi
by エコネクト
362円/月 日本全国69,000ヶ所以上の
Wi-Fiスポットが利用可能になるサービス
データ復旧サービス 300円/月 通常30,000円以上かかる
データ復旧を、1回5,000円で
受けられる。
年2回まで利用可能
データ復旧サービス・
マカフィーモバイル
セキュリティ
300円/月 スマートフォン・タブレットのセキュリティアプリ
データ復旧サービス・
マカフィー
マルチアクセスパック
500円/月 データ復旧サービスとモバイルセキュリティが
セットになったパック
楽天マンガ
月額500コース
by 楽天モバイル
500円/月 雑誌の定額読み放題サービス
アドレス帳・写真
移行サービス
出張設定プラン
11,000円/月
(1ヶ月間有効)
端末とSIMセットのみ。
自宅で楽天モバイルの
設定をしてくれるサービス
スマート留守電 290円/月 スマート留守電アプリで、
音声を文字に変えて
メッセージが聞ける
留守番電話サービス
留守番電話サービス 300円/月 留守番電話機能を
つけるサービス
キャッチホンサービス 290円/月 通話中に電話を受けた場合に
応対できるサービス
データシェア 100円/月 前月繰越分のデータ容量を、
楽天モバイルの契約者同士で
分け合うシステム
(最大5回線まで設定可能)
容量追加パック 300円/100MB
550円/500MB
980円/1GB
データ容量を追加で
チャージできるオプション
購入翌月から3ヶ月
繰り越せる


通話は楽天でんわアプリがおすすめ

格安スマホの場合、油断していると通話代で月額料金が高額になってしまうというケースもあります。

楽天モバイルでも、通話料金は20円/30秒。5分も電話をすれば、200円かかる計算になります。電話の多い人は、通話料金が嵩んでしまいますね。

せっかく格安スマホにしても安くならない!という人は、楽天モバイルの通話アプリ「楽天でんわ」を利用しましょう。

「楽天でんわ」は、通話料金が通常の電話の半額(10円/30秒)。また、オプションをつければ月額850円で10分以内の電話がかけ放題になります。

このかけ放題オプションですが、スーパーホーダイプランの場合は月額基本料金の中に含まれているため、わざわざオプションを付ける必要はありません。

最近では電話をあまり使わないという方も多いかもしれませんが、病院の予約や飲み会のお店予約など、ちょっとしたことで電話を使う機会はまだまだあります。

気づいたら電話料金が高額になっていた…とならないように、楽天モバイルで電話をするなら「でんわアプリ」を使いましょう。

3大キャリアとの料金比較・シミュレーション

楽天モバイルに乗り換えたら、3大キャリアの場合からどれだけ安くなるのか、実際の例を挙げてみてみましょう。

楽天モバイルには、全ユーザー中8割もの人が加入する「スーパーホーダイ」と、自分の好みでプランに加入できる「組み合わせプラン」の2種類があります。

今回の料金比較では、この2つのプラン両方ともを3大キャリアと比べてみます。



ドコモからの乗り換え

▼乗り換え前の条件
  • ドコモの5GBプラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用
▼毎月の支払い額   
ギガライト(2年契約、5GB使用) 4,980円
5分通話無料オプション 700円
端末代金 1,100円
合計 6,780円
▼乗り換え前の条件
  • ドコモの5GBプラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用

▼毎月の支払い額   
ギガライト
(5年契約、5GB使用)
4,980円
5分通話無料オプション 700円
端末代金 1,100円
合計 6,780円


乗り換え後の楽天モバイル「スーパーホーダイ」
▼乗り換え後のプラン
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円
▼乗り換え前の条件
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円


乗り換え後の楽天モバイル「組み合わせプラン」
▼乗り換え後のプラン
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
組み合わせプラン5GB(通話SIM) 2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円
▼乗り換え前の条件
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
組み合わせプラン5GB
(通話SIM)
2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円


楽天モバイルのスーパーホーダイでは、5GBのプランがないため、6GBのデータ容量となる「プランM」で契約するシミュレーションです。乗り換えでデータ容量が5GBから6GBへと増えたにもかかわらず、なんと月額料金は-4,300円!

その上、電話のかけ放題が適応される通話時間は10分とドコモよりも長い時間なので、機能面で見ても非常にお得です。

もう1つの「組み合わせプラン」では、5GBのプランに電話の10分かけ放題オプションを付けて3000円と、ドコモよりも-3,780円

組み合わせプランでは長期割や楽天会員割が適用されない分、スーパーホーダイプランよりも月額料金が割高ですが、それでもドコモよりはぐっと安くなりますね。

auから乗り換えの場合

乗り換え前のauのプラン
▼乗り換え前の条件
  • auの4GB~7GBプラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用
▼毎月の支払い額   
auピタットプラン7プラス
(7GBまで使用可)
5,480円
通話定額ライト 500円
家族割プラス スタートキャンペーン -1,000円
端末代金 1,611円
合計 6,591円
▼乗り換え前の条件
  • auの4GB~7GBプラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用

▼毎月の支払い額   
auピタットプラン7プラス
(7GBまで使用可)
5,480円
通話定額ライト 500円
家族割プラス
スタートキャンペーン
-1,000円
端末代金 1,611円
合計 6,591円


乗り換え後の楽天モバイル「スーパーホーダイ」
▼乗り換え後のプラン
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円
▼乗り換え前の条件
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円


乗り換え後の楽天モバイル「組み合わせプラン」
▼乗り換え後のプラン
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
組み合わせプラン5GB(通話SIM) 2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円
▼乗り換え前の条件
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
組み合わせプラン5GB
(通話SIM)
2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円


auとの料金比較を見ると、スーパーホーダイプランの場合、約-4,100円ダウン

auでは、4GB~7GBの範囲であればどんなに使っても一定の基本料なので、7GBまでたっぷり使わない場合には損でした。

しかし、楽天モバイルのスーパーホーダイなら、6GBで基本料金が設定されているので、無駄がありません。

組み合わせプランを見ても、5GBへの乗り換えで約-3,500円ダウンしています。

ソフトバンクから乗り換えの場合

乗り換え前のソフトバンクプラン
▼乗り換え前の条件
  • ソフトバンクの5GB定額プラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用
▼毎月の支払い額   
データ定額ミニモンスター(5GB) 6,980円
通話基本プラン 1,200円
ウェブ使用料 300円
通話準定額オプション 500円
1年おトク割 -1,000円
端末代金 1,830円
合計 9,810円
▼乗り換え前の条件
  • ソフトバンクの5GB定額プラン
  • 5分以内の無料通話オプション付き
  • iPhone 7(32GB)使用
  • ドコモの端末代を払い終わった時点で解約
  • 乗り換え後も端末は継続して使用

▼毎月の支払い額   
データ定額ミニモンスター
(5GB)
6,980円
通話基本プラン 1,200円
ウェブ使用料 300円
通話準定額オプション 500円
1年おトク割 -1,000円
端末代金 1,830円
合計 9,810円


乗り換え後の楽天モバイル「スーパーホーダイ」
▼乗り換え後のプラン
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円
▼乗り換え前の条件
  • スーパーホーダイプランM (6GB)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題が無料で付加
  • 楽天会員に登録すると仮定。
    楽天会員割で1年間-1,500円適用。

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
スーパーホーダイプランM(6GB) 3,980円
楽天会員割(1年間) -1,500円
合計 2,480円


乗り換え後の楽天モバイル「組み合わせプラン」
▼乗り換え後のプラン
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加
▼楽天モバイルの毎月の支払い額   
組み合わせプラン5GB(通話SIM) 2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円
▼乗り換え前の条件
  • 組み合わせプラン5GB(通話SIM)
  • iPhone 7使用(そのまま使用)
  • 10分かけ放題オプション付加

▼楽天モバイルの毎月の支払い額
組み合わせプラン5GB
(通話SIM)
2,150円
10分かけ放題オプション 850円
合計 3,000円


ソフトバンクと料金を比較してみると、スーパーホーダイプランではなんと-7,380円!ひと月で-7,000円ほどということは、1年間だと-84,000円もの節約になります!

人によっては、ソフトバンクのスマホでも月額料金がもう少し安いという方もいるかもしれませんが、それでもドコモやauとの比較と同じくらいの金額を節約できるのではないでしょうか。

月々のスマホ代金が高すぎるという方は、楽天モバイルへの乗り換えを検討してみることをおすすめします。月間3000円だけでも節約できれば、負担の重さが全く違うでしょう。

昼・夜は遅くなる?楽天モバイルの通信速度

いかに安いとは言え、格安スマホの速度は非常に重要。特にWi-Fi環境のない外で利用する場合には、通信速度が良くなければ使い物になりません。

楽天モバイルの通信速度は、公式サイトの記載によると、下り500Mbps。ただし、この数値には「理論上の最高値です」という注釈がついています。

理論上の最高値ということは、常にこの速度が出ているわけではないということ。格安スマホの場合、利用が集中するランチタイムや夜は速度が低下する傾向にあります。そのため、本当に知るべきなのは「実際に測定した測定データ」です。

そこで当サイトでは、時間帯別に楽天モバイルの速度を測定したデータをまとめました。

時間別通信速度評価表

au回線
朝(8時台) 昼(12時台) 夜(20時台)

4Mbps~
動画も快適!

2Mbps~3Mbps
中画質動画OK

2Mbps~3Mbps
中画質動画OK


ドコモ回線
朝(8時台) 昼(12時台) 夜(20時台)

4Mbps~
動画も快適!

1Mbps以上~
軽いWEBサイトは閲覧可能

2Mbps~3Mbps
中画質動画OK
※測定データは場所、曜日などによっても異なります。

ランチタイムや夕方には2Mbps台まで低下しますが、WEB閲覧やYouTubeでの中画質の動画再生であれば、問題なく利用できる速度が出ています。

この時間帯にも高画質動画を楽しみたい人や、常にさくさく使いたい!という人は、モバイルWi-Fiの併用がおすすめです。

外出先でも快適にネットが使えるモバイルWi-Fiについて、詳しく知りたい人は、ぜひこちらの記事を読んでみてください。

関連ページ モバイルWi-Fiについて知りたい方は、
モバイルWi-Fi各社の速度・特徴・費用の徹底比較表【保存版】へ!


通信速度に関する楽天モバイルの便利な機能

楽天モバイルには、通信速度に関して申し込み不要で使える便利な機能があります。

うまく利用すれば、高速通信データ量を減らすことができ、月額料金の節約にもつながります。いずれも、申し込むプランに関わらず利用できます。

バースト機能
低速通信時でも、通信開始直後だけ高速通信を行い、読み込みを早くする機能です。

テキストメインのサイトであれば、数秒で読み込みが完了するため、低速時でもストレスを感じることなく使用することができます。

高速/低速データ通信の切り替え
楽天モバイルアプリを使って、高速/低速データ通信を自分で切り替えることができます。

低速(200kbps)で通信をしているときはデータ容量を消費しません。データ消費量を節約したいときは低速通信で、さくさくネットを楽しみたいときは高速通信でと、自由に使い分けができます。

ちなみに、使用環境にもよりますが、TwitterやLINEの無料通話、チャット、radikoなどのアプリは、200kbpsあれば十分使用できることが多いです。出先で軽くSNSを使う程度であれば、低速通信で十分なことも多いでしょう。

データ通信の3日間制限なし
格安スマホの多くは、「3日間で〇〇GB使うと速度制限がかかる」というものが多く見られます。しかし、楽天モバイルでは2017年3月にこの制限を撤廃しました。現在は、データ通信量の制限はありません。

速度に関する口コミ評判

では、楽天モバイルを実際に使用しているユーザーの評判はどうなのでしょうか?楽天モバイルの速度に関する口コミをまとめました。

  • 速度を制限されても、そこそこストレスのない速度が出る
  • 昼間は遅いが、キャリアの半額以上安くなることを考えると満足
  • 日によって遅いこともあるが、気にならない

やはり常にサクサク通信できるわけではないようですが、気にならない程度の遅さのようです。

しかし、人によってはスマホが使えないほど遅くなることも。下記のような口コミが見られました。

  • 人混みだと通信がかなり遅い。外ではあまり使いたくない
  • Web閲覧やTwitterも、読み込みに時間がかかることがある
  • 低速モードでも動画は見られるが、見られないことも多くストレスを感じる

日によっては、Web閲覧も厳しいほどの低速になってしまうこともあるようで、満足度の低い口コミも見られました。常に速い速度で使いたい方は、やはりモバイルWi-Fiなどでカバーする必要があるでしょう。

速度についてはなかなか厳しい意見もありますが、格安スマホであるだけにある程度は仕方のないところもあります。

固定回線の引いてある家でスマホをいじることの多い人などは、楽天モバイルに乗り換えてもストレスが少ないでしょう。しかし、外でもたくさん使う人は、自分が格安スマホに乗り換えても問題ないかよく考える必要があります。

楽天モバイルのSIMが使えるスマホ

楽天モバイルに乗り換えるときには、自分が持っているスマホ端末をそのまま使い続けるか、乗り換えを機に新たな端末を購入するかの2つの方法があります。

基本的に、格安スマホに乗り換える方は自分のスマホ端末をそのまま使い続けることが多いようです。しかし、楽天モバイルはスマホ端末の品揃えが豊富なので、新たな端末を検討してみるのもおすすめです。

もしお手持ちのスマホ端末をそのまま使う場合、通信回線が合うかどうかに注意しましょう。楽天モバイルでは、「スーパーホーダイプラン」ではドコモ回線、「組み合わせプラン」ではドコモ回線とau回線を利用しています。

プランごとに利用できる回線が異なることに注意が必要ですが、ドコモもしくはauで購入したスマホ端末なら楽天モバイルでもそのまま使うことができます。

ただし、ドコモやauで購入したものであっても、スマホ端末が古い場合には楽天モバイルに乗り換えることができない可能性があります。

自分のスマホ端末が楽天モバイルに対応しているかどうかは、楽天モバイルの「動作確認一覧」のページに記載されているので、確認するようにしましょう。

また、ドコモ・au以外のスマホでも、「SIMロック解除」をすることで楽天モバイルに乗り換えることができます。この場合も、動作確認はチェックしておく必要があるので、忘れずに見ておくようにしましょう。

取り扱いのあるスマホ

楽天モバイルでは、SIMフリー端末をお得な価格で販売しています。そのため、乗り換えを機に新たな端末を購入したい場合には、楽天モバイルで購入するのもおすすめ。

特に楽天モバイルでは、「Galaxy」を含む新製品を9月から販売を開始。端末の販売にも地ァらを入れていることが伺えます。

ぜひチェックしてみて下さい!

店舗もネットもOK!申し込み方法を解説

ここでは、実際に楽天モバイルに申し込む際の手順を紹介します。

申し込みは店舗・ネットから

楽天モバイルの申し込みは、店舗・ネットから可能です。

ネットの場合は、24時間いつでも待ち時間なしで申し込み可能。ネットでの申し込みは、指示に従いプランなどを入力していくだけなので、20分もあれば完了します。

店舗からの契約のケースも、楽天モバイルは全国に60店舗以上の直営店を構えているため、比較的簡単に行えるでしょう。

実際にスマホを触って試せたり、プランについて相談できたりするのが店舗のメリットです。しかし、混み合うこともあるため、時間には余裕を持って行くことをおすすめします。

申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類(データSIMの場合は不要)
  • MNP番号(他社からMNP転入する場合のみ)
  • 本人名義のクレジットカードまたはデビットカード
  • キャッシュカード(口座引き落としの場合)

すでに楽天会員になっている人は、IDとパスワードを入力すれば簡単に楽天モバイルの申し込みができます。

申し込みから最短で2~3日後にSIMが到着し、初期設定を行えばその日からスマホを使うことができます。ちなみに、格安スマホの初期設定は、デジタルが苦手な私でも5分ほどでできる簡単なものです。

「楽天会員じゃないけど、この機会に楽天に登録しよう」という人は、申し込みの前に会員登録を済ませることになります。「楽天会員の新規登録はこちら」のページから手続きを進めてください。

支払方法

楽天モバイルの支払方法は、クレジットカード/デビットカード払い、もしくは口座振替から選べます。

クレジットカード/デビットカード払いを選んだ場合、手持ちの楽天スーパーポイントを月額料金の支払いに充てることができます。支払いが楽天以外のクレジットカードでも、楽天スーパーポイントのアカウント情報を入力すれば、ポイントが使えます。

一方、口座振替の場合は、引き落とし手数料100円/月がかかることに注意が必要です。また、楽天スーパーポイントについては、端末代金の一括払いには充てられますが、月額料金の支払いには充てられません

サポート体制

楽天モバイルは、サポートも充実しています。そのため、格安スマホ初心者の方でも、安心して契約することが可能です。

楽天モバイルのサポート体制は、主に以下の通りになっています。

店頭相談 全国に実店舗あり。
店舗の待ち時間が長いこともあるので、
時間に余裕を持って行きましょう。
電話相談 サポートセンターが
9時~18時(年中無休)で対応。
ただし、混み合うことが多く、
5~20分の待ち時間が出ることも。
特に14時以降は繋がりにくいので、
午前中に利用するのがベスト。
チャット相談 年中無休で24時間対応の
AIチャットサービスと、
オペレーター対応の有人チャット。
有人チャットは9時~24時の間で
問い合わせ可。
ほとんど待ち時間なしで対応してくれる。


メリットから見る楽天モバイルが向いている人

ここまで楽天モバイルの特長について説明してきましたが、いかがでしたか?

それでは最後に楽天モバイルに向いている人を見ていきましょう。

楽天モバイルが向いている方

楽天会員の方

楽天の通販や、楽天銀行の口座を利用しているなど、すでに楽天会員になっている方は楽天モバイルが非常におすすめ!

楽天モバイルに契約していると、楽天市場で貯まる楽天スーパーポイントが増えたり、貯まったポイントを月額料金の支払いに使えたりと、楽天ユーザーは嬉しいメリットが盛り沢山。

楽天ポイントを利用してスマホ代が0円なんてことも可能です。

スマホの月額料金の支払いでも楽天ポイントが貯まるので、楽天市場のお買い物もよりお得に!

もちろん、楽天モバイルの契約を機に楽天会員になるのも良いでしょう。ポイントを効率的に貯めて、月々の買い物やスマホ代をぐっと節約することができます。

クレジットカードが無く、口座振替を利用したい方

楽天モバイルは、格安スマホの中でも珍しく、クレカ以外の支払いが可能です。

デビットカードと口座振替が選択できるので、自分の銀行口座さえあれば契約することができます。

乗り換えに合わせて携帯を自分の名義で契約したい大学生などは、クレジットカードをもっていないケースも多いでしょう。そのような場合には、楽天モバイルを検討してみることをおすすめします。

格安スマホ初心者の方

楽天モバイルは、通話もデータ通信もひとまとめになった分かりやすい「スーパーホーダイプラン」が用意されています。

また、日本各地に直営店があるので、もしものときにも直接対応してもらえるのが心強いです。

うまく設定ができない、スマホの調子が悪いなどの場合にも相談に乗ってもらえるため、スマホ初心者でも安心して契約することができるでしょう。

ポイント活用でより「格安」に!

楽天モバイルは、料金・通信速度ともに満足度が高く、充実のサービス内容と手厚いサポートは格安スマホの中でもトップクラスです。

格安スマホとはいえ、日々使うものは「使いやすさ」が重要。楽天モバイルなら、抜群の使いやすさでストレス無く毎月のスマホ代を格安にすることができます。

ぜひこの機会に、楽天モバイルを検討してみてはいかがでしょうか?

楽天モバイルにお申し込みの方は
こちらをクリック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  2. Y!mobileの評判・料金・エリア・制限
    月間データ容量が無制限!?Y!mobileのモバイルWi-Fiを徹底調査!オプシ…
  3. Yahoo!Wi-Fiの評判・料金・エリア・制限
    2019年モバイルWi-Fi最新情報 当ページでご紹介しているYaho…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP