ポケットWiFi,lte,wimax,お試し,エリア,判定,プロバイダ,おすすめ

WiMAXのエリア判定は当てにならない?本当に繋がるかを知る方法

WiMAXの契約を開始する前に、必ず確認するべき「エリア判定」。

ただ、○や△という曖昧なエリア判定結果では「WiMAXが本当に繋がるのか」、「実際にどのくらいのスピードが出るのか」といった疑問が残りますよね。

もし、エリア判定が○だったとしても、すぐに契約をしてしまうのは危険です!

契約をした後にWiMAXが繋がらないことが判明してすぐに解約する場合、違約金で約20,000円程損をしてしまうかもしれません。

このページでは、WiMAXを初めてご契約される方にもわかりやすく、エリア判定の基礎知識からエリア判定結果の捉え方や注意すべき点まで解説します

契約後に後悔することがないよう、WiMAXの契約を検討している方は全員、必ずこのページを読んでから契約に進みましょう。

WiMAXのエリア判定とは?

WiMAXの親会社であるUQコミュニケーションズが提供する、WiMAX通信の繋がるエリアを判定できるサービスです。

WiMAX通信は都市部を中心にサービスエリアを拡大中ですが、日本中の全てのエリアをカバーできているわけではありません。

そのため、契約前に自分の使いたい場所でWiMAXは繋がるのかを確認しておく必要があるのです。 WiMAXのサービスエリアはUQWiMAXの公式サイトで簡単にチェックすることができます。

WiMAXならどの機種でも使える範囲は変わらない?

結論から言うと、どのWiMAX機種でも、どのプロバイダ(WiMAXの代理店)と契約をしても、通信できるエリアに違いはありません。

WiMAXの電波「WiMAX2+」は各地域に設置されている基地局から発信されており、通信エリアは各基地局から電波の届く範囲で決まります。

WiMAXには最新の「W06」、「WX05」、「W05」等様々な機種がありますが、どの機種も全く同じ「WiMAX2+」という電波を使うため、繋がるエリアも全く同じです。

また、30社以上あるWiMAXプロバイダは全て同じ品質の同じ商品を取り扱っています。 どこのプロバイダでWiMAXを購入しても繋がるエリアは同じということです。

そのため、WiMAXを契約する時は、できるだけ安く契約できるプロバイダを選ぶことも重要ですよ。

エリア判定結果の捉え方

WiMAXが繋がるエリアをUQWiMAXの公式サイトで確認する方法は2つあります。

  1. サービスエリアマップ
  2. 地域全体のサービスエリアを色別で判断できるマップ。都道府県別に自分の使いたいエリア一帯を検索できる。

  3. ピンポイントエリア判定
  4. 自宅の住所や場所の名前等を検索すると、特定の場所でWiMAXがつながるかどうかを「○、○~△、△、✕」の4段階で判定できる。

どちらの方法も参考になりますが、より詳しく特定の場所の通信環境を調べることができるため、「ピンポイントエリア判定」が特におすすめです。

同じページでau「4GLTE回線」のエリア判定もできますが、これは「ハイスピードプラスエリアモード」のみで使える回線です。

「ハイスピードプラスエリアモード」は、ギガ放題のプランでも月間7GBまでという制限があり、使う機会が少ないため、 最も頻繁に使う「WiMAX2+」のエリアをよく確認するようにしましょう。

「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」はインターネットで簡単にエリアを判定できる便利なサービスですが、残念ながら、判定結果が当てにならないことも多いようです。

では、ピンポイントエリア判定の結果をどのように捉えるべきなのでしょうか?

エリア判定が○の場合

エリア判定が○だった場合、WiMAX2+通信が快適な速度で繋がる可能性が高いです。 すぐに契約をしてもあまり問題はないでしょう。

ただし、WiMAXの電波は、建物などの障害物に影響を受けやすいため、周りの環境次第で繋がりやすさが変わります。 同じ屋内の中でも、繋がりやすい場所に違いがあるのです。

エリア的には問題がなかったとしても、本当に使いたい場所で、快適な速さで使えるかどうかの確証はありません。

もし契約をした後に繋がらないことが判明して、すぐに解約をしてしまうと、違約金で約20,000円も損をしてしまうことも。

心配な方は、WiMAXをお試しで利用できる「Try WiMAX」を申し込むこともできます。

エリア判定が○~△の場合

エリア判定が○~△だった場合は、○のエリアより繋がりにくく、△のエリアよりは繋がりやすい、という微妙な判定です。

WiMAX通信が繋がったとしても、スピードが遅かったり、通信が途切れてしまうような不安定な通信になってしまう可能性があります。

契約をした後に、「やっぱり使えなかった。」と後悔しないために、「Try WiMAX」を試しておくことをおすすめします。

エリア判定が△の場合

エリア判定が△だった場合、使う場所の窓際などの限られた場所でなら繋がる希望もありますが、圏外になる可能性も否めません。

繋がりにくい可能性のほうが高いため、繋がるかどうか不安なまま契約してしまうのは避けましょう。

エリア判定で△が出た方は、無料でWiMAXを試すことができる「Try WiMAX」を必ず申し込み、本当に繋がるかどうかを確かめてから契約してくださいね。

エリア判定が✕の場合

現状、WiMAX2+通信は圏外となってしまうため、WiMAXの契約はおすすめできません。

しかし、ここで諦めるのはまだ早い! 判定が✕だった方には3つの道が残されています。

  1. WiMAXのエリア拡張を待つ
  2. WiMAXのエリア拡張を申請する
  3. WiMAX以外のモバイルWiFiを契約する

  1. WiMAXのエリア拡張を待つ
  2. 先に述べた通り、WiMAXのサービスエリアは日々拡大しており、その都度UQWiMAXの公式サイトで発表されます

    今はエリア判定が✕でも、今後のエリア拡充で繋がるようになる可能性もありますよ。

  3. WiMAXのエリア拡張を申請する
  4. UQWiMAXの公式サイトでは、「エリア改善要望受付フォーム」で、エリア拡大についての要望を受け付けています。

    アンケート形式のフォームに答えて送信するだけで、エリアの拡大要請を出すことができるんです。

    しかし、その要望が受理されるか否か、いつ拡大される予定なのかは一切わかりません。

  5. WiMAX以外のモバイルWiFiを契約する
  6. できるだけ早く、WiMAXのように持ち運び可能なモバイルWiFiが欲しい方は、他のモバイルWiFiを契約することをおすすめします。

特におすすめのモバイルWiFiは「どんなときもWiFi」です。


【2020年8月更新】どんなときもWiFiは、2020年4月3日から新規お申し込みを停止しています。

どんなときもWiFiのおすすめポイント

トリプルキャリアの回線を利用できるクラウドSIM

3日で10GBの制限一切なし!データ容量完全無制限を実現


  • トリプルキャリアの回線を利用できるクラウドSIM
  • WiFiを使う場所に応じて、トリプルキャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の回線の中から最適なものを選び、自動で接続してくれます

    トリプルキャリアのエリアが対応するエリアとなるため、WiMAXの電波が繋がらない場所でも、どんなときもWiFiなら繋がる可能性は高いです。

  • 3日で10GBの制限一切なし!データ容量完全無制限を実現
  • どんなときもWiFiには3日で10GBまで、というような制限が一切ありません。 WiMAXと同じように、ギガを気にすることなく、快適にインターネットを利用することができます。

WiMAXが繋がりにくいエリアでモバイルWiFiを利用したい方は、どんなときもWiFiの契約を検討してみてはいかがでしょうか。

エリア判定後、契約前に必ず試すべきTry WiMAX

Trywimax,wimax,お試し,エリア,判定,プロバイダ

エリア判定が○、○~△、△だった方におすすめなのが、「Try WiMAX」というWiMAXを完全に無料でお試しできるUQコミュニケーションズの公式サービス。

WiMAXのつながりやすさは周りの環境によって大きく変わるため、エリア判定が○であっても、実際に使ってみなければ本当の速度や通信の安定性はわかりません。

また、契約後に繋がらないことが判明し、すぐに解約をしてしまうと、約20,000円程の高額な違約金を取られてしまうのです。

このリスクを回避するために、WiMAXを事前に試して、使えるエリアを検証することが大切です。

Try WiMAXの魅力

Try WiMAXは、通信が繋がるエリアを実際に確認できるだけでなく、他にもたくさんの魅力があります。

Try WiMAXの魅力

完全無料で15日間WiMAXを試せる

エリア判定結果だけではわからない本当の繋がりやすさがわかる

端末を使用する感覚が掴める


  • 完全無料で15日間WiMAXを試せる
  • 登録料、送料(往復)、通信料金、レンタル料金は一切かからず、完全に無料でWiMAXを約15日間お試し利用できます。

  • エリア判定結果だけではわからない本当の繋がりやすさがわかる
  • 実際にWiMAXを使いたい場所で繋げてみることで、エリア判定の曖昧な結果ではわからないスピードの実測値や通信の安定性を確かめる事ができます。

  • 端末を使用する感覚が掴める
  • ルーターの設定や操作方法に慣れ、本物の端末をバックに入れて持ち歩くことで、今後WiMAXを使っていく感覚を掴むことができ、本当にWiMAXが必要かどうかも見極めることができます。


スピードやエリア以外にも、実際の使用感を契約前に無料で確かめられるのは非常に助かりますよね。

尚、WiMAXの機種もiPhoneと同じように、新しい機種ほど性能が向上しているため、お試しする機種は最新の「W06」がおすすめです。

それでは、どのように申し込みができるのか詳しく見ていきましょう。

Try WiMAXの申し込み要件は?

UQWiMAXの公式サイトからWEBで簡単にお申込が可能です。 はじめに、「Try WiMAX」の申し込み要件を確認しましょう。

  • 日本国内在住、20歳以上の方(実際に利用される方も20歳以上であること)
  • ご契約者様名義のクレジットカードをご登録頂ける方(デビットカード利用不可)
  • 過去180日間以内に本のご利用履歴がない方
  • 貸し出し機器の未返却履歴のない方

以上、全ての条件を満たしていることを確認し、お申し込みに進みましょう。

Try WiMAXの申し込みには何が必要?

Try WiMAXのお申込に必要なものはたったの3つ!

  • ご契約されるご本人名義のクレジットカード
  • 連絡先メールアドレス
  • SMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレス
※SMS対応の電話番号、キャリアメールアドレスを持っていない方は、書面でもお申し込みができます。(ご本人様確認書類が必要)

必要なものを全て用意できたら、公式サイトで仮登録、本登録をして申し込むだけ! とっても簡単ですね。

Try WiMAXの3つの注意点

エリア判定だけではなく、確実にWiMAXの繋がりやすさを試すことができる便利なTry WiMAXですが、必ず注意していただきたいポイントが3点あります。

注意点①実際に使えるのは約10日間

公式サイトでは「15日間無料でお試し」と書かれています。 しかし、これは「商品の発送日から返却した商品がUQに到着した日」までの全てを合わせた期間です。

つまり、端末(ルーター)が届いてから返却に出す日までが実際にWiMAXを試すことができる期間となります。 発送、返却に2日間ずつかかると考えれば、WiMAXのお試し期間は約10日間程です。 余裕を持って返却することを心がけましょう。

注意点②期限内の未返却、端末の紛失・破損は違約金が発生

端末を期限内に返却することができなかったり、紛失・破損してしまった場合、違約金が発生してしまいます。

Try WiMAXの違約金は、契約の際にあらかじめクレジットカードに請求され、 期限内に端末を返却し、破損等の問題がなければ、請求はキャンセルされて完全に無料でお試しできるというシステムです。

しかし、もし未返却・紛失・破損をしてしまうと、この違約金が引き落とされる仕組みになっています。

注意点③同封された広告で契約をすると損をしてしまう!

Try WiMAXには「Try WiMAX利用者限定」と謳った、一見魅力的な広告が同封されています。

しかし、この広告で契約をしてしまうと、他のプロバイダと契約するより約30,000円も損をしてしまうかもしれません。

冒頭でもお話した通り、どのプロバイダと契約しても、WiMAXの品質や繋がりやすさは全く同じであるため、より確実に安くWiMAXを契約するためには、プロバイダ選びが重要です。

2019年12月現在、「Broad WiMAX」「GMOとくとくBB」がおすすめのプロバイダとして多くのサイトで紹介されています。 当サイトでは、どちらが最もおすすめのプロバイダなのか、徹底的に比較しました!


補足:プロバイダの初期解約違約金負担キャンペーンは?

GMOとくとくBB等、プロバイダでも契約後20日以内なら違約金が無料になるキャンペーンを行っているところがあります。

しかし、契約月の月額料金や端末を返品する際の送料等の費用は自己負担のため、完全に無料ではありません。

エリア判定の結果を実際にWiMAXを使いながら試したい方は、完全無料の「Try WiMAX」に申し込むことをおすすめします!

Try WiMAXを試してから最適なプロバイダと契約しよう

UQWiMAX公式サイトのエリア判定は、完全に信頼できるものとは言えません。 エリア判定結果に関わらず、少しでも繋がるか不安な方や△の判定が出た方は必ずTry WiMAXを申し込みましょう。

Try WiMAXで、本当に繋がるエリアやスピードを確かめることができたら、確実に安くなる1番おすすめのプロバイダと契約することをおすすめします。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

  1. BroadWiMAX,WiMAX,ランキング,おすすめ,比較,GMOとくとくBB,ポケットWiFi
    今やポケットWiFiの代表とも言える「WiMAX」。格安スマホでも有名なUQコミュニケーションズが提…
  2. 最新モバイルWi-Fi(ワイファイ)キャンペーン比較!おすすめの最安No.1を決定!
    お得なキャンペーンの全てがわかる! おすすめモバイルWi-Fiをご紹介!当ページをご覧…
  3. 楽天モバイル,楽天,unlimit,アンリミット,評判,口コミ,速度,回線
    データ使い放題・通話し放題で月額2,980円!生まれ変わった「楽天モバイル」を徹底解剖…
ど素人でも分解しないでできる!ノートパソコンお掃除の仕方まとめ
PAGE TOP